スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近のニュースから・・・「病院こわい」「薬こわい」

やっぱり処方薬を使用していた可能性が高いようですね

私が調べたところでは、
このような不可解な事故や事件の当事者は、
病院に通って、処方された薬を飲んでいた
(あるいは飲んでいたがやめた)例が多かったです。

この大阪の梅田の車暴走事故では、
当初、持病はなかったと言われていました。
スポーツマンであったとのうわさもありました。
認知症になるような年齢でもありません。
私は珍しい事故だと思いました。

ところがやっぱり医療機関にかかっていたんです。
私は、このような重大な事故を起こした人が、
どのような薬を処方されていたのか、
公表してもらいたいと思います。



梅田・車暴走事故1週間 運転男性、約1カ月前から複数の医療機関を受診…心疾患で路肩に停車か

産経新聞 2016.3.3 08:21

evt16030308210003-p1[1]

======================引用はじめ(抜粋)
 大阪・梅田の繁華街で乗用車が暴走し歩行者10人が死傷した事故で、車を運転して死亡した奈良市のビル管理会社経営、大橋篤さん(51)が、事故前に複数の医療機関を受診していたことが2日、捜査関係者への取材で分かった。また、事故直前に大橋さんの携帯電話で通話した形跡がないことも判明。大阪府警は、大橋さんが体調の異変を感じて停車した前後に心疾患を発症し、車を暴走させたとみている。

 捜査関係者によると、大橋さんの健康保険証の使用履歴などを調べたところ、事故の約1カ月前から直前までに複数の医療機関を受診していた形跡があった。大橋さんが通っていた奈良市内のクリニックは「大橋さんには高血圧の症状があり、定期的に検査に来ていた」としており、府警は受診歴のある医療機関に受診時期や受診内容、投薬状況などを照会し、事故直前の健康状態を調べている。

 また、事故直前に大橋さんが携帯電話で通話した記録は残っておらず、府警は大橋さんが事故の直前に現場の西約100メートルの路肩で停車したのは、携帯電話の着信などでなく、その時点で体調が急激に悪化したためとみている。

(以下略)

============================引用終わり


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




=========================引用はじめ

【野球】清原容疑者不安な禁断症状 専門家の指摘で24時間監視下に

引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1455659127/

1: 2016/02/17(水) 06:45:27.16 ID:CAP_USER*.net
【薬物 逮捕でアウト!番長の転落と闇(11)】

元プロ野球選手の清原和博容疑者(48)が逮捕されて2週間になる覚醒剤事件が、新たな局面を迎えた。逮捕2日前に覚醒剤を譲り渡した容疑で群馬県の無職小林和之容疑者(44)が15日、警視庁に逮捕された。“群馬ルート”など入手経路の解明が進められる一方、浮かび上がったのが清原容疑者のジャンキー(中毒者)ぶり。

増えていく使用量に逮捕前、「余命半年」と周囲から警告されたという。心配されるのは勾留中の禁断症状。肉体的なダメージより精神的な反動が危惧され、衝動的に自殺を図る可能性もあるという。

「このままだと余命半年だ。どうすればいいのだろうか」

昨年末、清原容疑者の周辺者はそう漏らしていたという。薬物の過剰摂取で「余命半年」と心配されたのは、映画「ホーム・アローン」で知られる元人気子役のマコーレー・カルキン(35)以来か。マコーレー自身は否定していたが、重度のヘロイン中毒と言われた。

清原容疑者も負けず劣らずのジャンキーぶりだ。覚醒剤5グラムを入手し、この1か月で使い切ったと一部で報じられた。通常は1回の使用量が0・03~0・04グラム程度とされる。5グラムなら約150回分に相当し、一人で全部使ったとしたら相当な摂取量になる。過去に2度、急性中毒で病院に救急搬送されたという報道もあった。

シャブ歴は、現役時代を含め15年以上とみられる。最初は遊びのつもりでも、気付けば抜け出せないほどハマってしまうのが覚醒剤の恐ろしいところ。体はむしばまれ、脳には深刻なダメージを残す。2日の電撃逮捕から2週間。現在勾留されている同容疑者は“シャブ断ち”を強いられており、禁断症状も心配される。

薬物依存に詳しいヒガノクリニック院長の日向野春総氏(74)は1か月の使用量5グラムに着目し、次のように語る。

「彼は小心者。この手のタイプは1回にドカンと消費する量派ではなく、不安になるたびに使う回数派だ。だから入手量が多い。それもアブりでの使用がほとんど。注射だと血管にダマができ、腕はみるみるやせ細るが、逮捕時の彼を見たら体格は健在だった。覚醒剤は酒と一緒で、1回の使用量が多ければ多いほど体への負担は大きく、禁断症状もひどい。心臓や肝臓、血管はボロボロになり、満腹中枢を刺激するので食欲がなくなり激ヤセする。回数派は1回が少量なので、量派と総量は同じでも肉体的なダメージは軽い」

むしろ、日向野氏が心配するのは精神的な反動だ。

「報道を見る限り、相当なうつ状態に陥っている。これはクスリが切れた時の症状。しかも彼の場合は母親が病気で、家族にも見放され、周囲の期待も裏切り、そのうち『死んだ方がいいんじゃないか』と考えるようになる。事実、警察側は自殺を想定してモニターで24時間監視するなど、ピリピリしていると聞く。万が一、死なれたら大問題になる」(同)

日向野氏の体験談によれば、はいているパンツで首をつった者や、コンクリートの壁に何度も頭を打ちつけて死んだ者、なかには自らの手で自分の首を絞めて亡くなった中毒者もいたという。

取り調べ中の清原容疑者の様子について、事情通は「覇気がなく、とても落ち込んだ様子。ずっとうつむいたままで、たまにポツポツと話すだけ。ただ、いまだにクスリの入手先については口を割っておらず、このまま話さないつもりではないか。長時間の取り調べはうつ状態を悪化させる危険もあり、担当者も神経を使っているようだ」と話す。

その一方で、情報を遮断された同容疑者に“外の様子”を教えることで揺さぶりもかけている。
「彼が嫌悪する桑田真澄が、逮捕の一報を聞いて何と言ったのか。知人がメディアで入手先についてどうしゃべっているかなどを、取り調べでわざと教える。それで向こうが感情的になったところで『早くスッキリした方がいいんじゃないか』と持ちかけ、入手ルートを聞き出す。取り調べはまさに神経戦だ」(同)


死の危険と隣り合わせのなか、今日も厳しい取り調べが続く――。

東スポWeb 2月17日(水)5時12分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160217-00000000-tospoweb-ent

1eb56073[1]


============================引用終わり



「ニンニク注射」から始まった清原和博の依存症
http://ironna.jp/article/2779


a1ba14d3f6fbb3b97d4d6dcfb74ef740[1]
スポンサーサイト

コメント

No title

待ってました!
フォーミディブルに是非取り上げて欲しかったエントリーです。
これまで世間を騒がせて来た犯罪の多くはクスリによるものだと
多くの人に知ってほしいです。
どんどん暴いてください!

清原の悲惨な食生活
https://www.youtube.com/watch?v=6MLGUZ9gMfE

栄養状態のよくない人は鬱になりやすいです。
それで抗鬱剤を処方され(こんなもので治るはずもなく)
むしろ覚せい剤と同じです。
どんどんクスリにやられてゆきます。

自殺者の多くも抗鬱剤服用者と言われています。
また栄養状態が非常に悪いです。
犯罪者はこのように作られてゆきます。


  • 2016/03/04 (Fri) 00:56
  • すみれ #ql4Ssy4Q
  • URL
No title

すみれさん、

情報をありがとうございます。

>これまで世間を騒がせて来た犯罪の多くはクスリによるものだと
多くの人に知ってほしいです。

同感です。

今回の事故のように、比較的若くて、体力のありそうな人でも、
ちょっとした鬱、腰痛、アレルギーといった些細な症状で、
違法薬物に匹敵するような薬が処方されていることを知ってほしいです。

清原もみじめですね。
クスリと栄養不足で負のスパイラルですね。

  • 2016/03/04 (Fri) 11:14
  • フォーミディブル #Ptq.3me.
  • URL
ご無沙汰しておりますが

お変わりなくお過ごしでしょうか?

ニンニク注射は疲労回復や健康促進の効能をうたい、自費で1回3~5千円で行われていることが多いようです。
10年近く前に友達が皮膚科でプチ整形をするついでに、施術の待ち時間でこんなことができます的なオプションを勧められて、そのひとつにニンニク注射があったそうです。
セールストークが「あの有名人たちも愛用者です」と、数名名前を挙げた中に清原和博もいました。他の人達も今回の件で薬物疑惑がささやかれているそうですが。
普段は3千円が何かの施術とセットだと半額で良いと聞き、友達は多忙により疲れていたので、興味本位で打ってもらったとのこと。
おそらくカフェインが入っているのか、カーッと身体が熱くなり高揚感があって、確かに注射の効果を自覚したそうです。
その後一日中自分からニンニク臭気が出ているような感じがするらしく、「私、ニンニクくさくないかな?」とずっと言っていました。
実際にその人からは、まったくニンニク臭はしませんでしたが、連用して行くと段々臭いがするそうです。友達はこのニンニク臭が嫌で、一度だけでやめてしまったそうです。

おそらく打ったそばから効果がある感覚は、このニンニク注射で体験してしまったのかも知れないです。
覚醒剤と異なって合法とは言え、得体の知れない物を直接静脈に入れるなんて、私には恐ろしくてできないです。
ましてや血液浄化とかと銘打って、透析まがいの施術も愛用者がいるようですが、これこそもっと恐ろしくてたまらないですね。

これから年度末の繁忙期を迎えますが、お身体大切にしてお過ごしください。


  • 2016/03/05 (Sat) 21:53
  • きく #-
  • URL
No title

きくさん、

ありがとうございます。
元気でやっております。

>セールストークが「あの有名人たちも愛用者です」と、数名名前を挙げた中に清原和博もいました。他の人達も今回の件で薬物疑惑がささやかれているそうですが。

そうだったんですね。
これはまたすごい話です。

ニンニク注射というと、普通はビタミンBかなんかだと思いますが、
カフェイン(ドーピングすれすれの薬物が入っていたもおかしくない)を入れることができてしまいます。

注射は怖いですね。

  • 2016/03/06 (Sun) 12:20
  • フォーミディブル #Ptq.3me.
  • URL

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。