FC2ブログ

依存症に対処するにはまずは周りの人がイネイブリングをやめないと話になりません


hpver-130121-31-638.jpg
https://www.slideshare.net/tomomikomatsu1984/hpver-130121




依存症について書いています。
依存症にはイネイブラー(共依存)がつきものなので、
厄介です。

依存症者を回復させようとあるいは減らそうと一生懸命になることは
立派な共依存です。

依存症の人たちを回復させようとか、
依存症者を減らさなければいけないとか
あるいは依存症者への偏見と闘っている?とか
一生懸命に頑張って活動をしている人がいますよね。
時々テレビに出てたりするあのおばさんとか・・・

こういう人は私の眼には、共依存にしか見えません。

依存症本人は第三者が見ればおかしいとわかりますが、
イネイブラーは善人の皮をかぶっていますから、
イネイブラーにも問題はあるとはわかりにくいのです。

26181983_1991484487766393_7147593013890383872_n.jpg
https://www.piccorn.net/tag/イネイブリング



私は民生委員をやっていますが、
問題を抱えた人の世話をするという意味で、
民生委員も危ないと思います。

先輩委員の中には「適当にやればいいよ。」とか
研修の事例に対して「あれはやりすぎ。」とか
言ってくさださる方がいるので、ありがたいです。
こういうことを言う人は、男性に多いようです。

「頑張って一生懸命やりましょう」
なんてことになったら共依存になりかねません。

私たちは依存症でなくても、共依存にならないように
細心の注意を払う必要があるのです。




依存症者の問題にかかわることは、結果的にイネイブリングになりますから、
私たちは依存症者を放置しておくほかに、できることはありません。

(しかし防ぐ方法は確立していますから、防ぐことをすればいいのです
それは私たちがイネイブリングをしないことも含まれます。)


マドモアゼル愛さんは、依存症は趣味みたいなものだと言っていますが、
それでいいと思います。
依存症をなくさなくてはならないなんて言い出したら、
恐ろしい世界ですよ。

私たちは依存症者とは距離を置いて、放っておく・・・しかないようです。

依存症は個人の問題ではなく家族の問題であり、社会の問題です。
機能不全家庭の中で、
イネイブラー、ヒーロー、マスコット、などの役割を演じる関係ができ、
問題を起こす役割を背負わざるを得なくなった人が
依存症になるのです。
周りの人たちの問題を一人で背負っているので、
役を降りるのがきわめて困難なのです。

しかし、依存症になればどうしても本人が苦しむことになるので、
依存症を防ぐ必要はあると思います。

くどいようですが、まずは自分が、依存症になりかかっていないか
だれかを助けようと頑張っていないか、そこから始めないといけません。
それで十分だと思います。

自分に目を向けないで他人のことをとやかく言っていると
イネイブラーになってしまいますよ。

51SC1A0XFAL._SX316_BO1,204,203,200_
https://www.amazon.co.jp/アダルトチルドレンと共依存-緒方-明/dp/4414429110

記事中の画像はお借りしたものです。
本文とは関係ありません。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する