さかなクンもっとしっかりしてよ・・・海の環境破壊がこれほどひどいとは知らなかった。

このところさかなクンさんがらみの記事を書かせてもらいました。
さかなクン(以下敬称略)がテレビ番組でギャーギャーとうるさかったので
SNSで批判されて熱を出したそうで、
私も最初はちょっと気の毒かなと思ったのですが、
今は「さかなクンもっとしっかりしなきゃダメ」って批判したい感じですね。


私は、グレートバリアリーフの環境破壊がこれほどひどいとは知りませんでした。
グレート・バリア・リーフは、完全に生態系が崩壊している
http://www.huffingtonpost.jp/2016/07/27/great-barrier-reef_n_11211150.html
===============================引用はじめ
o-PHOTO-900.jpg
オーストラリアのリザード島近くで起きているサンゴの白化を捉えた2016年3月の写真。
===============================引用終わり


私は20年ほど前に子どもを学校にやらずに、
ホームスクーラーとして旅行などをしていました。
息子2人を連れ3人で、オーストラリアへ行きました。
その時のグレートバリアリーフはすごかったです。
ハードコーラルだけの話じゃありません、
本当にすごいと思ったのは巨大なソフトコーラルや
葉緑素を持った巨大なシャコガイや
船酔いした長男クンのゲロを食べに来た巨大なアオブダイ?や・・・

RIMG0015was.jpg
(グレートバリアリーフの玄関口、ケアンズのパンフレット、
1999年になってますね)
RIMG0001.jpg
RIMG0002yyu.jpg



思えば、その頃が健全なサンゴ礁が見られた最後だったんですね。
たしかグレートバリアリーフへ行く数年前に、石垣島西表島間のサンゴ礁へ行ったのですが、
すでに川平湾では、白化現象が始まっていたという記憶があります。
いずれこうなるとはうすうす感じてはいましたがこうも早いとは・・・

今、、私は、眠れないほど悲しいです。



今スーパーなどの店頭に並ぶ魚がおかしいです。
原因は乱獲だと言われていますが、
これだけオーストラリアの生態系が崩壊しているのですから、
日本の漁場がおかしい原因は乱獲だけではないはずです。

日本ではどういうわけか原発は地球温暖化に関与しないということになっているようですが、
原発は大量の海の水や川の水でずぅーーーっと冷やし続けなければならないのです。
当然海水温はダイレクトに上昇しますよね。

●日本周辺の海水温、世界平均の2倍強の上昇
2007年05月15日 より
http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=176026

2013年12月20日
福井県・若狭湾の原発停止で北方系の魚介類が戻ってきた
https://nikkan-spa.jp/549459

どうも二酸化炭素悪玉説は、ウソっぽいですね。

普通、化学の常識では水は熱しにくくさめにくいと言われています。
二酸化炭素は空気より重いと言われています。
大気には放射冷却があります
(二酸化炭素が赤外線を吸収するのだというのですが、
その理由ははっきりしていません。
金星には二酸化炭素が多くて温度が高いからだというのですが、
そんな屁理屈言われても~~~っ!!、ですよね)

とすると、空気が熱せられるより、
水が熱せられるほうが危険性が高いのではないでしょうか。
海水温が上がって、上空が冷たいと、天候も荒れますよね。
台風が頻発しても大雪が降っても何の不思議もないのです。


さかなクンはまがりなりにも国立大学の先生なのだから言わせてもらいます。
まるで利用されている人のようで、危なすぎます。


健康に悪影響を与える可能性のある魚介類中に含まれる物質
http://www.maff.go.jp/j/syouan/tikusui/gyokai/g_kenko/busitu/


健康に悪影響がある水銀やダイオキシンは日本人の場合、
魚介類から摂取する割合が多いようですね。
上の農林水産省のHPには書いてありませんが、
放射性物質、マイクロプラスチックは言うに及ばずです。

これだけ海は広くても、
化学物質による汚染は確実に広まってしまったのです。

水銀が発達障害や情緒不安定の原因になると言われていることを
さかなクンは知っているのでしょうか?
(だからああいうキャラづくりはやめたほうがいいという意味ですよ)

https://matome.naver.jp/odai/2148029742936870401
ですから妊婦や小さい子供は魚介類はうかつに食べられません。
妊婦には厚生労働省も警告しています。

ということは海の魚も食物連鎖ができません。
人間の妊婦から生まれた子供に異常が出るのであれば、
魚介類にも異常が出ます。

私たちは先祖から受け継いできた財産をめちゃくちゃにされただけでなく、
子孫からの搾取も止められなくなりました。
私たちの子孫は搾りかすです。

枯葉剤(ダイオキシン)も、原発も、もともとは戦争の道具なんですよ!!



ところで蛇足ですが、
この記事は暗すぎるので良い事も書かないと。

ホームスクーラーで旅行などに行ってよかったと思います。
もう今じゃ見られないものを見たんですから。
おあずけにしなくてよかったです。

夏休みなどを避けて、旅行代金の安いときに行きますから。
日本人のツアー客にあうと、「学校は?」と聞かれるんですね。
「ばっかじゃなかろかこのおばさん」と思いました。
いくら机の上で地理や生物を勉強しても
実物を見るのには絶対かないませんよね。

今から思うと、母子手帳を捨ててよかったし、
ホームスクーラーもやっててよかったです。
「孫いらない」は言い過ぎかとも思ったのですが、
言ってよかったです。

それに、医者通いや服薬しなくても、痛いところもかゆいところもないこと、
お金に苦労していないこと。


こんな時代に現実から目を背けないで、静かに悲しんでいる。
一人で泣こう。
えらいぞ!!自分!!
スポンサーサイト

コメント

No title

悪玉と呼ばれる物も、実は、疾病を予防したりしています。目に見える物だけでなく、体内も生態系が成り立っています。寄生虫、細菌などなど。
また、サンゴについて、少し慰めになればと思いますが、草は、枯れ葉剤、ベトナム戦争でベトナム兵を見分けるために作られた除草剤、つまり枯れ葉剤を、撒いてもまた、生えてきます。
それは、根本的なところは、死なず、土の奥深いところで、再び芽を出す環境になるまで、時期を待つことができるからです。季節によって、自ら枯らし、葉の表面から乾燥で水分や栄養が蒸発するのを防いだりもしています。サンゴや海の生物は、地上の生き物より、不可思議です。
人間が先に絶滅するか、生ける屍になることでしょう。野生や自然は、人間の営みなど一瞬で不能にさせることができます。

  • 2018/02/06 (Tue) 15:43
  • w #Eqrp82SA
  • URL
No title

wさん、

>悪玉と呼ばれる物も、実は、疾病を予防したりしています。目に見える物だけでなく、体内も生態系が成り立っています。寄生虫、細菌などなど。

本当にそうですね。


慰めていただいて大変ありがたうございます。
そうですよね、除草剤を撒いてもまた生えてきます。

しかし私はサンゴより、人間のほうが大事なんです。
欲張りなことを書いている、と思われるかもしれませんが・・・
私は人間なので。

  • 2018/02/06 (Tue) 18:46
  • フォーミディブル #Ptq.3me.
  • URL

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する