FC2ブログ

自然の乳房はいやでも日に日に垂れていく、インプラントの入れ替えが必要ないはずはない。

innpurannto.jpg
https://blog.gan-kenshin.com/2017/10/08/乳がん再建インプラント/
医者がインプラント入れ替えはないと断言していても
ガイドブックには入れ替えが必要と書いてある。
たとえ拘縮などがなくても、自然の乳房は、
日に日に垂れていく(苦笑)
入れ替えが必要ないはずはありませんよね。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「こんなはずじゃなかった」と怒る患者も… 乳がん手術後の乳房再建の現状〈週刊朝日〉
1/17(木) 8:00配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190109-00000072-sasahi-hlth&p=1
========================引用はじめ
乳がんの手術で、乳房をすべて摘出してしまった場合に、失った乳房を作る手術が乳房再建術だ。インプラント(人工物)を使っておこなう人工乳房再建の、保険適用から5年以上経った現状に触れる。
========================引用終わり


この記事のコメントには
大変重要と思われるものがありました。
(”いいね”が少ない・・・こういう意見に関心がないのは、困ったものですね)
========================引用はじめ
krb***** | 15時間前
病院で心臓を診ている者ですが、批判覚悟で一個人の考えを言います。

シリコンいれてほしくないです。

なぜかというと、心エコーが見えなくなるからです。
頑張って隙間を探して何とかして心エコー検査を全うするものの、中には全視野描出不可能なケースがあります。
乳ガンの化学療法の重篤は副作用に心機能低下があげられ、化学療法の際心臓検査するのはそのためです。悪くなる人は突然悪くなり、もうその薬は使えなくなってしまいます。
せっかく癌摘出し、抗がん剤で叩こうとしているのに、「抗がん剤のダメージから守る」ための検査が難航してしまったら、そっちで命を落としてしまうかもしれません。
以前、乳ガンの治験を行っている患者さんがシリコンを入れられ、治験のデータに必要な心機能指標EFを算出することができなくなりました。

女性にとって胸がなくなるショックは大きいですが、心臓は大事ではないのか?といつも思います。
========================引用終わり

こういう意見を見ると保険適用は、
矛盾していておかしいと思いますね。

インプラントとは化学物質であり異物です。
がんを恐れる人たちが、傷をいじくりまわし
化学物質を体に入れることに抵抗がないのが
不思議すぎます。

たとえ
再建手術が成功し、出来栄えが良かったとしても
10年ぐらいで入れ替え手術が必要になるのだそうです。
その時もうまくいくかどうかはわからないでしょう。
まだ始まって5年ですから・・・

ちなみに健康な人が豊胸手術を受けて、亡くなった人もいますし、
こういう重篤な後遺症もあるのです。
豊胸手術後の容態変化
https://www.bengo4.com/iryou/1118/b_690169/
=======================引用はじめ
全て妻(未届)からの又聞きですが内容の確実性は高いです。
取り急ぎ今後の対応を教えて頂きたいと思っております。

私の妻の妹(30代)が先日豊胸手術を受けました。
術後の容態が芳しくありませんでしたが術後で休んでいれば治まると思っていました。
ですが、手術から4日後に容態が急変し急いで豊胸手術をした病院に行きました。
そこで応急処置をしてもらったのですが一向に良くならないと言う事で、翌日救急で病院に向かいました。

診断が敗血症性ショックでした。

医者からも5分5分と言われております。

現在も集中治療室で闘っています。

もし助かったとしても後遺症が残る可能生が高いです。

妹はバツ1で2人(共に18歳未満)の子供がいます。

このまま泣き寝入りは絶対にさせたくありません。

今の状態から病院と執刀医の責任追求をしていくにはどのようなアクションを起こしていけばよいでしょうか?

救急搬送した時に執刀医に謝罪と病状を教えてほしいと言われましたがまだ伝えておりません。
b4_045bさん

2018年07月30日 22時01分
=========================引用終わり

美容目的の手術でなく、普通のがん治療の手術でも、
失敗されて、二度と病院から出られなくなってしまうことはありますからね。
中村勘三郎さんのように・・・



ここで、全摘がどうしても必要な治療か?
というところまで立ち戻ってみると、決してそうではありません。

ナグモクリニック・・・たぶん南雲吉則さんの記事だと思うんですが、
乳がんの手術法
大きく取っても小さく取っても生存率は同じ!

https://www.saiken.info/index3.html

これについては近藤誠さんも同じようなことを言っています。
がん治療はやってもやらなくても生存率が同じなんです。
大きく切り取れば、局所再発率は低くなりますが、
転移する悪質ながんは、見つかった時点ですでに転移していますから、
どちらにしろ助からないので、
手術は意味がないと私は認識しています。

実際、末期の乳がんで、
手術ができないと、医者もさじを投げたような人が、
放置して置いたら乳がんが治った人がいるのは事実です。
またがんもどきを手術したら切られ損です。

乳がんを放置しておくと、
皮膚を突き破ってがんが出てくることなどもあるそうで、
乳房が原形をとどめられる可能性は低いだろうと思います。
それでもがんが自然に治ることがあるのです。
がんが勝手に出てきてくれたら儲けものですよね。

乳房の形は悪くなっても自然治癒したのだったらすごい勲章です。
それが私だったら
私は私をほめてあげると思います。
私は10人の名医よりすごいぞって・・・




スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する