FC2ブログ

ステロイド内服でこうなる

ステロイドの内服でムーンフェイスになると言われています。
私はムーンフェイスという状態がどういうものかよくわからなかったのですが
こういう状態だそうです。

堀ちえみ、リウマチ治療中ヒルナンデス出演 顔はステロイドの後遺症だった
リウマチと神経痛で治療中の堀ちえみ 闘病中でも働く姿に応援する声も
更新日: 2018年01月15日
https://matomedane.jp/page/2506
DTjaC9bVMAEYnov.jpg

この人は女性としてだらしないだけでなく、頭の中までちゃらんぽらんみたいです。
がんばりすぎないことと言いながら、
なんでテレビに出たり、ステージまでやらなければならないのでしょうか
ネットでは旦那さんの評判も良くない様ですが、
旦那さんの言動もおかしいですね。



堀ちえみ「2度の大病で知ったのは頑張りすぎないこと」
2017.7.4 11:30AERA
https://dot.asahi.com/aera/2017070300083.html?page=2

==============================引用はじめ
 そして今年、リウマチと神経障害性疼痛が判明。幸いにもリウマチは初期で、どちらの病気も薬で症状が治まっています。

 リウマチと神経障害性疼痛は比較的早くに公表したんです。膵炎のことを自分から話したのはかなり後ですし、腰や股関節がすごく痛かった時も周りを気にして隠していました。

 きっかけは、主人から「デビュー35周年のライブを待っている人がいるんじゃない? 舞台で走れなくたっていい。立って歌えばいいじゃない」と言われたこと。人工股関節だからライブは無理かもしれないと思っていたんですが、「黙っているほうが、ライブをしないほうが、もっと心配をかけるよ」と。主人の言葉に背中を押されました。
==============================引用終わり

膵炎、大腿骨頭壊死、リウマチ、神経障害性疼痛・・・

旦那の連れ子も含めて7人も子供がいて、
そのうえ病気ばかり抱えているちえみさんに、
ステージに立てと言う旦那さん、、
ちえみさんがちょっと気の毒な感じもします。

私が家族なら、お母さんでいてくれればいいと言いますが・・・

まぁ、自業自得でしょうね。

話がそれてしまいましたが、

花粉症などにも普通に使われている、ステロイド内服薬である、
プレドニンの副作用を挙げておきます。
http://database.japic.or.jp/pdf/newPINS/00010794.pdf
===========================引用はじめ
4. 副作用
再評価結果における安全性評価対象例2299 例中,副作用は512
例(22.27%)に認められた。主なものは,満月様顔貎が110 件
等であった1)。
(1) 重大な副作用
次の症状があらわれることがあるので,観察を十分に行い,こ
のような症状があらわれた場合には適切な処置を行うこと。
誘発感染症,感染症の増悪(頻度不明):誘発感染症,感染症
の増悪があらわれることがある。また,B 型肝炎ウイルスの増
殖による肝炎があらわれることがある。観察を十分に行い,異
常が認められた場合には適切な処置を行うこと。
1)誘発感染症,感染症の増悪(頻度不明):誘発感染症,感染症
の増悪があらわれることがある。また,B 型肝炎ウイルスの増
殖による肝炎があらわれることがある。観察を十分に行い,異
常が認められた場合には適切な処置を行うこと
2) 続発性副腎皮質機能不全,糖尿病(頻度不明)
消化管潰瘍,消化管穿孔,消化管出血(頻度不明):消化管潰
瘍,消化管穿孔,消化管出血があらわれるとの報告があるので
観察を十分に行い,異常が認められた場合には投与を中止する
など,適切な処置を行うこと。
3)消化管潰瘍,消化管穿孔,消化管出血(頻度不明):消化管潰
瘍,消化管穿孔,消化管出血があらわれるとの報告があるので
観察を十分に行い,異常が認められた場合には投与を中止する
など,適切な処置を行うこと。
4) 膵炎(頻度不明)
5) 精神変調,うつ状態,痙攣(頻度不明)
骨粗鬆症,大腿骨及び上腕骨等の骨頭無菌性壊死,ミオパチー
(頻度不明)
6)緑内障,後嚢白内障,中心性漿液性網脈絡膜症,多発性後極部
網膜色素上皮症(頻度不明):連用により眼圧上昇,緑内障,
後嚢白内障(症状:眼のかすみ),中心性漿液性網脈絡膜症・多
発性後極部網膜色素上皮症(症状:視力の低下,ものがゆがん
で見えたり小さく見えたり,視野の中心がゆがんで見えにくく
なる。中心性漿液性網脈絡膜症では限局性の網膜剥離がみられ,
進行すると広範な網膜剥離を生じる多発性後極部網膜色素上皮
症となる。)を来すことがあるので,定期的に検査をすることが
望ましい。
7)血栓症(頻度不明):血栓症があらわれることがあるので,観
察を十分に行い,異常が認められた場合には投与を中止するな
ど適切な処置を行うこと。
8)心筋梗塞,脳梗塞,動脈瘤(頻度不明):心筋梗塞,脳梗塞,
動脈瘤があらわれることがあるので,長期投与を行う場合には,
観察を十分に行うこと。
9)硬膜外脂肪腫(頻度不明):硬膜外脂肪腫があらわれることが
あるので,観察を十分に行い,異常が認められた場合には減量
するなど,適切な処置を行うこと。
10)腱断裂(頻度不明):アキレス腱等の腱断裂があらわれること
があるので,観察を十分に行い,異常が認められた場合には減
量するなど適切な処置を行うこと。
11)
(2) その他の副作用
次の症状があらわれることがあるので,観察を十分に行い,こ
のような症状があらわれた場合には適切な処置を行うこと
種類\頻度頻度不明
過敏症注1 発疹
内分泌系 月経異常,クッシング症候群様症状
消化器
下痢,悪心・嘔吐,胃痛,胸やけ,腹部膨満感,口渇,
食欲不振,食欲亢進,腸管嚢胞様気腫症
呼吸器 縦隔気腫
精神神経系 多幸症,不眠,頭痛,めまい,易刺激性
筋・骨格 筋肉痛,関節痛
脂質・蛋白質代謝 満月様顔貌,野牛肩,窒素負平衡,脂肪肝
体液・電解質 浮腫,血圧上昇,低カリウム性アルカローシス
眼 網膜障害,眼球突出
血液白血球増多
皮膚
ざ瘡,多毛,脱毛,色素沈着,皮下溢血,紫斑,線条,
そう痒,発汗異常,顔面紅斑,脂肪織炎
その他
発熱,疲労感,ステロイド腎症,体重増加,精子数及び
その運動性の増減,尿路結石,創傷治癒障害,皮膚・結
合組織の菲薄化・脆弱化
===========================引用終わり
スポンサーサイト

コメント

No title

突然の訪問、失礼いたします。
私はこちら⇒b--n.net
でブログをやっているさくらといいます。
色々なブログをみて勉強させていただいています。
もしよろしかったら相互リンクをお願いできないでしょうか?
「やってもいいよ」という方はコメントを返してくだされば、
私もリンクさせていただきます。
よろしくお願いします^^

  • 2018/04/06 (Fri) 11:13
  • さくら #-
  • URL
No title

さくらさん、

コメントありがとうございます。

この状態では、ブログ閲覧ができません。

コメント投稿面ののURL欄かどこかにブログのアドレスを入れていただくと、
さくらさんのブログが見られるのですが・・・・

  • 2018/04/06 (Fri) 17:05
  • フォーミディブル #Ptq.3me.
  • URL

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する