がんは怖い病気というイメージを捨てることが第一歩

abffaaa496b930f0eb33f325bc3060e7.jpg
(小室圭さんは毎日警護を従えて、にこやかに出退勤されているそうな)

眞子さまの結婚延期のニュースがありました。
お相手の小室圭さんのお父さんは焼身自殺をされているそうで、
もうそこから、小室さんの人生に狂いが生じているわけです。
どこかでちゃんと狂いを治してあげなければ、
無理に前へ進もうとしても、人生行き詰ります。

小室さんは今勤めている法律事務所をやめて
アメリカで生活したがっているというわさもあります。
この人には生活力がなく、表面を飾ることしか能がありませんから
もしも破談になって、
このまま現実に向き合わないで、表面だけちゃらちゃらしていると、
結婚詐欺でもやるか、自殺でもするしかありません。

親の後ろ姿とは怖いものです。
特に男の子には父親の後ろ姿は必要です。
現実が見えないことは怖いことです。
離婚したとしても子どもには父親に会わせてあげたほうがいいですね。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


有賀さつきさん、52歳で急死 がんと独りで闘った
2018年2月6日5時0分 スポーツ報知

http://www.hochi.co.jp/entertainment/20180206-OHT1T50001.html

この訃報には驚きました。
しかし、がんと独りで闘ったとは・・・

私はですね。
がん検診のお知らせが来るようになった時点で、
息子たちに、がん検診を受けない、
がん治療も受けないと宣言してしまいましたからねーー。

しかし有賀さんの場合は、子どもさんが中学生だったら、
こういうことは言えなかったのかもしれませんが。


2015年1月14日 18:00
. 「またか…」有賀さつきの不快すぎる元夫批判に主婦層が総スカン!
http://www.asagei.com/excerpt/31116
しかしどうして言わなくてもいいことばかり言って、
大事なことは言わないのか??


私の場合は50歳の時点ですでに息子たちは成人していましたから
こういう終活みたいなことが言えたのかもしれません。
すんなりいいよと言ってくれましたから。

アラ還の今は、私の最後のお務めは
息子たちに自分の死にざまを見せることだと思っています。

私の親族、おばあちゃんたちや両親は、
がん治療を受けていないので、
安らかに眠るように亡くなってくれました。
それは本当にありがたいことだと思っています。
だから私は死ぬのが怖くない、私は幸せだと
人に言うことさえあります。

海老蔵さんのようにお父さんや、奥さんが
がん治療で苦しんで亡くなっていたらと思うと・・・
・・・そういう意味でもがん治療はできません。



人々はなぜ、
効果のないがん治療にはまり込んで苦しんで死ぬのか・・・
どこか生き方に間違いがあるんですよねー


先日ブックオフで安保徹さんのこんな本を買いました。
まだパラパラと拾い読みしかしていませんが、
なかなかおもしろい本だと思います

51kyVEu224L__SX339_BO1,204,203,200_

がんに関しての考え方はまさにこういうことだと思います。
昭和の初期までは日本は、貧しかったのです。
まさに北朝鮮のような状態だった時代もあったのです。

テレビでは絶対言わない、ネットにも書いてないことですね。
こういうことを言ってしまったら、
だれも副作用の強いがん治療を受けようとは思わないでしょう。
========================P104より引用はじめ
患者さんが治療の選択に迷う理由は、この病気のイメージがあまりに悪いからです。
がんと宣告された瞬間から死を連想し、恐怖感でパニックになったり、
悲観的になったりする人が実に多いのです。
しかしがんが怖い病気だったのは、食糧不足と、
寒さもしのげない住環境を余儀なくされた過去のことです。

しかし、現代の日本人は栄養状態もよく、冷暖房の整った住環境で暮らしています。
体力にゆとりがあるのでストレスを取り除き、体をいたわっていれば
十分な免疫力が発揮されてがんを治すことができます。
「がんは怖い病気」というイメージを捨てることで、
治療も選択しやすくなるのではないでしょうか。
==========================引用終わり

テレビでは毎日のように、毒を飲まされたりナイフで刺されたりして
元気な人が死ぬドラマをやっています。

ドラマは大げさだと割り引いてもですよ、
死ぬような病気の人が毎日病院で毒を飲まされたり、
内臓を切り取られたりして、それで元気になりますよと言われても、
信じるわけにはいきませんよね!?

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する