スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【脳も委縮する】九重親方が受けた放射線治療の200万円(自費)マジックとは・・・

RIMG0021.jpg
(しそ漬けと赤梅酢を利用した、柴漬け風一夜漬けです。
ナスの歯ざわりと甘味が、良いんですよね~。
暑い時はしっかり塩分をとりましょう。)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

九重親方(千代の富士)のがん治療について書いています。

まず、手術直後に、転移が見つかったというのは、
ありえない話だと書きました。

それから九重親方が、手術の次に受けた治療は、
樹木希林さんが治療を受けたという
鹿児島のUMSオン○ロジークリニック(UASオン○ロジーセンターから改名したらしいです)。
ピンポイント放射線(エックス線です、陽子線、重粒子線ではありません)のクリニックです。

これがまたひどいクリニックで、
樹木希林さんに紹介されて治療を受けた有名人が、
バタバタと亡くなっています。

私に言わせれば、紹介した人が亡くなっていれば、
普通の神経なら、偉そうに「ピンポイント治療をやりましょう」
なんてアドバイスは続けないと思います。
樹木希林さんは人の命をなんだと思っているのでしょう。
無神経にもほどがあります。

そうでなければ、樹木さんは放射線で脳が委縮したのかもしれません。

ジョー山中さんはともかく、
ジャーナリストである筑紫哲也さんまでが、
樹木希林さんの言葉にコロッと騙される。
>僕の体は空爆されたイラクみたいなもの。放射線でがんはほぼ撃退
したけど、体中が被爆している。

死ぬ間際になって、後悔しても遅いですよ!!

(筑紫さんは近藤誠さんにインタビューしていながら、
近藤さんの話は聞いていなかったんですね!!
一番下の動画を参照されてください)

それどころか、UMSオンコ○ジークリニックの宣伝の片棒を担いでしまった、
人々に与えた影響を反省するべきです。


被害者が被害者をつくりだす。恐ろしいがん治療の実態
http://aoamanatu.blog.fc2.com/blog-date-20140308.html

(樹木希林さんは)友達や親戚で乳がんになっている人がいたら「まず、ピンポイントの放射線をやってみて、それが駄目ならまたあとのことを考えましょう」とアドバイスするのだという。

 実際2011年8月に肺がんで亡くなったジョー山中さん(享年64)は、生前、腫瘍が見つかるや、音楽界の先輩である内田裕也(72才)に打ち明けた。すると妻の樹木が、自分が乳がん治療を受けたという鹿児島の病院を紹介してくれたとインタビューで語っていた。

 また2008年11月に亡くなったニュースキャスターの筑紫哲也さん(享年73)が、全身にがんが転移した状態で、最後に頼ったのも鹿児島県内の同じ病院だ。複数の関係者によれば、筑紫さんに紹介したのも、やはり樹木だったという。

※女性セブン2012年9月27日号


=========================引用終わり(抜粋)

だれが読んだっておかしいと思いますよね。
みなさん早い段階で死んでいるんだから・・・

樹木希林さんがさかんに勧めている、
鹿児島の病院=UMSオン○ロジークリニックは、
乳がんの女性が多いらしいのです。
私が闘病ブログなどを読んだ限りでは、
乳がんの女性がこのクリニックで治療を受けた後、
すぐ死ぬようなことは少ないようですが、

放射線の副作用で、肋骨がボキボキ折れたり、肺炎を起こしたり
皮膚の炎症がひどいことになっていたりと様々な副作用があります。
しかしその副作用に対しての治療はありませんから
みなさん本当に我慢強いなと感心するほどです。

抗がん剤の副作用がいやで、
1回200万円(自費)かかるオンコ○ジークリニックを選んだ人たちなのに、
みなさん、放射線でボロボロにされた痛みや苦しみは
すずしい顔で「あたり前よね~」みたいに我慢できるのですから、
「200万円マジック」の威力を感じないではいられません。
本当に人の心理とは面白いものです。

ピンポイントと言っても、がん以外の場所に
強い放射線が当たってしまうことは避けることができません。
こちらのクリニックはエビデンス無視、線量無視ですからね~~



放射線によって、脳は委縮するんですヨ!!
o0409032212083058150.jpg
http://ameblo.jp/sunamerio/entry-11304383369.html
原発事故で脳が委縮する、原爆ぶらぶら病などは有名です。



なんと!!
このUMSオンコ○ジークリニックの植○稔という医者は、
近藤誠さんの慶応大学の後輩だそうで、
近藤さんは、放射線のピンポイント治療は無意味
自費治療は治療と呼べるようなものではなく実験程度、と言っているため、
オン○ロジークリニックの患者さんで、
近藤さんの悪口を書きまくりの人がいたりします。(;д;)

無題
https://medical.nikkeibp.co.jp/all/special/PET/gg02.html



転移したがんに放射線治療は無意味と言っているのは、
近藤誠さんだけではありません。
骨転移した前立腺がんの放射線治療について
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1337165028
ベストアンサーに選ばれた回答
fireball11dsさん
.2010/2/2421:40:39
.
放射線腫瘍医です。
「転移がある」ということは癌が全身に回っている(今後、全身のどこに転移が見つかってもおかしくない)ことを意味します。
一方、放射線治療は照射した部分にしか効果がありません。前立腺を治療しても、それ以外の部位に癌が多数あるのであれば、治療する意味はありません。
全身に癌がある場合は、全身の治療(ホルモン治療や抗がん剤など)を行うのがセオリーです。
その状況で前立腺に放射線治療をすればPSAは下がると思いますが、もちろんゼロにはなるわけではないし、骨転移が良くなるわけでもないので意味がないということになります。
しかし、排尿障害や疼痛など前立腺の症状があれば症状を良くするために(癌を治すためではなく)前立腺に放射線治療を行うことはあります。

===========================引用終わり

この書き込みは、普通の医者の言うことだろうと思います。

神前五郎さんも腹膜播種…つまり種をまいたようになっていて、
おなかを開けてみなければわからないと言っているのだから、
ピンポイント照射はありえないことになります。

転移したがんに放射線が意味がないということは、副作用だけはこうむりますから、
やってはいけないということですよ!!

悲しいことに、まさにリクビダートルです。
いや、リクビダートルのように人の役には立っていませんね。



必見!!、筑紫哲也さんが近藤誠さんにインタビューしている動画です。
ガン医療を最初に告発した近藤誠医師(1996年)
https://youtu.be/GeFZeFFK5Zc

1996年は、「患者よ、ガンと闘うな」が出版された年なのですが、
筑紫さんは、近藤さんの本も読んでなかったようですね。
スポンサーサイト

コメント

生活の質を改善する目的で放射線を少量使うのは近藤さんも認めてますけど、完治目的での放射線は意味がないのはわかりきったことですよねー。

そういえばFacebookであり得ない人がいました。

薬で10人中9人が副作用で大変なことになっても一人でもその薬で癌が改善(延命も含む)するならその薬を使いたいし承認してほしい、
こんな人がいました(笑)

自分の事しか考えてないですね。

  • 2016/08/08 (Mon) 19:32
  • マサ #-
  • URL
No title

マサさん、

>薬で10人中9人が副作用で大変なことになっても一人でもその薬で癌が改善(延命も含む)するならその薬を使いたいし承認してほしい、
こんな人がいました(笑)

残念なことに、自分のことしか考えてない人って多いようです。

新しくがんになった人に、治療法を指導してあげるって、
一見親切そうに見えるのですが、
これも自分のことしか考えていません。

自分の命も危ないかもしれないとは発想しないのでしょうか。

  • 2016/08/09 (Tue) 06:51
  • フォーミディブル #Ptq.3me.
  • URL

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。