FC2ブログ

運転免許証の裏がドナーカードになってるって・・・どーよ。

昨日の続きです。

臓器移植の問題に関してですが、このようなブログに、私のようなシロウトが、
あーでもないこーでもないと書くことに、抵抗はあります。

だって、医療の、そしてそれ以外の分野の専門家の間でも
脳死、心臓死、=死というものに関しては、
あまりにも意見に隔たりが大きく、デリケートな問題だからです。
本当は自分には関係ない問題にしておきたいんです。

しかし私たちは、もう嫌でもドナーカード
(臓器提供意思表示カード)を持たされてしまいました。
このデリケートで、専門家でもとても難しい問題を、
私たちシロウトに、判断を任されてしまったのです。
子どもであろうが、お年寄りであろうが、妊婦であろうが・・・です。


yoshikihenkou1[1]

私の免許証は、まだこのタイプになっていませんが、
保険証は、すでにこうなっています。

記入は自由になっていますが、書き込むには勇気がいるのではないでしょうか。

で、記入しないで放っておくとどうなるかといえば、
まず、”提供の意思あり”、と、判断されるでしょうね。
前例はこちら
↓守田憲二さんのHP、「死体からの臓器摘出に麻酔?」
http://www6.plala.or.jp/brainx/


昨日の記事でも触れた、映画、”孤高のメス”では、
「命を救う」という大義名分の前には、タブーを犯すこともありうると・・
そしてそれがかっこいいことだと・・・・
・・・ドナーカードの改ざんもありうるのではないかと・・・・
疑われても、いたし方の無いことでしょう。

(ドナーにとって)非常に良心的に、判断されるとしても、
少なくとも、家族に判断が任せられることになります。

私には、命の次に大切な2人の息子がいますが、、万が一にも、
私が、息子の脳死というものに、直面しないとは言い切れないのです。
もちろんその反対は大いにありえます。

その時に及んでどうするのかを、
はたして頭が混乱しているなかで、適切な判断が出来るものでしょうか。
――やはり家族みんなが、健康でよく頭の働くときに、――
話しを通しておく必要があるように思うのです。

この話はまだ続けます。


スポンサーサイト



コメント

No title

こんばんは。
このように変わるのですか。
医学部の教授クラスは散々医療に恩恵を受けるので
解剖の献体になります。
我々も本来であれば日本国に属し恩恵を受け、万一のときには
その日本国をささえる人に譲ることもありだと思います。
しかし、その前に削るものがあるだろう。と思ってしまう部分もあります。
恩恵を受けたというよりは恩恵を与えたという思いです。

No title

あかちんさん、こんばんは。

来てくださってありがとうございます。
そして、コメントをいただきありがとうございました。

この問題は、奥が深いと思いますので、
また、記事に書けたら・・・と思っています。

また覗いていただけるとうれしいです。

No title

健康保険証
「3.私は、臓器を提供しません。」に丸をつけて、署名してありますw


No title

おー、タマいちさん。
いつも来てくださってありがとうございます。

私もですよ。
そして息子たちには、私の希望としては、
3、に○を付けてほしいと、伝えてあります。

日本の医療の闇って、恐ろしくなります。
私は今回の放射能の問題を、某大学病院の医師に相談したら「まったく問題ない。大丈夫だから」と言われました。ちなみに准教授。私の主治医でした。
後日、そのドクターは開業する事実が判明し、なるほどなあ、と悔しくなりました。
嫌な時代です。
情報は自分の手で掴み取らないと殺されます。
今朝も児玉センセが、NHKに出てましたがニコニコちゃんでした。
はあ…

No title

児玉龍彦、NHKに出ていましたか・・・
ニュース深読みですね、
私は、今朝の朝日新聞の本の広告で見ました。

エライさんの言っていることが当てになりません、
自分で判断しないとね。
非公開コメント

プロフィール

フォーミディブル

Author:フォーミディブル
ふたりの息子を、ホームスクーラーで育ててきました。
母子手帳も捨てました。
2020年からは、大きな変革がやってきます。
社会のウソはあばかれ、
ホームスクーラー有利の時代になりました。
ワクワクの時代に乗り遅れないように
情報を分析し自分の頭で考えていきましょう。

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

Powered By FC2ブログ