なべのふたのねじのゆるゆるは危険です

RIMG0001 (1)
(梅シロップを仕込んでみました。
私は冷凍したり穴をあけたりしないでそのまま漬け込みます。
念のために、リカーを少々振りかけて・・・。

この梅は、よく利用しているスーパーへ、
福井のJA?のイケメンのお兄さんたちが、
売り込みに来ていたので、買ってみました。
和歌山の梅より安かったです。
福井の梅は和歌山より遅いので不利かもしれませんね。

品種は紅映(べにさし)だそうです。
名前の通り、濃いグリーンに赤が映えてとってもかわいい梅です。
香りもすごく良いです。)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ジオプロダクトで新じゃがとチキンのカレーを作ってみました。

RIMG0043 (1)



RIMG0025 (1)
(いため玉ねぎは全く焦げることがありません。
他のことをやりながら、
ときどき箸でかきまぜてやるだけで簡単に炒められます。
そこへにんじんと肉を放り込んで炒めますが、
もちろん焦げたりくっついたりしません。)

RIMG0028 (1)
(ジャガイモはルーを入れる前に入れました。

別の鍋でルーを炒めましたが、
器用な人なら、鍋ひとつで作れるかもしれません。)


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

私はジオプロダクトのメーカー、宮崎製作所の回し者ではありませんが、
この鍋に対する信頼は、揺るぎません。

私が30年以上前から持っていた、
ジオの姉妹ブランドオブジェのセットが今も売っているんですね。
oj-150-1.jpg
これには私も驚きました。

もちろんこのオブジェの鍋は、ものすごく丈夫で、
何度焦がしても(ジオプロダクトより薄いのと
ガス台の空焚き防止装置が鈍かったので焦げました。)
洗えばきれいに焦げが落せて、磨けばピカピカになったのです。
つまみや取っ手も壊れないように作ってあります。

この鍋はただものではないなと・・・(*゚Q゚*)


今はカレーでもなんでも
テフロンのフライパンで作ってしまう人が多いかもしれません。

でも絶対、ステンレス多層鍋のほうが長持ちするし、
フッ素を体に入れる危険性もありません。
そのまま保存もしちゃえます(自己責任)

ジオプロダクトは小さめのものなら5000円ぐらいで買えます。
安いものだと思います。



↑↑ぜったいおススメ!!
ジオプロダクト




RIMG0007.jpg
(日本製のなべのすばらしさ。
左はオブジェのケトルのふたの裏ですが、鋲が出ていません。
右は、子犬印の500円ほどのフライパンカバーですが、
こちらも溶接の跡はありますが、通しの鋲は使ってありません。)


どうしてこんな画像をアップしたかというと、
先日駅のそばのスーパーで、ル・クルーゼのセールをやっていて、
カラフルなル・クルーゼのお鍋が、きれいに並べてあったんです。

何気なくふたを手に取ってみて、びっくりしました。
ふたのつまみがゆるゆる!!
3つほど手に取ってみましたが、みんなそう!!


申し訳ないけどつまみをはずさせてもらったところ、
通しの鋲自体も、ふたの穴と合っていなくて、ゆるゆる!!
ちいさな鋲をぽろっと落として無くしたら、使い物になりません。

(だからつまみがアマゾンで2500円で売っているんだ!!)

おまけに鋲の穴や、ふちの仕上げもざらざら!!
こんなものすぐに、錆びますよ!!

絶対に錆で困っている人がいるはず、
と、ネットを調べてみたら案の定です。



フタの取っ手裏のさび
http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=9468&id=13292002
========================引用はじめ(抜粋)

フタの取っ手裏のさび

2006年12月11日 18:53
.
mixiユーザー
mixiユーザー みなさんに質問です。
3日前に、初ルクでロンドの22cmを購入しました(^-^)
2回使って、ふとフタの裏を見ると、取っ手のネジの周り
が錆びてました.....
洗ってすぐ拭いていたし、3日で錆びるのも納得いかないのですが、
購入した時点からのものかもしれません(チェックしておけばよかった!)
これって、普通のことでしょうか? 交換してもらえるのかな?
みなさんのルクのネジ周り、どんな感じでしょうか?
教えてください・・・



mixiユーザー
私のも錆びあります。こんな物なのかなと思っていたんですが… そうでもないようですね。

最近お店に問い合わせたら直接Le Creustのカスタマーサービスに電話して交換して下さいとの事でした。

ライフタイム保証が付いているので送料はかかりますが使用上の注意にしたがって使用した物であれば(無料)交換可能だそうです。その際同じカラーと交換できる保証は無い様ですが。使用上の注意に従わず使用した際に起ったダメージ品は半額で新しい物に交換してもらえます。(30日間くらいかかる場合があるらしいです)


写真はウェブサイトから借りて来たものですが。

左:Oval French Oven
これのネジ部分が錆びてます。

中:Multifunction Pan
フライパンのテフロンが剥げて来ました。

右:Square Skillet Grill
凹んだ部分の根元が錆びてます。

146851261_216.jpg146851261_85.jpg146851261_40.jpg


mixiユーザー
私のルクも使った初日にカレーを一晩入れておいたら、蓋の取っ手のネジと穴、そして蓋と鍋の縁が錆びてしまいました(涙)。
こう言う物なんだって諦めてました。
交換できるのですねー。知らなかった~。
買ってから3ヶ月も経っちゃったし、もう交換は無理かな~。
しかも、イギリスで買ったから、問い合わせるにも私の英語力じゃ・・・。
ショックです。

===========================引用終わり

勉強は悪いことではないのですが、
授業料としては高すぎませんかね?

もともとがボリすぎと思われますから、
半額で交換なら結構な商売になるのではありませんか。




もちろんフランス製だけじゃなく、
中国製の千円ぐらいのものであっても、
取っ手が取れるのは、許されるものではありません。

取っ手が取れる(笑)と危ないんですよ。

パール金属 ガラス窓付 フライパン蓋 24 26 28cm
https://www.amazon.co.jp/product-reviews/B000B3ZGGE/ref=cm_cr_arp_d_hist_1?ie=UTF8&refRID=QDRCEREY3AC7T9X2D8RV&filterByStar=one_star&pageNumber=1

=====================引用はじめ(抜粋)

5つ星のうち1.0
2016/3/9に購入2016/4/5に壊れました
投稿者感想2016年4月6日

Amazonで購入

最初からやたら取っ手がぐらつくなぁと思っていたのですが、そういう仕様なのかなとおもっていたら
1ヵ月もたたないうちに、まだ10回くらいしか使ってないのに取っ手が折れました!
前のふたも取っ手が折れたのですが、それは1年くらいは遣った記憶があったので、
仕方ないなと思っていましたが、これはひどい。
もう二度とティファールは買いません。

==========================引用終わり

あれ?ティファールもそうだったのかな?(笑)


ちなみに、
うちでは、調理面にねじの頭が出ているようななべやふたは、
危険だし古くさいので一掃しました。
というか、やっと一掃できました。

フライパンのハンドル(ねじではありませんが最低3点止めぐらいはほしいですね)を除く。
スポンサーサイト

コメント

ふた裏の情報、ありがとうございます(^^)

初めまして。
いつも楽しく拝見しております。
以前、mecキーワードでたどり着き、過去ログも読ませていただきました。

仔犬印のふたを検討していたのですが、
ふたの内側にネジがでているのかどうか、わかる画像を見つけられず、
買わずにおりました。
ネジがあるものは洗いづらい(汚れが残る)ので嫌だったのです。

私は15年ほど前に購入したクリステルのグラフィット16cm/18cm/20cmを使っています。
今でもピカピカで使いづらいところもなく、満足しております。
若い頃は、外国製を使ってみたい!という好奇心が勝っておりましたが、
次に鍋を選ぶとしたら、日本製を検討したいと思っています(^^)

フライパン問題は、まだ継続中です。
鉄パンの情報も参考にさせていただきます(^^)v

  • 2016/06/14 (Tue) 09:00
  • モルダバイト #-
  • URL
No title

モルダバイトさん、

読んでくださってありがとうございます。

子犬印のふたは高級なステンレスではないようですが、きれいで、
余計な凸凹がなく洗いやすいです。

あえて欠点を書くと、
特に大きい物は、乱暴に扱うと、音が響くことですかね、シンバルみたいに。


20センチの方は、SAフライパンより若干小さいという感じです。
無造作に乗せると、1~2ミリ隙間が空くことがあります。
あと5ミリ大きければぴったりなんですが・・・
しかし一般の使用には、これは許容範囲ですね。

  • 2016/06/15 (Wed) 20:25
  • フォーミディブル #Ptq.3me.
  • URL

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する