筋トレで、血糖値を下げる場合の危険性

RIMG001545.jpg
ジオプロダクト、パナソニックのIHクッキングヒーターで、
ピラフを作ってみました。
私はコンソメの素を持っていないので、
物足りなさをカバーするために、ソース、ケチャップ、カレー粉を少しづつ入れて、
カレーピラフにしてみました。

今まで炊飯器で作っていた時は、べちゃべちゃしたり、芯が残っていたり、
水加減が難しかったのですが、
目からうろこの、このレシピで自分好みに完璧につくれるようになりました。
簡単本格☆フライパンで喫茶店のえびピラフ

赤子が泣かなくても、ふたを取っていいんですよ!!
食べてはいけないけど(笑)

    


ハツシモは、粒が格別に大きく、ぱらっとほぐれて
寿司やピラフなどご飯ものに合う幻の米です。

ジオプロダクトは洗った米を炒めても、
くっつきにくいので、うれしくなっちゃいました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

例の筋肉メソッドの教祖様は、ブログの題名が”ダイエット”と書いてますが、
(糖尿病も3ヶ月で完治するダイエット )
一般的に筋トレはエクササイズまたはシェイプアップじゃないんですかね?
この人がダイエットで糖尿病が治ったと言うなら、
ふざけるな!!ですよ。
こんなことでは、王城教祖のアメリカの論文の解説は信用できません。



私はエクササイズ(シェイプアップ)・・・有酸素運動とか無酸素運動とか
にはあまり興味がなかったのですが、
有酸素運動と無酸素運動は分けて考えたほうが良いようです。

無酸素運動は難しいですね。
危険性が高いようです。

若いぴちぴちの人が筋トレやるのは問題がないでしょうが、
成人病を気にするお年頃の人には危険もあるようです。

筋トレをすると血圧が上がるというのは、
自分もやっていて理解できます。
腕立て伏せとか、良い気持ちがしないんですね。
体に良いことをやっているという気持ちがしないのです。
(血圧が高いのが悪いという意味ではありません。
いきなり上がるのがよくないのではないかということです)



心臓負担と筋トレについて
http://www.fitness-japan.com/kintore/kintore37.html
===========================引用はじめ
心臓負担と筋トレについて [~知って得する筋トレ知識~]

男性も女性も、年齢とともに血圧が高くなったり、血中のコレステロールや血糖値が高くなったりして、生活習慣病を患いやすくなります。生活習慣病にかかってしまうと、ちょっとした事でも血圧が上がってしまい、心臓負担もアップしてしまうので、筋トレを行なう場合には気をつけなければいけません。心臓に負担をかけてはいけない生活習慣病の人が、ダイエットしようと無理な筋トレを行なったばあいには、脳卒中や脳梗塞など、血管障害を起こしてしまう可能性もあります。また、不整脈がある人は、間違った筋トレを行う事によって心臓への負担場一気にアップして命の危険もあるのだそうです。

(以下略)

============================引用終わり


血圧だけでなく、血糖値が下がるのも良くない
のではないでしょうか。


Dr.由太郎さんのブログからです。
糖尿病(2型)治療におけるヘモグロビンA1c目標は7台で
2013-08-27 18:09:10 | Weblog
http://blog.goo.ne.jp/yuutarot/e/af8c3aafbcaee1961d534e20608503e6
===========================引用はじめ

9347548b734c8b110afffeadd22678dd.png

調査結果(Currie, Lancet 2010 375 p481)

 イギリスで2型糖尿病(自己免疫によるものは1型、よらないものは2型と分類されるがこの場合の「2型」はインスリンは出ているけど食べすぎでおこる糖尿病と考えてよいと思う)で50歳以上3万人の治療データベースを調査。ヘモグロビンA1cを平均7.5あたりで管理している人の死亡率が最も低いことがわかった。


なぜだろう?

 血糖を薬やインスリン注射で下げすぎると、体が防衛反応をおこし、ストレスホルモンであるアドレナリンや副腎ステロイドなどが分泌される(腹が減ってイライラした状態)。すると前者は血圧上昇や不整脈、後者は血中脂質上昇による動脈硬化の進行を起こすだろう。インスリンの作用で糖とカリウムがセットで細胞にとりこまれる。過剰だと血中のカリウム濃度が下がり、不整脈の原因となる。


合併症の発症を予防するのも7台で十分

 網膜症や腎不全による透析などの恐い合併症が7以下にすることでと明らかに減るという報告は今のところない。(Boussageon BMJ 343 d4169, Hemmingsen BMJ 343 d6898)


治療方法の選択

 メトホルミン(商品名メトグルコなど)が第一選択。WHOの必須治療薬のリストにものっている。低血糖を起こしにくい。糖尿病の人はガン発生リスクが高いとされるが、メトホルミンはガン予防効果がある可能性が指摘されている。逆にインスリンはガン促進効果が疑われているので使用はなるべく遅らせたい(Currie Diabetelogia 2009 52 p1766)。Pioglitazone(アクトス,武田)は膀胱ガンリスクを増やす(Hillaire-Buys, Faillie. Lancet 2011, 378 p1543; Dormandy. Lancet. 2005 366 p1279より)。


私のよいと考える食事療法

 加工度のひくい食品。工場を通らないもの。自然に近い状態の食品は肉の丸焼きをふくめ、食べ応えがあってかさがあるので満腹感、腹持ちがよい。もちろん玄米は優等生。脂こいものばかり食べてきたひとには入門として受け入れやすいと思われる。慣れてきたら5分米などへの移行をした方が続けやすいかと思われる。低インスリンダイエット、糖化インデックスなどのキーワードも参考にできる。

=========================引用終わり

Dr.由太郎さんの記事のイギリスの研究の場合は薬を使って下げているのですが、
(薬のほうが危険性が高いといえるかもしれませんが)、
血糖値が劇的に下がる、ダイエット、エクササイズ、シェイプアップも
同じように危険なのではないかと思います。

だいたいにおいて、筋肉メソッド信者はヘモグロビンA1c6以下に
下がったと喜んでいますが、そこまで下げる必要がないのですから。、


ですからDr.由太郎さんのように、
>自然に近い状態の食品は肉の丸焼き・・・
>低インスリンダイエット、糖化インデックス

必然的にそうならざるを得ないのではないでしょうか。
>2型」はインスリンは出ているけど食べすぎでおこる糖尿病と考えてよいと思う
その通りでしょう

運動も”江部さんのテニス”に文句のつけようもないと思います。
私は今は、もっぱらウォーキングです。
無心に歩くと脳に良いようで、良いアイディアが湧いてきます。
私はメンタルが弱いので、
うつうつとした気持ちが、ポジティブな気持ちに替わってきます。


ストレスで血糖値(血圧も)が上がるというのも事実です。
脳は大事ですね~

近藤誠「降圧剤で殺されないための5つの心得」:血糖値も、コレステロール値もウソだらけ:「血圧147健康値」の真実
http://www.asyura2.com/14/iryo4/msg/106.html




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する