”がんが治る性格”は、たしかにある

 RIMG0287.jpg
(もらったスナックエンドウを卵とじにしました。
すき焼きのたれの残りを使ったので、少し色が濃いですが・・・
ほんのり甘くて、これ、大好きです。
毎日おいしいものが食べられて、しゃわせ~~ヽ(´∀`)ノ

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



mikaさんのブログからです。

テレビの取材も受けていらっしゃるのでご存知の方も多いと思いますが、
mikaさんは、乳がんで余命宣告までされました。
治療不可能ということで、無治療、もちろん代替療法も受けていません。
それでも快方に向かっていらっしゃいます。

(この場合の無治療とは痛み止め、出血の手当てなどの対症療法だけで、
がんの3大療法、代替療法をしていないという意味だと認識しています)

それぞれの無治療
http://ameblo.jp/3bikinoneko-y/entry-12151203612.html

=====================引用はじめ(抜粋)
2016-04-17 20:16:57
テーマ:ブログ

今日もご訪問ありがとうございますラブラブ

最近、癌になっても三大治療をされない方がちょっと増えたように思う(個人の感想)

それは癌の放置を訴えてはる近藤先生の著書の影響なんかな?

けど、無治療(三大治療をしない)を選択しはる方には三通りの人がいはるように思う

一つは「死を覚悟して寿命をそのまままっとうしたい」人

二つ目は「治療しない方が長く(苦しまず)生きられる」と考えてはる人

そして三つ目は・・「治療をしなければ自然治癒する」と信じてはる人

けど・・

三大治療をした人がそれぞれ症状も結果も違うように

無治療(三大治療をしない)の人も人によって症状や結果は違うということは知っておいた方がいいと思う

私と同じように「まったく治療してません」と言ってはった方

やはり私と同じように皮膚に癌が現れ膿や出血に悩まされてはった

けど、この方はどんだけ出血しようとも痛みはまったくなかったそう

ただただ出血しやすく何度も輸血を繰り返されていた

だからモルヒネを飲まはることはなかったけど・・

天に召されはりました。

やはり同じように無治療だった方

この方は皮膚に出ることはなかったので膿にも出血にも悩まされずに済まれてましたが、中で癌が大きくなり転移を繰り返し亡くなられました。

もちろん中には皮膚にも出ず、癌も成長することなく、いつの間にか癌も消え今は何事もなかったかのように元気にしていらっしゃる方もいはると聞きます。

無治療でもみんな違う

もし、二つ目と三つ目の理由で無治療を選択しようとされてる方がいはったら・・

それを理解した上で自分の選択をされて欲しいなと思う。

(以下略)
============================引用終わり

要するに、近藤誠さんが言っていることは至極簡単です。
治らないがんは何をやっても治らない、
治るがんは放っておいても治る
(生命に問題ない)。

私はそう認識しています。

どうもこれが理解できない人が、多いようです。

近藤さんの批判をしている人の多くは、
「放置していたらがんがひどくなってしまったじゃないか」、とよく言います、
近藤さんは「放置療法で治る」とはひとこともいっていません。

こういう思い込みって怖いですよね。


とはいってもmikaさんの”場合”は、放置療法で確実に回復してきているようです。

(私は以前から時々、mikaさんのブログを読ませてもらってました。
かつて私も”がんは不治の病”・・・だから
”がんは自然治癒はありえない”と、洗脳されていた一人でした。
こんなふうに回復する人がいるとは、
なかなか想像がつかなかったというのが、正直なところです)



癌まみれから出てきました
http://ameblo.jp/3bikinoneko-y/entry-12155514129.html

========================引用はじめ(抜粋)

2016-04-30 17:35:53
テーマ:ブログ

今日ご訪問ありがとうございますラブラブ

アメブロしてる方、今日のアメーバーニュース見はりました?

ちょうど前回の記事の続きみたいになるんやけど~

「夫婦円満に必要なのは8.2秒」

って、なんやねん?

とまたクリックしてしまいました(思うツボ)

内容としては「夫婦で8,2秒見つめあえ」ってことなんやけど・・

これ書いてはる人はきっと結婚してはらへんのとちゃうやろか?と思ってしまったんは私だけやろか(笑)

皮膚に出た癌が広がっていく途中

乳首がぶら下がってとれそうやという記事を書いたことがありました

その時「これちょい強めに引っ張ったらとれるんちゃうん?」

と思ったんでこれを固定すべきか、引っ張ってとってしまうべきか真剣に考えたことがあった(笑)

その後、落ちそうな感じで下らへんにくっついてしもて、もう癌まみれでどれが乳首か癌なんかわからへんようになってて~

で、それから患部が落ち着きだしてきた時「これやと思う」というんも、たぶん記事に書いたことがあるような・・?

で、今・・

ハッキリ出てきましてん

乳首 (こんな連呼してええんやろか?)(;^_^A

正位置とはちゃうようにはなったけど癌とはちゃんと区別がついてしっかりしてます(笑)

取らんで良かったんかな^^(今さらいらん気もするけど)

不思議と色も元に戻ってきてるし(人体の神秘やな)

(以下略)

=============================引用終わり

私は確実に「がんが治る性格」というものがあると思います。
mikaさんがそうなんですが、私より強い(#^.^#)
私はよく頑固と言われますが(関係ないか?)
mikaさんは強いし、しなやかで、ユーモアがあります(((o(*゚▽゚*)o)))
それにがんを恐れていないということが大きいのではないでしょうか。

恐れないということは、無神経とは違います。
むしろ、おいしいものを食べておいしいと感じたり、
おしゃれを楽しんだり、
夫婦円満の秘訣ってなんやろなーと考えたり、
そういうことがとても大切だと思います。

こういう性格は、どこかの”ナントカ道場”で
”がんを治すため”に”作り笑顔”を教えてもらうこととはまったく違うと思います。

”がんを治すため”に”ナントカ道場に通う”ということは、
すでにがんを恐れているからだと思うのです。
がんはおできみたいのもの(つまり恐れるに足らないもの)だと認識する、
あるいは私なら脳卒中より良かったと思う可能性が高いです。
そうであれば、代替療法にも手を出さないと思います。

(以上、管理人の個人的な感想でした)

つづく
スポンサーサイト

コメント

NHKテレビ『人間はなぜ治るのか』

けっこう自然に治るみたい


NHKテレビ『人間はなぜ治るのか』
ガンは自然退縮(治癒)する。事実、末期ガンから生還した人が複数いる。転移の不安におびえる私のもとに、あるときこんな情報が入ってきました。当時、NHKのディレクターをしていた私はその後2年をかけて海外にまで取材し、教育テレビスペシャル『人間はなぜ治るのか』を制作。

http://www.naotta.net/about/

がんを自然治癒させる「いずみの会」というNPO法人が名古屋にあることを教えていただきました。

http://min-voice.com/temple-service-brown-rice-vegetarian-izumi-1963.html

  • 2016/05/07 (Sat) 10:33
  • ユイ #-
  • URL
No title

ユイさん、

難度も書いていますが、
当ブログでは代替療法は効果なし、と考えています。
自然治癒イコール代替療法ではありません。

食事療法も同じです。
あなたが信じたいのなら信じればいいと思います。
しかし私は矛盾したものエビデンスがないものは信じられません。

  • 2016/05/07 (Sat) 14:04
  • フォーミディブル #Ptq.3me.
  • URL

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する