【やってはいけない】アルコール多飲で低血糖とケトアシドーシスが起き、やせることが可能です

hotel-lambert-pompiers2[1]
(お借りした画像です、本文とは関係ありません)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


糖質制限関連のベストセラー「ケトン体が人類を救う」の
書評がオモシロすぎるので、紹介します。


ケトン体は無実だ!
なぜアシドーシスの犯人に
仕立て上げられたのか?

http://shirousagi.hatenablog.jp/entry/ketonetaigajinruiwosukuu/
41O74YCaTlL._SX303_BO1,204,203,200_[1]


=======================引用はじめ(抜粋)
インスリンが不足してブドウ糖をエネルギーにできない火事の現場で、ケトン体は自らエネルギーとなって、必死に体を助けていました。ケトン体は火事を消そうとしていた消防士だったにもかかわらず、その後もずっと犯人にされてしまったのです。「糖尿病性ケトアシドーシス」とは、本来「インスリン不足高血糖制御不能状態」というべきであって、ケトン体には何も関係ないのです。ですから、「ケト」の字を抜いて、「糖尿病性アシドーシス」と呼ぶべきなのです(これは重要です!)。
インスリンを投与して高血糖を抑えればケトン体は消えますが、これは消防士が引き上げて、正常任務に戻ったのであり、「ケトン体さんご苦労様でした」というべきところです。 
(132ページ)

==========================引用終わり

宗田哲男先生はバ○ですね~
宗田先生の尿にはケトン体がバンバン出ているはずですよね?

ケトン体を消防士に例えていますが、
消防士が出動しなければならないということ自体が、
あってはいけない事です。

消防士(の出動)はゼロがベストなんです。
「ありがとう」なんてのんきなことを言ってるヒマがあったら、
どうしたら消防士の出動がゼロに出来るか、考えるべきです。

もちろん有能な消防士がいることは、大事ですよ、
でも火事が多くて街中に防火服を着た消防士がうろうろしている
(血液中や、尿中にケトン体がたくさん出ている?)
そんな状態は完全に病んでいる、と本人自ら認めていることになります。
(火事がないのに町中が消防士だらけだったらもっと変!!)



この書評を書いているブロガーはもっとバ○です。
=====================引用はじめ(抜粋)
酸性のケトン体がアシドーシスの原因だというのは、包丁を持っている人が事件現場を通りかかっただけで犯人にされるのと同じです。
==========================引用終わり

あのねー、
包丁を持って町中をうろうろしているだけで、
銃刀法違反になるんですよ!!

06624ea2[1]
(お借りした画像です。本文とは関係ありません)

事件現場であろうが、ショッピングセンターであろうが、コーバンであろうが、
用もないのに包丁を持っているだけで、下手するとニュースネタにさえなります。

書評ブロガーまでもがお笑いのネタみたいな文章に
コロッと高評価をしてしまうのが、信じられません。



アマゾンのレビューもおかしいです。
高評価の書評のからの引用です。

======================引用はじめ(抜粋)
5つ星のうち 5.0
医療利権が人類を滅ぼす
投稿者 Amabo トップ500レビュアー 投稿日 2016/1/29
形式: 新書
著者が産科医であるため、妊娠糖尿病についてかなりのページが
割かれています。しかし糖質制限については、他の関連本を
多数紹介しながら書かれているため、まだ他の本を読んでいない方、
糖質制限初心者の方には「糖質制限の集大成本」として
読んでも良いかと思います。

(中略)

結論から言えば、糖質制限によってケトン体が
増えることを危険視する必要は全くないということです。

それどころか、逆にケトン体は脳機能の向上、認知症、ガン予防などに
プラスの効果がある可能性が高く、妊婦の安全な出産にもつながる
極めて良質のエネルギーであると結論づけています。

ただ、この本の最大の功績は“糖質制限が流行ると困る人達”の存在を
明るみにしたことでしょう。
==============================引用終わり

宗田先生は、胎児にケトン体が多という世界的大発見をされたのだそうですが、
(中絶された絨毛(じゅうもう)にケトン体が多いということが、
胎児がケトン代謝をしているという証明になるのかどうか私にはわかりませんが・・・)
これからむくむくと太らなければならない赤ちゃんと
太ってはいけない”成人病”である糖尿病や糖質制限食がどう結びつくのでしょうか?

しかし糖質制限については、他の関連本を
多数紹介しながら書かれているため

なぜ、世界的大発見をした偉い先生が、
もう終焉を迎えている糖質制限食の本を
いまさら紹介しなければならないのでしょうか。

この本の最大の功績は“糖質制限が流行ると困る人達”の存在を
明るみにしたことでしょう。

そんなバカな!!




★4つの書評からです
===========================引用はじめ(抜粋)
4.0
脱線がとにかく多い!
投稿者あさやん2016年1月21日

形式: Kindle版Amazonで購入
総じて、脱線が多いです。本文中にも、ここは読まずに飛ばしてもいいなんて何回か書かれてますしw
糖質制限を推進してきて、反発されたりしたことを暴露して、糖質制限を反対した人を実名を出して批判している、著者のストレス解消本の様にも思えます。
本当に伝えたい事はおそらく数ページで終わるのでしょうが、著者の愚痴などもたくさん書かれており、気持ちは伝わります。
(後略)
============================引用終わり

本当に伝えたい事はおそらく数ページで終わるのでしょうが、著者の愚痴などもたくさん書かれており、気持ちは伝わります。
これに至っては、はぁ?という感じです。
胎児がケトン代謝をしているという世界的大発見が、
数ページで終わるものでしょうかね。

糖質制限を推進してきて、反発されたりしたことを暴露して、糖質制限を反対した人を実名を出して批判している、著者のストレス解消本の様にも思えます。
著者のストレス解消本に★4つ付ける書評、というのも初めて見ました。

BjMUzK4CEAEQDBJ[1]
(お借りした画像です。本文とは関係ありません)

私は人を見た目で判断するのはよくないと思いますが・・・
でもダイエット関連では、どうしようもないですね。

1日1食で、お酒ばかり飲んでいればそりゃあ痩せますよ。
血糖値も下がるしケトン体も出ます。
こんなことはしろうとでも想像がつきます。

アルコール多飲で低血糖と
ケトアシドーシスが起こる機序

http://www.jmedj.co.jp/article/detail.php?article_id=17767
==========================引用はじめ
北里大学病院救命救急センター講師 中谷研斗
北里大学病院救命救急センター特任教授 上條吉人

【Q】55歳,男性。アルコール依存症だが,ここ数日はお金がなく,アルコールは摂れず,食事も1日1食程度であった。突然の意識障害で来院。pH 7. 246。血糖18mg/dL。乳酸80. 0mg/dL。アルコールによるケトアシドーシスと考えたが,いかがか。
アルコール多飲で低血糖とケトアシドーシスが起こる機序を。

【A】アルコール性ケトアシドーシス(alcoholic ketoacidosis;AKA)を疑うべき状態だが,情報が不足しているためそれ以上の言及は困難。AKAの診断で重要なのは除外診断である

AKAはアルコール依存症患者に生じる酸塩基平衡異常症である。以下に,その機序と診断に関して説明する。

AKA の発症機序(図1)1)2)

まず,典型的なAKAの経過を示す。発症の背景には,アルコール依存に伴う長期的な食事摂取不足による飢餓状態と,飲酒に伴う嘔吐・下痢や水分摂取不足,アルコール摂取に伴う抗利尿ホルモンの分泌抑制による脱水状態が存在する。大量飲酒後の消化器症状により飲酒もできなくなると,アニオンギャップ開大性の代謝性アシドーシスを生じてAKAを発症する。
エタノールは肝臓においてアセトアルデヒドを経て酢酸に酸化され,最終的にはアセチル–CoAとなるが,その過程で肝ミトコンドリアのNAD(nicotinamide adenine dinucleotide)はNADHに還元される。長期的なアルコール摂取により肝ミトコンドリアにNADHが蓄積するため,NADH/NAD比が高まる。NADH/NAD比が上昇することで,糖新生やTCA回路が抑制される。このエタノール代謝過程で肝グリコーゲンが消費されるため,肝グリコーゲン貯蔵量が減少する。
さらに,慢性的な飲酒に伴う摂食不足や嘔吐・下痢,飲水不足などにより,脱水・飢餓状態に陥る。循環血液量の喪失は交感神経系の賦活化をもたらし,インスリン分泌低下,抗ストレスホルモン分泌を促す。
また,飢餓状態は肝グリコーゲン貯蔵量の減少につながる。これにNADH/NAD比の上昇による糖新生の抑制も合わさり,血糖値を低下させることでさらにインスリン分泌低下,抗ストレスホルモン分泌を促進する。これらホルモン分泌異常や糖質不足は遊離脂肪酸の合成とβ酸化を亢進させる。
============================引用終わり


それと、赤ちゃんの低血糖は怖いですよ。
低血糖症の原因
http://www.s-kubota.net/kanri/index_3_2.htm
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2016/03/02 (Wed) 10:02
  • #
No title

非公開の方、

情報ありがとうございます。

なんせFBは不得手で、参加もしていないものですから・・・

内部ではいろいろあるんですね。

品○という人はあの、ナンチャラアドバイザーの人なんですね。
HPはきれいにできていて
いかにも宗教っぽいけれど、
信じ込んでしまう人、利用する人される人が多そうです。



  • 2016/03/02 (Wed) 12:37
  • フォーミディブル #Ptq.3me.
  • URL

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する