スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本当の悪党は、死刑になんかできないのが現実。

RIMG0285.jpg
(安納芋の焼き芋で~す。
ストーブを入れていないので、オーブンで焼きましたが、
余熱をしないで、いきなり芋を入れてから、加熱を始めます。
サツマイモは低温でじっくり・・・
調理時間が長いほうがおいしくなりますね。)


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

最初に書いておきますが、私は死刑には反対です。
世界中でも死刑制度のある国は少なく、減っていく傾向にあります。
”先進国”日本としては、世界の流れに逆行するようなことは、
得策ではないと思います。

もちろん死刑反対の理由としてはそれが主な理由ではありません。
死刑反対の理由の一つには、以下のような理由があります・・・


なんだか最近ですね、
不思議なことに4年以上も前のもう終わってしまった当ブログ記事に、
批判的なコメントをいただくんですね。

この記事です。
本村洋氏の再婚で崩れたヒーロー像
http://aoamanatu.blog.fc2.com/blog-entry-220.html

2012年の記事なんですが、
光市母子殺害事件について
当時犯人の少年が向精神薬を飲んでいたのではないかといううわさがあったんです。

もしも病院(精神科?)に通っていて何らかの薬を処方されていたとしたら
死刑にするというのは、問題があるのではないでしょうか。


死刑といえば、
池田小事件の、宅間守も死刑が執行されてしまいましたが、
精神科に入院までしていたのに、事件を起こしています。
精神薬を飲んでいた可能性が高いのではないでしょうか。

死刑になってしまってからでは遅いと思うのですが・・・
2013年にこんな本が出版されていたようです
宅間守精神鑑定書
精神医療と刑事司法のはざまで

http://honto.jp/netstore/pd-book_25624343.html

25624343_1[1]

本のレビューから、たまたま一番上にあったものを引用します。
=========================引用はじめ
怪物を止める方法はなかったのか
1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。
2013/07/05 21:28
評価4 投稿者:alfa1750 - この投稿者のレビュー一覧を見る

何度も入退院を繰り返し、何度も逮捕されたにも関わらず、あの犯行を止められなかったのか。止める方法はなかったのか。
 自分の周りにいる「変な人」、「危ない人」が将来、殺人事件を起こさないか不安になる。
 一方で、「危ない人」を隔離すれば防げるのか… 
 適切な支援とは何か。適切な治療や関わりがあったら、子どもたちや家族も傷つかす、宅間自身も救われたのではないか。

===========================引用終わり



アマゾンのレビューです。
https://www.amazon.co.jp/%E5%AE%85%E9%96%93%E5%AE%88-%E7%B2%BE%E7%A5%9E%E9%91%91%E5%AE%9A%E6%9B%B8%E2%80%95%E2%80%95%E7%B2%BE%E7%A5%9E%E5%8C%BB%E7%99%82%E3%81%A8%E5%88%91%E4%BA%8B%E5%8F%B8%E6%B3%95%E3%81%AE%E3%81%AF%E3%81%96%E3%81%BE%E3%81%A7-%E5%B2%A1%E6%B1%9F%E6%99%83-ebook/dp/B00DYOWFTI?ie=UTF8&qid=&ref_=tmm_kin_swatch_0&sr=#customerReviews

==========================引用はじめ(抜粋)

5つ星のうち 5.0
なぜ凶悪犯に治療が必要なのかを示す、
第一級の専門資料

投稿者 Ashurung 投稿日 2013/5/29
形式: 単行本
池田小事件は、「社会の強者や勝ち組へのルサンチマン」によるものだと私は思っていた。なぜここまで異常なルサンチマンになったのか、今日まで疑念がぬぐえなかった。この司法判断は間違っていないのだろうが、本書の鑑定書によれば、決してそれだけではない。根底的に事件に対する考え方を覆された。鑑定によれば、宅間守は人格障害かつ発達障害、即ち精神障害だったのである。だからと言って、私も鑑定人(著者)・司法判断と同様、宅間守に責任能力は否定されないと考えているが、その意味するところは変わってくる。池田小事件を起こすまでの宅間守に必要だったのは刑罰というより、治療だったのである。

(以下略)

=========================引用終わり

裁判員制度が始まっているので他人ごとではありません。

死刑が執行されてしまってから、
>根底的に事件に対する考え方を覆された.。
>宅間に必要だったのは刑罰というより、治療だった。
と、みんなが気がついても遅いのですが・・・

・・・まぁ、私も同じような意見です。

しかし今の精神科の治療が無意味、というより
もしかしたら悪化するかもしれないというのが現実です。
精神科ではまず間違いなく、精神薬が処方されます。



先日も三宮で暴走事件があり当ブログでは記事にしました。
暴走事件、自殺事件、頓死もそうですが、
最近多い、このような大きなニュースになるような人の、
大体のシナリオはわかっています。
機能不全家庭で育つ→精神に異常をきたす→精神薬等の処方→事件を起こす

宅間は自殺願望があったのに死にきれなかったので、
死刑になることを恐れてはいなかった可能性もあります。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ところで先日はこんな話題がありました。


2016年04月06日更新
医療関連ニュース (2658)

新しいC型肝炎の特効薬は1錠8万円、
処方されたらあなたはすぐに
「飲みます!」と言える?

https://welq.jp/7968

これ笑っちゃうんですが、C型肝炎って医原病なんですよね。
予防接種の注射器の使いまわしや、血液製剤によって感染したわけです。

C型肝炎ウイルスの感染経路
http://www.c-kan.net/knowledge/03.xhtml

当然ワクチンや血液製剤を作った人がいて、それで儲けた人がいるのです
危険と分かっていながら血液製剤などを処方していたといわれています。

それで製薬会社はマッチポンプで1錠8万円の薬を売るというわけです。
C型肝炎の患者さんたちはどういう気分なんでしょうか。

まじめに自動車や家電を作っている人には考えられない話でしょう。
製品に不具合があるのが分かれば、即、リコールです。
リコールでユーザーからお金を取るわけにもいかないし、
もちろん税金で費用を肩代わりするなんてことは、絶対にないはずです。


冤罪説が有力な事件
名張毒ぶどう酒事件
ja.wikipedia.org/wiki/名張毒ぶどう酒事件

神戸の「酒鬼薔薇聖斗」
事件の少年Aが冤罪である根拠まとめ

http://matome.naver.jp/odai/2135125485498707001

41RDBX64PRL._SX318_BO1,204,203,200_[1]

(特に少年事件は冤罪が多いといわれています。
いろんな本を読めば、警察やマスコミの動きがよくわかりますよ)


本当の悪党は、死刑になんかできないのが現実かと思います。
スポンサーサイト

コメント

医療ビジネス詐欺にご注意を!

世界中でエイズ患者はおよそ3500万人存在すると言われている。(HIV陽性者数)


http://ameblo.jp/jam512412/entry-12090334860.html


医療は嘘が多いので注意しましょう 

  • 2016/05/10 (Tue) 11:28
  • ユイ #-
  • URL
No title

ユイさん、

エイズが嘘というのは本当らしいですね。

推測ですが・・・

あったとしても「薬害エイズ」というのが、
本当のところかもしれません。

しかし死に至るような症状が出ないにもかかわらず、
治療と称して、薬を(売るために)飲ませているのかもしれません。

  • 2016/05/10 (Tue) 11:45
  • フォーミディブル #Ptq.3me.
  • URL
No title

薬を売るためというより優生学ですよ

https://www.youtube.com/watch?v=YsjVzB8hpzs

  • 2016/05/10 (Tue) 12:26
  • ユイ #-
  • URL
No title

ユイさん、

>優生学
だからなんだというのですか?
もしも地震発生装置が兵器としてあっても、兵器は兵器です。

ヒトラーは激しい差別意識を持っていました。
ですからユダヤ人や障がい者を虐殺したのです。

しかしヒトラーがどうしてあのようなモンスターになったかは、
すでに心理学的には、アリス・ミラーによって解明されています。

ヒトラーはあのような行動を執るべくして執ったのです。
抑えることのできない感情と言っていいかもしれません。
陰謀論などというシステマチックなものではありません。

誤解を恐れずに言うなら、
差別意識の強い人はだれであっても危ないと思ったほうがいいです。
トランプさんなんて、頭が悪そうな田舎成金にしか見えませんけれど・・・

当ブログにも関連記事がいくつかありますので、参考にされてください。

  • 2016/05/10 (Tue) 18:13
  • フォーミディブル #Ptq.3me.
  • URL
No title

凶悪殺人を犯した人は精神病患者って思ってるみたいですが、そんなの後付だと思います。
弁護士が被告の罪軽くしたいから診察の時にそういう演技をさせて精神病の診断させてるんでしょう。
そもそも、今の時代思い通りにならない事の方が多いし老後破綻とか格差社会とかそういうネガティブなワードばかりききますし、みんな程度の差はあっても精神病んでますよ(うつ病とか珍しくないですし)
凶悪殺人犯す人ってそういう社会に対するフラストレーションが限界まで達したなだけだと思います。
「変な人」「危険な人」のレッテル貼りは差別でしかないかと思います。

死刑は必要でしょう。
世界的に今の刑法は教育刑主義(加害者を更正させる)の立場をとっていて、死刑は時代遅れなのはわかりますが、被害者感情が報われません。
また、人間は自然権として復讐権をもっていると思います。でもみんなが思うままに復讐していたら国がおかしくなるので日本は社会契約説(国家が個人に代わって加害者を罰する)を採ってます。つまり国が個人に代わって復讐するって約束してるんです。けれど死刑廃止というのはその契約を放棄してるんです。だったら被害者は加害者を復讐する権利を取り戻していいことになります。
教育刑主義ってのは言い換えれば真人間になれば許すってことですよね?
だけど真人間になるのって普通のことで、そんなんで罪はきえません。どんなに真人間になろうとも加害者は罪を犯した分責任があるんです。加害者と被害者で命の重さは同じってききますが、罪を犯した分加害者の命の方が軽いはずです。

最後に死刑廃止国増えてるからってまねする必要性はないはずです。個人的に法律ってのはその国々の文化や風習をベースとするものだと思います。キリスト教国はそれに従ったもの、イスラム教国もまたしかりです。因果応報の文化がある日本には死刑は必要なはずです

  • 2016/07/01 (Fri) 10:52
  • ヤーミ #7ihi6uCY
  • URL
No title

ヤーミさん、

教育刑罰なんていうのは、建前に決まっているじゃありませんか。
(オトナの社会には建前ってものがあるんです。
思っても口に出しちゃいけない事もあるんです。)

真人間なんかになりませんよ。
殺人ほどの重い犯罪じゃなくても同じです。
直りません。
そんなこと、私は分かって書いているんです。


あなたの考え方は米国のトランプ問題、英国のEU問題を、
思い出させます。
自分の国を”塀”で囲うような、オコサマで
薄っぺらな発想は、これらの国と同じじゃないですか。
ほかの国をまねすることなんてないんですよ。

まあ、あなたが”塀”の中に入っていれば一番安全かもしれませんが。

  • 2016/07/01 (Fri) 11:02
  • フォーミディブル #Ptq.3me.
  • URL
No title

教育刑主義は建前じゃないでしょう。
むかしはほとんどの国で応報刑主義(刑罰は被害者感情に報いるという主義)をとっていたんですけど、その結果加害者の人権侵害甚だしい刑罰が行われまくっていたんです(火あぶりとか引きずりまわりとか)。
今の教育刑主義はその反動にしかみえません。
過去現在の法曹や民衆、法学者、歴史的経緯その他もろもろが今の教育刑主義を生んだんです。
でもその結果、加害者の人権ばかりが重視するあまり被害者の人権などが置き去りです。だから憤りを感じてる人多いのですよ。
死刑もそうですけど、傷害事件なんかの場合は治療費は被害者もちですよ?加害者は事件で傷おったら税金で治療されるんです。めちゃくちゃでしょう。
死刑に限らずもうちょっと被害者の事を考えろって思うのです。いざ自分が凶悪犯罪にまきこまれた場合どうなるか恐ろしいものですよ。

イギリスEU問題、トランプ壁発言は、あれは移民難民問題でしょう。実際に移民難民のせいで犯罪率上がってるのだから仕方ないでしょう。難民にいたってはその中にテロリストまきこまれてる場合あるんですから。
善良な移民難民には気の毒ですが、その国の人たちの権利を優先すべきですよ。他国の福祉とか安全にただ乗りしたいだけでしょう。

  • 2016/07/01 (Fri) 11:49
  • ヤーミ #-
  • URL
No title

ヤーミさん、

あなたがそう思うことは、何の問題もありません。

だからこんなシロウトブログの過去記事を相手にしていないで、
しかるべき場所で意見を言われたらいいのではありませんか。

お願いですから、ぜひそうなさってください。
あなたの意見と私の意見は違いますが、違っていて良いのです。

「ああ言えばこう言うタイプのコメント」「論点のズレたコメント」
は相手に出来ません。

私は何を言われても意見を変えません。

  • 2016/07/01 (Fri) 13:19
  • フォーミディブル #Ptq.3me.
  • URL
No title

何か気に障ることをいってしまったようですが、論点ずれてないと思いますよ。
「治療」が必要だというのは教育刑主義の考え方なんです。
精神病を抱えてる犯罪人を「治療」して罪を償い更生させるっていう考え方なんですから。
あと、精神薬のんで意志薄弱状態だから減刑にするってのも教育刑主義です。

フォーミディブルさんの考え方が今の刑法の考え方なんです。
だから最初に教育刑がうんぬんっていったんですよ。
日本の死刑制度なんてほとんど執行されてない飾りの刑罰だから、グダグダいいましたがあってもなくてもどっちでもいいんです

ただ、たまたま光市母子殺害事件の事を調べてたら被害者より加害者の少年や宅間守が救われるべきだとか、いってるから気になっただけです。
ただでさえ加害者の権利重視の日本で、さらに加害者擁護してますもん。
被害者が大損な事件は多数あるんですが、
例えば車から降りたら、いきなり少年にバットで叩かれて片目失明左腕が動かなくなったっていう事件が過去あったんです。被害者は仕事できなくなったし、少年法のせいで犯人の素性もわからない、治療費全額自分持ち、相手の家庭環境がおかしいからか親子共々謝罪にこないし、賠償金もはらわない。
こういう被害者の大損、泣き寝入りが多発してるんですよ。
また女子高生コンクリ殺害事件はご存知でしょう?あれなんか被害者が強姦された上で監禁され虐殺されただけでなく被害者の母親は自殺されてるんです。あれの主犯はこの事件を武勇伝のように語るだけでなく再犯も犯してるんですよ。
だから、世の中にはこういう煮ても焼いても食えない奴がいるというのは理解していただきたいです。
こういう犯人を死刑もしくは無期懲役にすることで間接的に我々の安全も間接的に守られてると思います。(出所後すぐ犯罪犯す人いますから)
なので、加害者の人権人権おっしゃる前に被害者の事や安全面も考えていただきたいと思います。
その上でご自分のご家族もしくは自分自身が凶悪犯罪の被害にあった場合に加害者の「更生」や犯人が精神病患者の場合は「治療」を重視して、何人殺害しても数年から十年くらい刑務所に入ったら娑婆に出てよいと思うなら、これ以上は何も言いません。
立派な主義主張です。

  • 2016/07/01 (Fri) 15:01
  • ヤーミ #-
  • URL

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。