ご用心、若い人が狙われています。

臓器移植問題について、書いています。

これは6月頃に発覚した事件ですが、今朝の新聞にも記事がありました。
http://www.asahi.com/national/jiji/JJT201110130076.html
医師と妻、起訴内容認める=臓器売買事件―東京地裁
2011年10月13日19時6分

 腎臓移植手術を受けるために虚偽の養子縁組を結び、腎臓提供の謝礼金を支払ったとして、臓器移植法違反罪などに問われた東京都江戸川区の「堀内クリニック」院長堀内利信(55)、妻則子(48)両被告の初公判が13日、東京地裁(若園敦雄裁判長)であり、2人はいずれも「間違いない」と起訴内容を認めた。

こんな事件は珍しくないんで誰も気にも留めないのでしょうが、
この事件での被害者はいったい誰でしょう。

堀内両被告は暴力団関係者に、1000万円+800万円+200万円を払っており、
21歳のドナーは、200万円やるからとだまされて、腎臓をとられた挙句、
報酬として10万円をもらったということで、犯罪者として逮捕されました.
http://www.youtube.com/watch?v=3-RWa01Mm1E
盗られた臓器がどこにあるかは分かっているんです。返してもらえるんでしょうか。
この堀内とか言う医者は、「もらっちまえばこっちのもんだ」って言ってたらしいです。

(ちなみに、人工透析患者は、糖尿病の悪化で糖尿病性腎症になった人が一番多いそうです。
慢性腎炎の人より多いんです。そして糖尿病性腎症の原因は
糖尿病の治療法が合併症を悪化させるものだから・・・薬や、インスリン注射です。)

しかも手術をした医者が、宇和島徳州会病院の、万波誠・・・こわいですね~
うちのそばにも徳州会病院あるけど、ぶるぶる

ま、どんな方法であろうと、若い人が狙われていることは明らかです。

私にも、二人の息子がいますが、免許証や健康保険証の裏のドナーカードには、
臓器を提供しないに○を付けてほしいと、言ってあります。
生体間移植でも、私は反対の立場をとっているつもりです。

こういうことは、家族みんなが健康なときによく考え、
それぞれの考え方を、はっきり表明しておいたほうが良いと思います。
病院のベッドの周りで、家族会議を始めても、もう遅いですから。

免許証や保険証の裏のドナーカードもシールを貼り付けて見えないように
出来るようになっていますが、姑息ですね。
改ざんなんていくらでも出来るからです。

だから私は、シールを貼りませんし、自分は臓器移植に反対だし、
大切な人にもやってほしくないということを、積極的に、表明していきたいと思います。

ではここで「はんたーい!!」と叫ばせていただきます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する