FC2ブログ

ケトン体では痩せられない・・・私がたがしゅうブログを訪問するのをやめたわけ

wYni7sDJp7n5tu7_20904[1]
(糖質制限食をやっている糖尿病のおじいさんたちの記事を書いていたら、
そんな感じのお一人、桐山秀樹さんが亡くなりました。 う~ん、コワイ。)


それにしても、toshitsubakaさん、王城恋田さん、minorinkoさん
ランキングがすごいことになっているじゃありませんか。(*゚Q゚*)


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


糖質制限食の先生たちは、ケトン代謝がメインエンジンだと言っています
ケトン代謝に切り替えれば
簡単に痩せることができるし、糖尿病も治ると言っています。

そのありがたいケトン代謝に切り替え、
効果を出す方法とはいったいどんなものでしょうか。。


江部さんのブログに時々登場している
たがしゅうさんという医者のブログからです。

(実は、たがしゅうさんは同じFC2ブログで、
当ブログを訪問してくれていましたが、
やっぱり意見の違いがはっきりしたのでお互いに訪問しなくなったのです
そのころのたがしゅうさんの記事、2014年のものからです。)


ます、プロフィールから見ていただくと、2016年現在も
10カ月で30キロも減量したと書いてあります。
誰もがすごいじゃないかと驚かれると思いますが…
========================引用はじめ
プロフィール
Author:たがしゅう
神経内科医です。
糖質制限で10か月で30㎏の減量に成功しました。
糖質制限を通じて世界の見え方が変わりました。
今「自分で考える力」が強く求められています。
私にできることを少しずつでも進めていきたいと思います。
===========================引用終わり

134キロが99キロになったが、
何年も下げ止まっているという事実・・・
私はこちらのほうに驚いてしまいました。↓↓

===========================引用はじめ
http://tagashuu.blog.fc2.com/blog-entry-355.html

断食道場入り

断食道場に到着しました。
本日より1週間この施設に滞在します。

今回はいつもと趣向を変えて、この施設で私が感じた事を、
準リアルタイムにありのまま綴っていこうと思います。

さて、私は糖質制限歴2年9ヶ月目になる神経内科医です。
糖質制限開始時に134kgあった体重は、糖質制限を続けることによって今は99kgまで減少しています。
しかしながら、実際にその体重に達したのは開始から10ヶ月程の時期であり、
その後2年間は体重が減らずに現在に至っているということになります。

私の身体は脂肪を燃やしケトン体エネルギーを主体として動いているはずですが
現実として私の体重は99kgより下には減っていないのです。
それが自分の適正体重なのかと考えた時期もありましたが、
お腹周りにまだつまめる皮下脂肪があったり、人生で一番やせていた高校3年生の頃の89kgの時代があった事を踏まえると、
99kgが適正体重とはどうしても思えないのです。

一方で、糖質制限食以上にケトン体を産生させる手段が(古典的)ケトン食になりますが、
これは正直言って、私が実践するにはなかなかハードルが高いです。
ほとんど脂質のみの食材というと生クリーム、マヨネーズとか限られた食事しかありませんし、
普段大した料理をしない自分にとっては細かい栄養計算などは到底できません。

しかし、そんな私でも実践可能なのが断食です。
もともとケトン食は疑似絶食療法というところからスタートしており、
絶食こそがケトン体を上昇させる最強の方法と言えるでしょう。

食べないわけなので、備蓄されている脂質を燃焼させてエネルギーに代えるわけですからある意味当然の話ではあります。
そしてケトン食の研究からわかっていますが、ケトン食の効果はやめた後も持続するという事がわかっています。
しかしいつまでも持続するかといったら、そうではないと思います。

断食もおそらくそうで、正しい断食をすれば効果は残るけれども、
間違った断食をしてしまうと折角の効果が台無しになってしまうのではないかと思うのです。
その最大の鍵となるのが回復食だと思います。

これまで2-3日レベルの断食を自己流で17回程行ってきましたが、
糖質制限食によって空腹感をコントロールできるようになった今、食事を抜くことは比較的軽い努力で可能なのですが、
断食が終わった後に一口食べた後に襲ってくる強烈なまでの食欲、これに負けてしまうのです。
そして私の場合、その日のうちに下痢してしまいます。無理な食べ方をしてしまったという事を身体が教えてくれているように思います。

断食によってリセットされた身体を徐々に戻していく過程、これが断食において最も大事な過程であり、
この時期をうまく過ごすことによって、断食の効果がしばらく維持できるのではないかと私は考えています。
ただ、それとてずっと続くわけではないでしょうから、
結局断食の恩恵を永続的に受けるためには間欠的に断食を行うより他にはないと考えるわけですが、

この度一度成功体験を得ておけば、以後は同様の回復過程を自力で頑張れるようになるかもしれません。
そうなれるのが一番の理想ですが、仮説は仮説。やってみないことにはわかりません。
さぁ、ともかく私のこの夏一番の人体実験の始まりです。
気合入れて頑張ります!

たがしゅう

2014-08-03
====================引用終わり(スペースは管理人)

引用した記事には大切な情報がたくさん書かれていますね。

糖質制限食で、たしかに134キロから99キロまでに減量されました。

しかしその方法が糖質制限食、または断食ですから、
まずは水分が抜け、それから筋肉が減っている
(つまり皮下脂肪はほとんど減っていない)と考えるのは普通だと思います。
ですから99キロまでになった後は、何年もの間少しも減量できていない
と推測されます。

これじゃあ、糖質制限食はやっても意味ないですよね。

まあ、私がたがしゅうさんの立場なら、
この辺で気が付いて他の方法に変えると思います。
(このレベルの肥満になると、
本格的なトレーニングを取り入れなければいけないのではないかと、
思うはずではないでしょうか。ましてや医者です。
食事法だけでは、何ともならないとなぜ気が付かないのでしょう。)


それからケトン食をする・・・つまりケトンの恩恵を受け続けるには、
>ほとんど脂質のみの食材というと生クリーム、マヨネーズとか
これは事実だと思います。
それと>断食道場です。
(あれ?糖質制限食はに断食道場はルール違反ではありませんか?
断食道場はカロリー制限と糖質摂取ですよね?)

しかし
おきてやぶりの、断食を取り入れてさえ、痩せないのです。
(この記事の断食道場の後には4キロほど減っているようですが、
その後のリバウンドがあったかなかったかはわかりません
プロフの数字が変わっていないからやせてないのでしょう。)


m_E5BDA6E691A9E59182E381AEE69894E381A8E78FBEE59CA8E381AEE794BBE5838F-7b5d4[1]
(去年はこの人も話題になりました。本文とは関係ありません)



しつこいようですが、
こういう人たちは水分や筋肉が減ってしまっているはずです。
筋肉が減ると痩せにくくなります。
膵臓や肝臓もボロボロでしょう。

たがしゅうさんは2014年8月の時点でもう糖質制限食の失敗が確実なのに、
2016年の今になっても、まだこの人は頭が切り換えられていないようです。
まだ江部ブログで断食だ絶食療法だと言っているわけです。


江部さんのブログからです。
=========================引用はじめ
2016年02月12日 (金)

【16/02/06 たがしゅう

さらなる糖質制限の発展へ

江部先生

記事にまでして頂き有難うございます。

糖質制限と出会ったおかげで、私は糖質制限と断食(絶食療法)がケトン体の有効利用という点で一本の線でつながるという事を理解する事ができました。

今回紹介した論文のように、たとえ糖質制限に関して直接の言及がなくとも、 絶食療法に関する論文をみても糖質制限への理解を深める事ができます。

また糖質制限の臨床効果を実感を持って知っているからこそ、こうした論文の考察を興味深く読む事ができます。
あるいは、糖質の中毒性について学ぼうと思えば、禁煙関係の論文を読むと理解が深まります。

なぜならば糖質もタバコに含まれるニコチンも、脳の側坐核を中心とした報酬経路をドーパミンという神経伝達物質を介して刺激するという共通点があるからです。

たとえば、禁煙継続の鍵は1年以上継続できるかどうかであるという事を疫学的に実証した研究がありますが(Garcia-Rodriguez O, et al. Probability and predictors of relapse to smoking: results of the National Epidemiologic Survey on Alcohol and Related Conditions (NESARC). Drug Alcohol Depend. 2013 Oct 1;132(3):479-85. PMID: 23570817)、

この事は理論的な理解なくして高糖質食から糖質制限食へ移行する事の難しさを示唆していると思います。

糖質の中毒性に関して研究された論文は見かけませんが、喫煙の中毒性に関して研究された論文は他にも数多くあります。
そこから学べることは多いです。

そういう意味では、糖質制限がいろいろな分野の話との架け橋となり、既存の医学的事実を見直す大きなきっかけを与えてくれていると思います。
私も糖質制限を知らなければ、おそらく絶食療法の論文や禁煙関係の論文など読もうとすら思わなかったことでしょう。

糖質制限がよいという結論は、多くの実践者が知るところでしょうけれど、 その理論的な裏付けが高まれば高まるほど、実践者にとってさらなる安心を与え、 また一人の人間ができる事には限りがありますが、各分野の専門家がそれぞれの分野の視点からの考察を加えれば、 今までには全くなかった別の視点が見えてくるようになり、さらなる糖質制限の発展へとつながるに違いありません。
そのためにも理論的な裏付けが増える事は大事ですね。

今後も先生のブログで勉強させて頂きながら、 私自身の視点からも引き続き考察を続けていきたいと思います。
今後とも何卒宜しくお願い申し上げます。】


===============================引用終わり

たがしゅうさんはどうしても絶食療法から頭が切り換えられないようです。
それと同時に、糖質を摂る人たちを、
ニコチン中毒と一緒にしたいようです。
糖質を摂る人たちによほど恨みでもあるのでしょうか。

こんな記事もあります。
糖質ゼロが不味い人
http://tagashuu.blog.fc2.com/blog-entry-387.html
早い話が、
人工甘味料がおいしく感じる人は正常で、
砂糖をおいしく感じる人は、糖質依存だと言うのです。
私はいつも、人工甘味料はまずいと公言していますので、
私みたいな人は糖質依存症なんでしょう。


しかし言わせてもらいます!!
どんなにきれいごとを並べても、難しい専門用語を並べても、
体重のコントロールができていなければ、説得力がゼロなんです!!


f9d8268dc31b604b91bf1a8e3ca7838a1c20d6b7.53.2.9.2[1]
(糖尿病のおじいさんたちはケトンまみれ
宗田先生によればケトン人間?!
ケトン代謝だけで飽き足らず、お酒≒ケトン体を飲む)

626[1]
(ケトン体はアセトンです。
こんなものを体の中でじゃんじゃん作り出し、
お酒としてじゃんじゃん飲む
心臓発作を起こさないほうが不思議です)



糖質制限食推進派の人たちは、
桐山秀樹さんの死因は糖質制限食じゃないとさかんに言い訳していますが、

他の方法がないわけじゃないです。
糖質にもケトン体にも依存しない方法があるはずです。

私が肥満や糖尿病になってしまったら、
水野スペシャルを飲んで断食道場へ行くより
プレバイオティクスダイエットでカロリー制限をして、
ジムへ行く方を選びます。
なんかそのほうがかっこいい!!

そして今は筋肉を減らさないように、
プレバイオティクスダイエットでバランスよく食べて、
細々とママチャリをこいで,
細々と腹筋とかをやっていきたいと思います。

スポンサーサイト



コメント

ホントにえらいことになってます!

フォーミディブルさん

フォーミディブルさん や toshitsubakaさんに
取り上げられていただいてから
ワタシのブログのアクセス数が大変なことになってます!(>_<)
やっぱり・・・それだけ糖質制限をやってきた人たちの中に
??????がたくさん出てきているということなのでしょうね。

ワタシは、取り立てて知識があるわけでないのに
完全なキャパオーバーですが
素人は素人なりに今まで通り
ボチボチやるしかないと思っているところです。



No title

糖質制限だろうが糖質中心の食事だろうがメリットデメリット当然あるわけで、残念なのは自分の信じた道を信じて疑わない方々です。
日本人って普段思ったことを言わないくせにネットなどでは攻撃的、感情的になる方が多々おられます。

自分の言ってることは7割正しいくらいに思っていれば、糖質制限に不利なトピックがでても素直に受け入れられるでしょうし、糖質制限全否定の方も必要以上に糖質制限を実践している方々に攻撃的になることもないでしょう。

今のところ断言できることは、この食事法さえやっていれば完璧という方法は存在しないということです。
もちろんフォーミディブルさんの食事法は今のところ一番先を言ってる気がします。

ただフォーミディブルさんはじめここに集う皆様は本当に勉強熱心なのでどんどんブラッシュアップされていくものと思います。


これからもブログや皆様のコメント楽しみにしております。

No title

minorinkoさん、

>それだけ糖質制限をやってきた人たちの中に
??????がたくさん出てきているということなのでしょうね。

たぶんそうだと思います。

私も取り立てて知識があるわけではありませんが、
誰だって糖尿病や肥満になる可能性があるわけですから、
知識がないなりに、真剣に考えるを得ません。


>素人は素人なりに今まで通り
ボチボチやるしかないと思っているところです。

ホントですね~。

No title

ごろぞうさん、

>自分の言ってることは7割正しいくらいに思っていれば、糖質制限に不利なトピックがでても素直に受け入れられるでしょうし、糖質制限全否定の方も必要以上に糖質制限を実践している方々に攻撃的になることもないでしょう。

私も皮肉っぽくなったりしてお恥ずかしいのですが、
賛成も反対も、情報を教えてもらったことはありがたいと思うようにしたいです。

上のレスにも書きましたが、
誰でも糖尿病や肥満になる可能性はあります。
あの亡くなられた方だって、ざまみろとは思いません。
私の父は糖尿で透析をしていましたから、
苦しむ人が少なくなれば良いという思いは、
否定派も肯定派も同じはずです。



それと
私の食事法は、一番先ではなく、古いのだと思います。
食品成分表に書いてあることを参考にしています。
女子栄養大学の食品成分表のメニュー例などから
かけ離れないようにしているつもりです。
あと、山田悟さんのロカボとかも参考にさせてもらってます。

No title

たがしゅう先生がそんな事になっているとは知りませんでした。
これは大問題ですね。
これでは自信を持って人に勧められません。
上手くいかない所は大々的情報公開すべきです。

それから味覚音痴なのは糖質制限しようが、しまいが関係ないみたいですね。
私は糖質制限をしたことありますが、人工甘味料は昔から今の一度も美味しいと思った事はないです。糖質制限してる人でもそう言うと思います。
先生がミスリードするのはよくないですね。
あまりに妄信的になりすぎ冷静な感覚が麻痺してるようですね。

小西氏もこういう事よくいいますね。
少し前までは牛乳がほのかに甘くて美味しいと言ってたのが、急に牛乳のあの甘さは気持ち悪いとか言い出す始末です。
今は唾液スープが美味しくてたまらないそうですが。
自分の感覚がずば抜けて鋭いと勘違いしてる人にしか見えないです。
他に温泉に入ると放射線被曝するとか、東北の魚も被曝するから絶対食べないとか、これちゃんと計測してるのですけど。
ここまでくると本当に困ったものです。

どうやら指導者はすぐに自己過信的になる癖があるようです。
最先端の食事療法を自分が編み出したという驕りでしょうか。
一度冷静に周りを見たらどうなのかと思います。




No title

ヒバナマタキチさん、

たがしゅうさん、そうなんですよ。
もっともらしく客観的に書いているように見えますが、
かなり思い込みが激しいというか、理論が強引なんですね。

人工甘味料の味は、糖質制限食をやっている人でもおいしくないという人はいますね。
年がばれますが、私も小さいころから、サッカリン?
まずいなと思っていました。
おいしいスイーツなんか食べられなかった時代でもです。
感覚の鋭い子供は、おいしくないと言いますね。


小西さんは、どうしようもないですね。
私はこういう人とは一緒に食事ができないと思います。
自分中心で相手のこととか何も考えてませんね。

>どうやら指導者はすぐに自己過信的になる癖があるようです。
どうしてそろいもそろってこうなるのか、不思議です。

No title

ご無沙汰しています。
その間にあらら、、、、いろいろ大変なことが。

私は糖質を控える食によって命を救われた1人なので
心から感謝していますし、これからも継続してゆきますが、
上手く行かなかった・・・という方の普段の食事内容をブログ等で拝見すると
食事というより、低糖質のパンやらお菓子やら麺やらがやたら目立ちますね。
ずっと小麦粉で出来た食べ物への執着が取れずにいるのです。そしてその代用が大豆粉やおからなどの豆製品。糖質は少なくとも、体にはよくないですよね。別の問題が起きるでしょう。小麦製品が食べたいというのは自分の意志ではどうにも出来ないことなので、どのようなダイエット方法を選んでも難しいでしょう。

エリスリトールや人工甘味料を使ってでも
甘いモノが食べたいというのが(理解出来ますが)失敗する原因でもあるのです。もちろんフォーミディブルさんがおっしゃっているようにアルコールも問題ですね。

私は低糖質食といっても牛乳や乳製品はしっかり取りますし、
(乳糖の影響をほとんど感じていません)
何よりも栄養を第一に食事を作っています。もうすぐで2年になりますが、
驚くほど体調はよくなり、肌も変わりました。
体重は1Kgも変化ありませんが、減量目的ではないので
むしろ痩せなくて嬉しいです。
低糖質食でストレスを感じたことがないのです。
むしろ体を作る食材を食べているので、精神面での改善が大きいです。
サプリメントは一切取っていません。

糖質制限をしていても寿命がくれば人は死にますし、死ぬ直前まで
どのように生きていたかの方が大事だと思います。

小西氏は今でも懲りないですね。
臨床、臨床と言いながら、本当に患者さんを診ているのかしら?
何故?ああなれるのか不思議です。

No title

フォミさん、こんにちは。

江部先生やたがしゅう先生のように社会的に肩書きがある医者がケトン体の理論を最もらしく展開すると情弱な方は信用してしまいますね。
特に最近の江部先生のブログはやたらオリーブオイルや低糖質チョコやら宣伝して完全に糖質制限をご商売している感が否めないでいました。
江部先生は桐山秀樹氏の亡くなった記事が出た2月15日前日の14日に「過去の高血糖期間の消えない借金(高血糖の記憶)と心筋梗塞」と言う記事を書いておられるんです。
桐山氏が亡くなったのは6日と言うことですから奥様か誰かから公表される前に
聞いてご自身のブログで伏線を敷いてたのではないかと勘ぐってしまいますね。
江部先生と桐山氏は出版関係でも糖質制限ビジネス仲間でしたし桐山氏の死亡
のニュースが出れば世間は「糖質制限ダイエットやっぱり危ないかな」となりますから、お立場上、仕様がなかったのかもしれませんけど。

やっぱり私もフォミさんと同じようにケトン体理論に縛られた糖質制限による極端な断食やダイエットよりほどほどの量のローカボ食が今は一番合ってると感じてます。




No title

すみれさん、

貴重なご意見をありがとうございます。

飲食物への依存性というのは、たしかにあります。
というより、思ったより多いという印象です。
摂食障害、アルコール依存は、難しい課題だと思います。

私自身は小麦やアルコールへの依存はないようですが、
両親はお米への依存があったのではないかと疑っていますし、
大切な友人は50歳を過ぎて食べ物が食べられなくなり、
まだ若いのに今は要介護ですごく苦しんでいます。

摂食障害を食事法で治すにはどうしたらいいか、
そのヒントが回転式の小西さんにあるのではないかと、
回転式を読みあさり、自分でもやってみましたが、
回転式は使えないと、今のところ結論しています。

私はもともと、ACなどの心理面から依存症というものを理解した者なので、
心理面からのアプローチが絶対必要だと思っています。

依存食物を抜くという発想だけでは、苦しむかと・・・


>小麦製品が食べたいというのは自分の意志ではどうにも出来ないことなので、どのようなダイエット方法を選んでも難しいでしょう。

その通りだと思います。

>むしろ体を作る食材を食べているので、精神面での改善が大きいです。

これも大切ですね。

特に乳製品で摂れる、乳糖、カルシウム、脂質、たんぱく質
肉を怖がらずに食べることも大切だと思います。

糖質の量に関しては、私としては
今のところプチ糖質制限食、ロカボ程度には必要だと思っています。

>低糖質食、
と言っていいかもしれません。

No title

ふるたかさん、

>オリーブオイルや低糖質チョコやら宣伝して完全に糖質制限をご商売している感が否めないでいました

これは私も同感です。
最近読みたいと思う記事が少ないような(笑)


>江部先生は桐山秀樹氏の亡くなった記事が出た2月15日前日の14日に「過去の高血糖期間の消えない借金(高血糖の記憶)と心筋梗塞」と言う記事を書いておられるんです。桐山氏が亡くなったのは6日と言うことですから・・・

そしてこれです!!
あまりにもタイミングが良く、唐突にどうしてこういう記事を書いたのか、
私もいぶかしく思っていました。

桐山さんが亡くなった後に書かれていたんですね。

う~ん相手は一枚上だったか? やられました。


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

小西さんが200グラムどころか1ポンドのバターを食べることを進めていましたが、今考えるとかなり危険なことですね。
おそろしいです。

No title

小西教祖は、掲示板で「いま、ゆっくり咀嚼する日々の中で、食事法にまつわる様々な批判や流行や議論がまるで他人事のよう思います。周りは嵐が吹き荒れていても、自分の中心は春の穏やかな日々。他人がどのような食事法をしていても気にならない伝々」だって。100噛みで悟りの境地に至ったようでおめでとうございます。でもなんて無責任な自己中と感じます。

No title

非公開の方、

クリープを試してみえるんですね。

私も牛乳をたくさん飲み始めたら、ガスが出たり、
下痢したこともありましたが、今は安定しています。
毎朝200mlぐらい飲んでいますかね。
ほぼ毎日良いお通じがあります。

大豆については、おっしゃる通りです。、
お腹が張る人が多いようですので気を付けてください。
ホルモンは自分で作ることが大事です。
それが一番安全です。
やっぱり栄養をバランスよく摂ることですよね。

摂食障がいについて相談に乗ってくれるところは、
なかなか無いのが現実だと思います。

私の友達もグループは嫌だと言っていました。
本も読めない、ネットもできないと言っていました。
病院ならなんとか行けるのですが、薬を飲まされてしまうので困っていました。
なんとかいい方法はないかと、思案しているところです。


No title

◯◯ヲチャさん、

そうですよね。

私は、それで糖質依存が治るのなら、摂食障がいの人に朗報になるのではと、
淡い期待を抱いていたのですが、
ケトン代謝が成功した人を見たことがありません。
人に勧めるのは無責任ですね。

No title

名乗れない人さん、

>他人がどのような食事法をしていても気にならない伝々

だったら最初から黙ってろよ!!って言いたいですね。

100回噛みなんてやっていたら、
会食もできない、
サラリーマンも務まらない、
近所づきあいもできない、
まるで大人の引きこもりの言い訳のようです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

非公開の方、

よくわかっていらっしゃるので、心配いらないですね。

ただひとつだけ、
牛乳を飲むコツは、私の場合はですが、
朝起きたら、すぐに400mlぐらい飲んでました。
それからできるだけ時間をおいて朝食を食べ、
また少し時間をおいて、ころあいをみて、トイレに行きます。
フルタイムでお勤めの方だと、時間に工夫がいるかもしれません。

私の場合は昼間や寝る前にいくら飲んでも、トイレに行きたくはなりません。
かえって昼間に飲むと、のみすぎてしまい・・・(笑)
やっぱり飲みすぎると、他の食べ物がおろそかになるので
慣れるまでは朝一番にまとめて飲むようにしていました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

上の方、

スキムミルクも良いかもしれませんね。
朝飲むのをぜひやってみてくださいね。

1日1食は、女性ではやっている人は少ないと思いますので、
今のところ食事回数は減らさないほうが良いと思います。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
非公開コメント

プロフィール

フォーミディブル

Author:フォーミディブル
ふたりの息子を、ホームスクーラーで育ててきました。
母子手帳も捨てました。
2020年からは、大きな変革がやってきます。
社会のウソはあばかれ、
ホームスクーラー有利の時代になりました。
ワクワクの時代に乗り遅れないように
情報を分析し自分の頭で考えていきましょう。

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

Powered By FC2ブログ