搾取される人はどこまでも搾取される。仮想通貨も同じ、依存症のなせる業

E383A4E38390E382A4E38288E383A4E38390E382A4E38288.jpg

昨日は大変なニュースがありました。

仮想通貨の
コインチェックの580億円が不正送金でパーになったとか。
マウントゴックス事件で仮想通貨はもう終わったんじゃなかったの?


不思議ですよね~
私の常識でいえば、投資、投機なんていうのは、資産家のご隠居さんのお遊びであって、
若い人が預貯金をつぎ込むようなものではありません。

先日も
「仮想通貨のCMは、頭の悪そうなタレントを使うのがミソなんやろうね~」
なんて話していたところです。
いまだにバブル期の亡霊がひとり歩きをしているのでしょうか。



私はブロガーなので、ほかの人のブログも読ませてもらっています。
ある30歳ぐらいの男性ブロガーなんですが、
この人大丈夫だろうか?と思った話です。

この人はびっくりするほどまじめな人で、
奨学金で国立大学を出て、
大企業に就職して一生懸命働いて、
奨学金を返し終わったころに
うつ病になって、休職を繰り返して、
うつ病が治らないうちにがんになって、
まず抗がん剤をやって、
がんの有名病院で手術をやる予定であり、
それから治験もやることに決めたそうです。

彼は幸せだそうです。

彼にとっては
栄養バランスの考えられた病院の給食はおいしいに決まっているし
看護師さんは、患者のために最大限のサービスを
提供してくれているに決まっているのでしょう。

なんと、このブロガーさんは仮想通貨をやっていて、
さかんに読者に勧めていたんです。
やばいよやばいよ…と思いましたね。

最近は抗がん剤の影響か、手術による入院中なのか
以前は1日3回ほども更新していたブログも、
ほとんど更新がされていません。
(だから出川ショックに続く、今回のゴックスについて、
彼はどう思っているのかはかり知ることはできませんが・・・)

これほど搾取されていて、しかも自覚のない人というのも、
珍しいのではないかと、、
そのブログが、忘れられないのです。

私が思うに、この人の問題点は、
家族との関係ぷっつりと切れていることにあると思います。

洗脳の基本は家族のつながりを断ち切ることから始まります。
家族(個人)のつながりがない人は、社会がすべてになります。
学校はすべて正しく、
大病院もすべて正しいのです。
大企業もです。
学校も病院も会社も家族を断ち切る方向に加速しています。

そしてインターネット上の仮想も正しいのです。



仮想通貨をやっていてももうけたのならいいではないか
という意見があるかもしれません。
しかしそうは問屋が卸しません。

仮想通貨はパチンコなどのギャンブルに似ていると思います。
仮想通貨依存になる可能性が高いと思います。
実際ネット上では、仮想通貨病とか、仮想通貨依存といった言葉が見られます。
FXも同じですね。依存症になっちゃったという人も多いようです。

ギャンブル依存は、もうかっているか儲かっていないかは関係ありません。
(最終的には損をしますが)

仮想通貨も同じです一時的に儲かるかもしれません、
もうかったことによってやめられなくなる可能性が高いのです。
(しかしCMなど、手数料ににどれだけお金がかかっているか
見ればわかるのですが、最終的には損になります。)
依存症とはそういうものです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する