FC2ブログ

ギャンブル依存症は本人だけじゃない、まわりの者もやっぱりギャンブルやっているという事実がわかる記事

23bdd68d24233478491307a42858e965.png
http://agora-web.jp/archives/2022521.html
この人たちはアメリカのやばいカルトと、そっくり同じようなことを言っています。
http://www.scientology.jp/how-we-help/narconon.html
こんな立派な(セレブ専用の!!)施設がなければ
回復できないっておかしいでしょう?
ド田舎に・・・サティアンじゃあるまいし。

危ないと思いますね。
カルトは病人(弱みを持つ人)に付け込んできますから。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【特集】“家庭内窃盗”を繰り返し…精神的に家族を追い込む「ギャンブル依存症」の現実に密着
12/10(月) 7:01配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181210-00010001-kantele-soci
============================引用はじめ
■WHOでは「病気」に認定されている『ギャンブル依存症』
大阪のベイエリアの人工島「夢洲」に大阪府や大阪市は、万博に続きカジノを含む統合型リゾートIRの誘致を目指しています。そこで懸念されるのは、WHO(世界保健機関)で病気に認定されるいる「ギャンブル依存症」の増加です。この病、苦しめるのは患者本人だけではありません。

■『一瞬でのめり込み…』どん底まですぐに落ちる「ギャンブル依存症」
ここは、ギャンブル依存症からの回復を目指す民間の施設「グレイス・ロード」です。20代から50代までの約60人の男性が一緒に暮らしています。

日々、『ギャンブルからの脱却』だけを目指す生活です。

この施設に入るには、月16万円が必要です。回復プログラムの中心は、「言いっぱなし、聞きっぱなし」のグループミーティング。自分の中に抱えている辛い過去を、包み隠さず話すことが回復の第一歩になります。

回復施設はまだ足りないと語る
【ギャンブル依存症回復施設「グレイス・ロード」植竹淳さん】
「北は北海道から南は九州までお困りの方が利用されている。(回復施設は)足りない。お困りの方はいっぱいいる」
■『庭のコイまでも金に換えようと』依存症の恐ろしさ
3年前、親に勧められたれてこの施設に入った大阪出身のタカシさん。

(中略)

京都大学は、韓国にあるカジノの客の行動データを集め、「ギャンブルにのめり込んでいく兆候」を明らかにすることを目指しています。

京都大学 吉川 左紀子 教授
【京都大学こころの未来研究センター 吉川左紀子教授】
「普通にギャンブルを楽しむ行動と非常に危険な方向に変化していくギャンブルの行動とは何がどう違うのか、危険な行動に至る人たちにどういう特徴があるのか少しずつ分かっていけばいいかなと」
===========================引用終わり


もう笑っちゃいます。
肉体的には元気な若い男性たちが
仕事や趣味から離れて、
脱走できないようにド田舎の寮に、閉じ込められて
ギャンブルからの脱却だけのために
他人の狂った身の上話や、説教を聞かされ続けていたら、
どんなに健康な人でも、病気になります。

私ならそれこそ酒の一杯も飲まなければ
聞いていられないと思います。

オウムより刑務所のほうが健全でしょ?

昼間は刑務所で仕事をして、
ヒマなら、心屋仁之助かマドモアゼル愛の動画でも流しておいたほうが
心理的に安定するのではないですか?



どこかのカルトとかぶってきますね。
カルトという表現が悪ければ、マッチポンプでしょう。

ダルクなんかでは生活保護を受けさせて、
その分のお金を、まるまる施設にもっていかれるのです。

記事のギャンブル依存の施設では、
親に入所費用を出してもらっている人も多いのでしょうが
その親たちもギャンブラーですよね。

治る(回復する)という確信もないのに、
大金を賭けるのですから。

京都大学の先生が「少しずつ分かっていけばいいかな」
なんて言っているわけですから、今のところ何もわかっていないのです。
結果がわからないものに、金をつぎ込むことを賭博と言います。

ギャンブル依存の施設に大金を払う親たちがギャンブラーなら、
その経営に携わっている人たちは、胴元でしょう。

私が施設の元ギャンブラー職員なら、
「今日退所した、ユウキさん20代(仮名)は、
1か月後にまた戻ってくるか戻ってこないか」
入所者に賭けをさせるでしょう。
だって今度は胴元だから絶対儲かるし、
他人の目が入らないから、みつからない。

私は自助グループなどを否定しているわけではありません。
しかし
汚い肥溜めやごみ溜めにふたをして放置して、
病人が増えたからといって、
立派な病院を作り、病人やマスコミに消毒薬を飲ませたところで
何の意味もないと言いたいのです。

シャブ山シャブ子に難癖をつけるのはマッチポンプです。
この人たちは、依存症でない人たちを攻撃します。
カルトはマッチポンプをやりだすと怖いですね。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する