FC2ブログ

児童虐待の原因は結局”厳しい管理”、管理が厳しい社会では虐待は増えるばかり。

2500g.png

baby-tt-japan.jpg


出生時低体重児が多いのは、恥ずかしい話なんです。
低体重児が病気にかかりやすいのは、わかりきった話なんです。
女性が妊娠すると、
体重管理、体重管理、体重管理とうるさく言われます。
食欲旺盛な妊婦に食べさせないのは
ほとんど妊婦いじめです。

他にも血糖値がどうとか、まるで姑の嫁いびりみたいに、
細かいことまで言われますよね。

最近の妊婦さんたち、よく頭がおかしくならないものだと
感心します。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


赤ちゃんへのダイエット目的での虐待死事件で書類送検という、
ニュースがありました。

昨年話題になっていた、目黒の5歳児の虐待死事件でも、
たしか、ダイエットだと言って食事を与えていなかったようです。
これは”管理”であり教育なんです。
目黒の事件の親は、もう遊ばないと言わせたり
反省文を書かせていたようですが、
こういうのってきわめて学校的な、管理方法だと思います。


11か月の娘を浴槽放置「ダイエットを…」
2/15(金) 15:31配信
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20190215-00000055-nnn-soci
========================引用はじめ
2017年、埼玉県戸田市のマンションで、当時生後11か月の女の子を首に浮輪をつけたまま浴槽の中におよそ1時間半放置し、脱水症状で死亡させたとして両親が書類送検された。

重過失致死の疑いで書類送検されたのは、死亡した女の子の33歳の父親と36歳の母親の夫婦。捜査関係者によると夫婦は2017年1月、戸田市の自宅マンションで、当時生後11か月の二女を首に浮輪をつけたまま、浴槽の中におよそ1時間半放置し、脱水症状による低酸素脳症によって、死亡させた疑いがもたれている。

夫婦は容疑を認め、夫は「ダイエットをさせようと思い、娘を風呂に浮かべて自分は携帯ゲームをしていた。自由な時間が確保できて好都合だった」と供述しているという。
=========================引用終わり

上記のテレビニュースへのコメントからです。
=========================引用はじめ
キイロ | 1時間前

乳児検診で少しばかり子供がふくよかだったりすると、真顔でダイエットを薦める保健婦もいるからね・・・。
平均値をちょっと超えた程度の事で乳児にダイエットさせようとか、アホちやうか。
うちの子も言われたけど、3人目だったんで「そういうマニュアルバカな指導を新米のママさんにしたら本気にするし、実行したら虐待に当りますよ、冗談でも言わない方がいい」と忠告した事がある。
育児書・マニュアル・平均値・平均DQ・・・悲しいかな、全部「平均」なんだよ。
個々に育つペースが違うのが常識だと教えなきゃいけない立場の人が言うんだからね・・・。

=========================引用終わり

虐待親のアタマがおかしい以前に、
指導者といわれる人のアタマがおかしいのです。

虐待する人はある意味とてもまじめです。

今回の野田市4年生女児の虐待死事件の父親も、
外面が大変良い、まじめ人間でした。
彼には罪の意識がありません
彼は彼の指導者である
学校もしくは親の教育方針にまんまとはまったのです。

学校は外面の良いまじめ人間を作るのが目的で運営されています。
しかし、学校や家庭の内部では子供を大人が虐待するのは許されています。

この虐待親の教育は大成功だったというわけです。


天は乗り越えられない試練は与えないと
生後2か月から超早期教育を受けてきた誰かさんが言いました。

11か月でダイエットはありえる話だし、
くだんのアスリートが
今まで「神様は乗り越えられない試練は与えない」と
間違った認識をしていたのなら気の毒な話ですね。

つづく
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する