FC2ブログ

健康のために血液をサラサラにする意味はあるか

私たちは血液をサラサラにする必要があるかどうか、についての記事を書いています。

00.jpg

血液をサラサラにする薬として、
ワーファリン(ワルファリン)が多く使われているようですが、
ワーファリンは、代表的な殺鼠剤、クマリンと同じものです。
私はクマリンを使ってネズミ退治をしたことがあるので、
こういう薬はとてもじゃないけど飲む気にはなりませんね。

クマリンの箱にはすごいことが書いてあります。
「食べたネズミがすぐに死ぬことはありませんので、
他のネズミにまったく警戒心をおこさせず、
たくさんのネズミを駆除できます。」




血液サラサラの薬「ワーファリン」の
重大な副作用を医者は知らなかった

http://www.asyura2.com/09/health15/msg/219.html
投稿者 リックの酒場 日時 2010 年 1 月 05 日 06:51:08: qpV8lhpWEQXWo
http://www.asyura2.com/09/health15/msg/219.html

==============================引用はじめ
医者というと、処方する薬の知識は専門家というのが一般のイメージ。
しかし、現実は違うようです。
 
脳血管の血栓が原因の脳梗塞などの治療、再発防止には、血液サラサラ剤が投与されます。
その薬は半年から1年後に、体内の脂肪細胞の壊死に至る副作用があるので、注意ください。
(もちろん、ならない人もいます。)
脂肪とは、皮下脂肪。 肌が水分を抜かれて干からびたように変質してきます。
女性の場合、乳房の壊死により切除に至るケースもあります。
 
重大な副作用になる確率はしりませんが、
肌の具合に変化があっても普通、まさか飲んでる薬が原因とは思わないでしょうね。
 
私はある知人に、このことを教えて、その人の主治医に確認してもらったのですが、
まるで相手にされなかったようです。
もしかしたら、
知っていても、薬を使うことで製薬メーカーから賄賂をもらえるのかもしれません。
よくわかりません。
 
ワクチンの毒と同じで、専門家はあてになりません。高い報酬をもらっていながら。



05. 2011年6月26日 14:18:09: bXAiXEqUfI
母が1年ほど前からワーファリンを服用していて二日前から急に右手肘から手首にかけて腫れて痣のようになってきて慌てて病院に行き、今入院しています。
週末だったため特になんの処置もされていませんが、一応ワーファリンは止めています。
先ほど病院へ行くと痣と腫れが腕の上の方にも広がっています。
なんか、わけが分からないような状態で戸惑っています。



3.脳の循環器障害は、脳内出血か血栓の2方向
   「出血」が大脳で起こると、くも膜下にしても、一発即死ですね。
   血管の血栓の場合、詰まった先の細胞が壊死。
   ドロドロも怖いが、過剰なサラサラも問題。
   ワーファリンの投与量はストライク・ゾーンが非常に狭く、
   併用している薬剤にも影響されるし、食事からのVKの摂取量にも影響され
   ますから、医師は正確な制御は無理でしょう。

===============================引用終わり

私的には、梗塞よりも脳出血が恐ろしいです。
母方の祖母と母は、脳出血で重い半身不随になり、
何をやってもマヒや痴呆が軽くなることなく死にましたし、
父方のいとこは、30代という若さで、くも膜下で、ほとんど”即死”でした。 



ワルファリンよりマイルドな血液サラサラ薬であるアスピリンでは、
脳梗塞を防ぐ効果はほとんどないが、脳出血をおこす割合がわずかに増え、
脳卒中全体では、アスピリンを飲んだほうがわずかに発症率が高くなります。
(ワーファリンのデータはほとんどないみたいです)

「血液をサラサラにする薬」 アスピリンの効果と限界
2015/2/23
https://style.nikkei.com/article/DGXMZO83393840Z10C15A2000000/
fc2blog_201711081028353e0.jpg
この記事は間違いないと思います。
私が持っている近藤誠さんの「成人病の真実」にも、大体同じようなことが書いてあります。
「成人病の真実」は2002年の出版なのであえて引用文は載せませんが、
10年たっても15年たっても何も変わっていない
「薬に頼るのは無理」
というか「自然に備わった体の営みを無理にねじ曲げようとしてはいけない」
あらためて思い知らされるばかりです。


「成人病の真実」を引っ張り出したついでに書いておきますが、
血圧を下げる薬も無意味のようです。
脳卒中を起こした人たちが血圧を下げると、発作の再発は減るが、
総死亡率は血圧を下げないグループと同じだそうです。
血圧が低い人に脳卒中の再発が多かったとも書いてあります。


比較的軽度の高血圧で、心臓や脳に疾患のない70~85歳の高齢者では、
【死亡】プラセボ群1人
     降圧薬群1人
【脳卒中】プラセボ群6人
      降圧薬群9人
【心筋梗塞】プラセボ群2人
       降圧薬群2人
【がん】プラセボ群2人
     降圧薬群9人

{「成人病の真実」p85より)
血圧を下げる薬では脳卒中を予防できないないばかりか
がんが増えると書いてあります。



コレステロールを下げる薬も、ワーファリンと同じような副作用があるようです。
http://database.japic.or.jp/pdf/newPINS/00067187.pdf
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する