FC2ブログ

俯瞰できることが大事

RIMG001uy.jpg
(水温は13度、でも金魚力士は元気で、なかよしです。
次男クン曰く、闘う人は英雄にはなれても、人の上には立てないよ。)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

当ブログにいただいたテレビ番組の情報です。

===============================引用はじめ
昔の記事にコメント失礼します。
興味深い話ですね。
NHKスペシャルで、来年の2月まで[人体]という臓器やガン細胞の分泌物質についての特集やってますよ。
脳が体を管理しているのではなく、全ての臓器が呼応して体が成り立っているという内容です。安易なダイエット、糖質除去、サプリメントの定期摂取、悪い部分の切除や強い薬を使うというのは、体には大変な負担だろうと感じました。
ご覧になっていそうですが、一応お知らせします。

2017/11/16 (Thu) 11:46
とおりすがり
==========================引用終わり

>脳が体を管理しているのではなく、全ての臓器が呼応して体が成り立っているという内容です。安易なダイエット、糖質除去、サプリメントの定期摂取、悪い部分の切除や強い薬を使うというのは、体には大変な負担だろうと感じました。

いただいたコメントの、特にこの部分は同感です。

身体の部分の異常を見つけては、
例えばがん腫瘍を見つけて、
がんと闘うことは何の意味もないのではないかと思います。
近藤誠さんが言うように、です。

私たちの身体は完成された小宇宙であり、
それを俯瞰できることが大切なのではないでしょうか。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

話がとっ散らかってしまって申し訳ありませんが金魚の健康の話の続きです。
金魚の水槽も小宇宙なんですよね。
俯瞰で見るとどうしたらよいかが見えてくると思います。

飼い主ができることは、餌やりと水替えぐらいのものです。
水槽から細菌やウイルスを完全に排除することはできません。

金魚さんの健康も、しっかり餌を食べてもらって、体力をつけてもらうこと、
病気になれば、頻繁に水替えをして、病原菌やウイルスを減らし、
あったかくしてあげることぐらいしかできません。
でも大体それで治ります。

水の全替えは賛否両論があると思いますが、
どんぶり金魚や、金魚の繁殖をやっている人は、普通に全替えをやっています。
私の場合、冬以外は毎日プロホースでの掃除と、
だいたい週一でのリセットに近い全水替えです。

水が汚れるスピードより、水替えの量や頻度が大幅に上回っている必要があります。
体力のある金魚の病気はたいていそれでかからないか、治ります。

病気が治らなくても、長生きしている金魚もいます。
うちの最年長のコメット(推定8歳メス)は、
産卵をきっかけに、おなかが膨らみはじめましたが、
転覆することもなく、エサ取りも上手で、ビュンビュン泳ぎ
おなかが膨らんだまま1年半の今も生きてます。
RIMG0014.jpg
(うちの最年長のコメットです。
老化で退色し、おなかが膨らんでいます(上)が
毎日、土佐錦用の高級餌と水草の食べ放題で元気です)


白点病も赤斑病も、それほど怖い病気ではありません。
薬なんか使わなくても治ります。
そもそも、病原菌が、カラムナリスなのかエロモナスなのか
ヘルペスによって衰弱した上での細菌感染なのか、
みたいな判断は私たちにはほぼ無理でしょう。
むしろ薬のチョイスや濃度を間違えたら命とりです。

魚病薬について
http://www.geocities.jp/tos_2344848/sub7-12.htm
発がん性があります
主成分は塩です。
この商品を使っても、難病であるエロモナス症の完治は難しいですね。
薬が強すぎて規定量を投与すると、病原菌よりも魚が先に死ぬ結果になります。

なんていう薬もけっこうありますね(笑)。

主成分が普通に殺虫剤(神経毒)なんていう薬もありますので
金魚が死なないまでも後遺症が出ては困ります。

塩と唐辛子(鷹の爪)とメチレンブルーがあれば十分だと、これを読めばわかります。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する