「がんとの共存」は、許されないのか?―友人の場合

朝日新聞の「患者を生きる」を読んで、がん手術の後の後遺症について書いてきたのですが、
大きな問題点は、
がん=不治の病=死
がん撲滅運動
などという、誤ったスローガンが当たり前になっていることでしょう。

これでは早期発見であっても全摘、抗がん剤、後遺症は何でもアリ・・・
といった、めちゃくちゃな治療も当たり前として受け入れられてしまうのではないでしょうか。

「患者を生きる」は生活欄で連載されている記事であり、
かなり情緒的な表現も多いので、だれでも読みやすい
(つまりシロウト向けにかかれたもの)のではないかと思います。
こういうシロウト向けの報道では がん=死です。

しかし同じ朝日新聞でも、ちゃんとしたがん医療のニュース記事では、
当たり前のように、がんには転移し、寿命を縮める本物のがんと
近藤誠さんの言うところの「がんもどき」つまり転移しなくて、寿命に関与しないがんが
あるということ、は前提の上で書かれています。
専門家には「がんもどき」があることは常識なんでしょう
(近藤さんが叩かれるのは)
専門家は「がんもどき」という便利な言葉を使えないというだけのことです。

本物のがんは、検診で見つかったときにはすでに転移しているといいます。
転移を探し出しては切るなんていうことは、現実的に無理なようです。


実際、がんになった私の友人も、転移を探し出しては、取る、あるいは叩くと言うのは、
衰弱するだけ、ぼろぼろになるだけできりがないということに気がついて
(転移したがんを抱えたまま)がん治療をやめることにしたそうです。

「原因はなんだと思う?」との問いに、
「仕事のストレス。」と答えた彼女。
デキル彼女だから、分かるわ~それ!! うんうん、いろいろあったもんね~(うるうる)

(私のパニック発作にも、ストレスと完ぺき主義は大敵!!
生活、生き方、を見直すのが、解決への近道!!)

もちろん仕事はやめて、肩の荷を降ろして、代替療法を試したり、
今は旅行に行ったりしているそうで、なんかこちらもほっとしています。
そんなにすぐには死にゃしませんよ。

もちろん「がんもどき」は、悪さをしないがんなので、治療する意味がありません。



乳房再建の記事について、
部分切除の後の放射線治療の記述があったので書いておきますが、

近藤誠さんも甘いところはあると思います。
手術には、切りすぎと言っているのは分かりますが、
放射線科の医者だから仕方がないのでしょうが、放射線治療にはやっぱり甘い、
それでも一応、正直に書いています。
線量が、ホンのちょっと少なくても多くてもダメだって。
そしてそのさじ加減ができる医者はものすごく少ないからたいへん危ないと・・・・

放射線治療も危ないのは同じ、現実的な話ではないように感じます。

それほど危険な放射線を、乳がんを手術でとった後の、正常なところに
どうしてかけなければならないのか、
本当にがんは治らないのか、
など・・・近藤さんの本にも矛盾点はあります。


もうひとつは、傍腫瘍性症候群、傍腫瘍性神経症候群について、
がんが治るときに現れる症状が、ちゃんと病名としてあるのですから、
がんが治らないとは、一概に言えないのではないのかということです。

これは、安保徹さんの「免疫革命」に記載されています。
http://aoamanatu.blog.fc2.com/blog-entry-43.html
http://aoamanatu.blog.fc2.com/blog-entry-42.html
少なくとも私は、免疫力を上げることで治るのではないかと思っています。
スポンサーサイト

コメント

ガン検診…しなきゃならないのかな?
と考えた事もありましたが、最近のガン撲滅運動の激しさにはウンザリです。
先日は国宝松本城がピンク色にライトアップですよ!乳ガン検診しましょう〜ピンクリボン運動です〜とパンフレット配布したとか。
うちの90歳近くになるじいさんは、ピンクで下品なお城を見て大激怒してました…

  • 2011/10/31 (Mon) 13:10
  • ピノコ #-
  • URL
No title

ピンクの松本城ですか??

失礼かと思いますが、笑っちゃいましたよ。
やれやれ・・・

派手なパフォーマンスをするお金があるのなら、
お金に困った患者さんのために有効に利用できないものでしょうかね。

  • 2011/10/31 (Mon) 13:22
  • フォーミディブル #Ptq.3me.
  • URL

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する