ダイエットには糖質制限より、3食をちゃんと食べること、栄養バランス、カロリー、のほうが重要

RIMG0010 (1)
(昼食に鉄のフライパンで、大阪王将の冷凍餃子を焼きました。
餃子にパリッとしたきれいな焼き色を付けて焼くには、
油を多めにひくことです。
多めの油できれいな焼き色がついたら、
水またはお湯を入れてふたをして蒸します。
餃子が油をすべて吸い込んでしまうことはありません。
余計な分はフライパンに残ります。
だから使った油を全部食べてしまうわけではありません。

もしも失敗してくっついたとしても、金属へらで力わざではがせますので、
悪くしても、食べれないということはないと思います。)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


糖質制限食で、ケトアシドーシスによる不調と思われる
症状がある人の、書き込みを多く目にします。

これはアマゾンの、糖質制限食の本のレビューからです。

===========================引用はじめ
5つ星のうち1.0
スーパー糖質制限は
投稿者なーちゃん2014年7月25日

形式: 単行本(ソフトカバー)

短期的には血糖値やヘモグロビンA1Cが低下する良い方法ですが、長期的にはケトアシドーシスや腎機能傷害のリスクがあります。糖尿病の病態が安定したらカーボカウントに切り替えたほうが良いと思います。こちらスーパー糖質制限2年目で重篤なケトアシドーシスになりました。江部先生は摂取カロリー不足によりケトアシドーシスを起こしたと反論されるかもしれませんが、極端な糖質制限を長期間続けるのは生命に関わる可能性があることを理解して、自己責任で行う必要があると考えます。

============================引用終わり

なーちゃんさんが書いているとおりで、
江部さんは、糖質制限食での不調については、
なにかというと「カロリー不足」で片づけているようです。

http://koujiebe.blog95.fc2.com/blog-entry-3554.html

糖質制限で生理が止まる?それはカロリー制限のし過ぎです。

2015年10月13日 (火)
こんにちは。
糖質制限食実践中に生じる好ましくない症状・変化についてですが、実際にはカロリー制限のし過ぎからくるものが、多いと思います。
つまり、本質は摂取エネルギー不足が原因で起こった症状を、糖質制限食で起こったと誤解するというパターンです。



「エネルギー不足」、「カロリー不足」というフレーズは江部さんのブログによく出てきます。
しかしケトアシドーシスで不調になった人が、
「江部先生のオリーブ油」を飲んでみたところで、意味ないでしょう。



一方でこんなレビューがありました。

===========================引用はじめ
5つ星のうち 1.0
カロリー制限は必要なしって、誤解だったのか…, 2016/5/26

投稿者
Amazon カスタマー
Amazonで購入(詳細)

レビュー対象商品: 人類最強の「糖質制限」論 ケトン体を味方にして痩せる、健康になる (SB新書) (新書)

HbA1cが12.8になり、今年の2月に2度目の教育入院をした糖尿病患者です。
今回は医師や看護師、管理栄養士にかなり追い詰められ、退院後、1日1.200キロカロリーの食制限を必死に行い、3カ月経ちました。
毎日1日中ひもじさ飢餓状態で、悲しいくらい頭の中は食べ物のことばかり。
体重は7kg落ち、HbA1cは先月末8.1になりましたが、まだまだこれから先もこの食制限を続けなければならないと思うと、辛くて。そこで、たくさんある江部ドクターの本の中でも最新本ということで、この本を購入しました。
しかし、73ページまで読み進んで、愕然としました。エェッやっぱりカロリー計算、必要なんだ!糖質制限は、カロリーを気にせずに肉や油脂類を取っても大丈夫と完全に誤解していました。
なぜなら1.200kcalって、何を食べてもいいけれど、何もかもほんのひと口しか食べれないんです。だから、やたらカロリーの高い油脂類は避けるんです、少しでも量のある物を食べたいから。
で、糖質制限に光明を期して、購入したんですが、結局摂取カロリーの制限は、当然必要と書かれています。結局カロリー制限は守らないといけないなら、ご飯分くらいのカロリーを肉に置き換えたところで知れたものです。あ〜あヤル気満々だったんですがね。
===========================引用おわり

まったくこのカスタマーさんの言う通りで、
糖質制限食であっても、カロリー制限は必要なんです。


http://koujiebe.blog95.fc2.com/blog-entry-151.html

肥満、糖質制限食でもやせない、なぜ?

2007年08月13日 (月)

「糖質制限食を実践しても痩せない」まれですが、そういう人が確かにいます。

高雄病院の入院患者さんで、150cm、90kgの女性がおられました。1200キロカロリーの 糖質制限食でも減量できずに、1000キロカロリーでやっと体重が減り始めました。


江部さんは昔から、カロリー制限が必要だと言ってたんです。

1200キロカロリーの糖質制限食で痩せられないとすれば、
そういう体質、あるいはそうなる生活習慣があった、
だからこそ太るのでしょう。
やっぱり痩せるには、糖質制限食はあまり関係ないといえると思います。

それに(糖質制限食では)、こういう人は何キロカロリー摂れば、
「カロリー不足による不調」にならず、しかも痩せることができるのでしょうか?
・・・と、結局カロリーの話になってしまいます。

じゃあ、カロリー制限が正解かというと違いますよね。





糖質制限食が意味ないとすれば、
最初から、ちゃんとした生活習慣と食事をやってみるべきだと思います。

例えば、
ホリエモンの刑務所ダイエットです。
http://matome.naver.jp/odai/2136436222904734401
つまり、乱れに乱れた(苦笑)生活習慣を改め、
できるだけ規則正しい生活を心がけ、
適度に体を動かし(激しい運動をする必要もありません)、
1日3度ちゃんとしたバランスの良い食事をし、
お菓子はほどほどに、
お酒はゼロにするということです。

もちろん、公の給食ですから、牛乳も毎日ついていることと思います。
食材も安いものが使ってあるに決まってます。
高価な江部粉、ラカント、なんて使わなくていいのです!!
だからお金もかかりません。

給食ですから生野菜のサラダ、ジュースなども
ほとんど付かないと思います。

02.jpg
(これだけスマートになるんだからすばらしい!!)

P1050483.jpg
(ちなみに、刑務所ダイエットを始める前、2009年の画像です。
出てきた後の、上の画像のほうが、感じが良いですよね。)

こういう食生活なら、いきなり気絶するなんていうことは考えられません。
ケトアシドーシスになりようがないからです。
それだけでも安全です。
激しい空腹にさいなまれることもないでしょう。


(ブログなどで、糖質制限食をやっていて、気絶したなんていう記事を見かけます。
最初はマジかよ!!と思いましたが、結構多い話みたいです。
低血糖もあるかもしれませんし、
ケトアシドーシスもあるかもしれません。
本人は、たいしたこととは思っていないみたいですが、
由々しき問題です。

昼休みに横になっていたら眠ってしまったとかいうレベルの話ではありません。
自動車で外出中に・・・、台所で・・・、プールで・・・
こんなシチュエーションで気絶なんて、どれだけ危険なことか、
糖質制限食をやっている人は、よく考えてもらいたいと思います。)

スポンサーサイト

コメント

ネット診療院

少し考えれば当然の事なのですが、「食べ過ぎれば太る」というのは厳然たる事実です。

「糖質だけ採らなければ他は何でもOK」
絶対にありえない事です。

夏井医師はマスコミに登場当時に、
「肉は体力の限界まで食べても問題ない」
「油は(糖質0なので)いくら飲んでも太らない」

大丈夫なわけないでしょう。

マスコミ向けの多少の誇張表現はあるかもしれませんが、「オカルト」です。
夏井医師は「非論理的な事」に関しては攻撃的な姿勢を見せますが、彼は「都合の良いところ」のみが「論理的」であり、後は理解しがたい「屁理屈」です。

以前、夏井医師に「過剰摂取した脂質はどこへ向かうか」と質問した事があります。
いつもは自信満々に論理を主張する語る夏井医師ですが、これに関しては明確な回答は示しませんでした(著書「炭水化物は人類を滅ぼす」に関しても、これに関しては明確な記述はありません)
「炭水化物ではなく、栄養素は脂質・タンパク質等で補う」と吹聴していますが、裏付けなど全く取れていない可能性が高いです。

挙句の果てには「食事回数・量を減らしても大丈夫な身体になる」。
生物でも自動車でも何でもそうですが、摂取したエネルギー(ガソリン)上回る活動は出来ません。
ガス欠では車は走られない事は、小学生でもわかります。

夏井医師は、千日回峰行や青汁生活の森美智代さんを例に挙げて説明していますが、普通に考えれば「何か裏がある」と考えるのが当然でしょう。

「糖質の過剰摂取を辞めましょう」が糖質制限の本筋かと思いますが、話が逸脱しています。
「糖質の過剰摂取を辞める」が、何故「脂質はいくら摂取しても良い」「糖質0酒ならOK」と話がすり替わるのか。
問い合わせても、急に攻撃的になって屁理屈しか返さない。

夏井医師にしても回転式代表者にしても、根っこは同じです。

ただ、我々もそれに引っかからないよう注意すべきだとは思います。
先日、回転式の指導に従って体調を崩された方のご意見が挙げられました。
フォミさんは「ネットで診断は、難しいと思います」とご返答なされましたが、私もそう思います。
実際に身銭を切って診療を受けたのならば被害者に該当しますが、「ネット上でのやり取りのみで」となると難しいところです。
ネット上だけで治療行為に抵触するような言動を繰り返す回転式代表者は非難されてもおかしくはありません。

「ネット診療院」に「患者」として訪れる行為も好ましくありません。
過去に「患者」であった私ですが、反省の意を込めてここに記します。





  • 2016/06/26 (Sun) 09:05
  • ぐうず #-
  • URL
No title

ぐうずさん、

夏井さんがこんなに堂々と、屁理屈ばかり言う人だったとは、
私の想像を超えています。

>「肉は体力の限界まで食べても問題ない」
>「油は(糖質0なので)いくら飲んでも太らない」

>「食事回数・量を減らしても大丈夫な身体になる」。

まとめていただいてよくわかるんですが、
ひどく矛盾していますね。
矛盾した両者の境目がどこにあるのか、はっきりしない以上
うまくいかないでしょう。

>夏井医師は、千日回峰行や青汁生活の森美智代さんを例に挙げて説明していますが、普通に考えれば「何か裏がある」と考えるのが当然でしょう。

何か裏にありますね。
不食を目標にすることに、メリットがあるとは思えません。
不食の人がうらやましいとは思えません。

怪しい食事法を提唱する人たちはひとつながりであるとよくわかります。

どこかにほころびが出ると、切り捨てられていくのでしょう。


  • 2016/06/26 (Sun) 14:36
  • フォーミディブル #Ptq.3me.
  • URL

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する