ホリエモンは特別と思っているあなたへ

私が使ってみて良かった商品を紹介させていただきます。

竹井器物のフィーノです。
日本製のコーヒーケトルです。
ケトルの中は凹凸が多いので水切れが悪く、水が溜まりますが、
つくりはしっかりしていて、錆びません。
しかし一日に何回も使っているので、水切れの良いタカヒロでも乾く間がないですね。

電気代がかかる電気ポットを使わず、
いちいちこれで使う分だけIHで沸かしているのですが、
沸くのが速いし使いやすいので、苦になりません。

コーヒーはカリタ式、ハリオのメジャーカップ200mlで、
フィーノで淹れているのですが、
コーヒーメーカーがほしいとは思いません。
っていうか持ってません。




和平フレイズ
セールをやっているのかな、安いですね。
フィーノの小さいほうにそっくり
これも日本製らしいです。



タカヒロも持っていますが、
中は凹凸がなく、洗いやすく、水切れがいいです。
口やつまみのとりつけなどは、とても頑丈そうに出来ていていて、一生使えそうです。
IH使用ですが、沸かすのにフィーノより若干時間がかかります。
こちらには価格は高くなりますが、口の細い”雫”というイプがあります。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ある日、
元ダンがホリエモンこと堀江貴文さんに似ているんじゃないかと気が付いたんですね。

ほとんどの人が、ホリエモンは特別と思いこんでいるのではないでしょうか。
しかしけっこう不器用なところがあるんですね。

まず、
サラリーマンにはなれません。
家庭を作ることができません。
父親にもなれません。
(生物学的な父親にはなれても、イクメンにはなれません。)
ついでに大学を卒業することもできません。

元ダンもそうです。
堀江さんは子どもが生まれてから、土日を休んだり、おむつ替えをしたそうですが、
元ダンはそれさえやってません。
イクメンを強要したら、ストレスで死んでしまう・・・みたいな(笑)

“イクメンブルー”にご注意-スマホ見ると妻に怒られる、妻子寝てから夜釣り…余暇・睡眠削って奮闘も文句言われ
http://www.sankei.com/west/news/170104/wst1701040007-n1.html

スーパーマンなんてこの世の中に居ないんですよ!!

イクメンをやってうつ病になるくらいなら、
離婚して養育費をしっかり払ってもらうという方法もあるのです。

堀江さんはベビーシッターに頼めばいいというお考えだったそうですが
元妻さんは、それを嫌がったそうです、
それで正解だと思います。
生みの母親に代わる人はいませんから。

不思議なのは堀江さんの息子さんは、父親が堀江さんだとは知らないそうです。
元妻さんは若くして離婚したわけですから再婚してる可能性も高いですし、
いろいろ事情があるのでしょうが、
子ども本人は養育費を払ってくれているのがだれで
どうやって稼いだ金で食べさせてもらっているかということは、
知っておいたほうが良いのではないでしょうか。

男親には男親の仕事があります!!

男の子には、男のモデルが必要です。
私も息子が幼いころはそんなことは考えてもいませんでしたが、
息子が社会に出るようになったら、男のモデルは必要だとつくづく感じました。

元ダンと息子たちとは定期的に会ってもらって良かったです。
「オトンとホリエモンの話をした」とか、
「オトンは悪口を言わない」とか
「オトンはお金のない人から儲けるのではなく
医者とかお金を持っている人から儲けることを考えている」とか
父親からいろいろ学んでいるなと思います。
そうやって稼いだ金で食べさせてもらっていると・・・




堀江貴文著
すべての教育は「洗脳」である 21世紀の脱・学校論 の
レビューから引用させていただきました。
=======================引用は痔

5つ星のうち5.0
「ホリエモンだからそういうことができる」と思っているあなたへ
投稿者amazonカスタマー2017年3月27日

形式: Kindle版
|
Amazonで購入


これを読んで、「こんな自由な生き方、してる人いるのかな、ホリエモンだからできる、自分には無理だ」
と思う人は多いのではないかと思います。
なので、そういう生き方をすでにしている、名もない一般人の自分の例が参考になれば幸いです。

自分は、個人事業主を経て、法人を立て、仕事を受注して生計を立てています。
法人に属しているのは1人だけ。
法人と聞くと、「会社を作ったら、事務所を作って、人を雇って、あれこれしなきゃ・・・気が重い・・・」
と思うかもしれません。

しかし、会社の実態は、紙ペラ1枚です。
オフィスも従業員もありません。

そもそも会社と言うのは、財産を守るために作られた仕組みが出発点で、
必ずオフィスを構えなければならない、とかいう決まりは一切ありません。
しかも、この法人が信用となって、大手企業から仕事の受注を受けることが出来ています。

もちろん、それ相応のスキルが必要ではありますが、
小学生の時から、ずっとPCで遊んできた延長線上にあるので、
これも、自分では特に特別なことをしたとは思っていません。

自分がスキルを身につける時、
インターネットがなかったので10年以上の時間がかかりましたが、
今では情報が溢れていますので、
拾い集めればもちろん、もっと短い時間でこのような生活を構築できたでしょう。
今の時代に、新しいことにチャレンジしようとする人達が本当に羨ましいです。

何より大きいのが、会社員でないので、時間の使い方も自由だし、
出勤の必要もないので場所も自由です。

最初は、怠けないように自分で自分を律するのに苦労しましたが、
その原因が管理型の学校教育にあるのは、この本を読んだ方ならすんなり理解できると思います。
自分の時間は、本来自分で管理するものです。

ホリエモンのような有名人が主張していると、
「そのような生き方は、有名人にならないと出来ない」と思うかもしれないので、
自分のような名もない一般人も、きちんとそういう生き方をしてますよ。
という例をここに記して、決意を促せるきっかけになれば嬉しいです。

逆に言うと、
「こういう生き方をしてる人は決して珍しくないので、
『そういう生き方は普通じゃないから』と考えて一歩を踏み出さないのは、
もはや危ない、というレベルになってくるよ。」
とさえ、言えると思います。

あと、「でしゃばったことをすると逮捕されるかもしれないから・・・」
これも、忘れましょう。

日本人は、逮捕されるのが嫌いな割に、自分がまるで警察になったかのように
ルール違反に神経質すぎます。
大抵のルール違反は、些細なレベルでしかないです。
自分で自分の首を絞めていることに気が付きましょう。

あと、子持ちの親御さんは、子供がでしゃばったことをしたら、
怒らないでください。
それは、自分が何かチャレンジしようとした時に、自分を物凄い勢いで止めようとしてくる、
おせっかいな社会を、遠回しに作っていることになります。

「自分がそうだったから、子供にもそうしてもらう」

のは、はっきり言って暴力と言っても過言ではないです。
そう言われるようになる時代が、もうすぐ来ます。


もっと少なく読む
コメント3件
|
266人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?

==========================引用終わり

元ダンが起業したころは、まず有限会社から始めました。
今は有限会社がなくなって、いきなりひとりで株式会社なんですね。
今はより簡単かもしれませんね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する