スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この国の経済はどこへ行くのか

27年度の医療費41.5兆円 13年連続で最高更新
2016.9.14 07:50更新
http://www.sankei.com/life/news/160914/lif1609140018-n1.html

========================引用はじめ

 厚生労働省は13日、平成27年度に病気やけがの治療で全国の医療機関に支払われた医療費が概算で41兆5千億円となり、13年連続で過去最高を更新したと発表した。前年度に比べ1兆5千億円増で、統計を取り始めた13年度以来、過去最大の増加幅。伸び率も3・8%と、3・9%だった22年度以来の高水準となった。高齢化や医療技術の高度化に加え、高額な新薬の使用が影響したとみられる。

 概算医療費は、診療報酬明細書(レセプト)の集計で、労災医療費などは含まないが、医療費全体を示す国民医療費の約98%に相当する。

 厚労省では、3・8%の伸び率のうち、1%程度はC型肝炎の新薬の使用が増えたことが影響したのではないかと分析。27年度は効果の高いC型肝炎治療薬「ソバルディ」が5月、「ハーボニー」が8月に保険適用されたが、それぞれ価格は1錠当たり約6万円、8万円で、C型肝炎治療薬を含む抗ウイルス剤の薬剤料が前年度から2954億円も増え、約3・5倍になった。

 28年度の診療報酬改定では、これらのC型肝炎治療薬の価格は引き下げられているが、今後も高額な新薬の増加が見込まれており、厚労省は適正使用に向けた指針や価格見直しの新ルール作りを進めている。


 また、27年度の1人当たり医療費は前年度比1万3千円増の32万7千円。75歳未満が9千円増の22万円、75歳以上も1万7千円増の94万8千円と膨らんだ。

 診療別では、薬の値段と薬剤師の技術料を合計した調剤が9・4%増の7兆9千億円と大幅に伸びた。入院は16兆4千億円、外来は14兆2千億円、歯科は2兆8千億円。都道府県別の総額では、東京が4兆3891億円で最も高く、最も低かったのは鳥取の2078億円だった。

===========================引用終わり



日本の医療費はやはり高かった、国のデータに不備
週刊ダイヤモンド編集部
2016年8月10日
http://diamond.jp/articles/-/98152

img_958ce7ffbdba14a5d10ef7797e348e7c157341.jpg




図1 国民医療費と対国民所得比の年次推移
zu01.gif
http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/k-iryohi/04/kekka1.html



gn-20160728-01.gif



「アメリカ人は2.5倍の医療費をかけて1.7年早く死んでいる…」海外の反応
http://labaq.com/archives/51860614.html
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。