美容整形潜入記(笑)

今朝の朝日新聞にこんな記事が載っていました。
美容医療のHP規制へ 
料金などトラブル多発 厚労省

http://www.asahi.com/national/update/1104/TKY201111040515.html

まあね、分からんこともないんですけれど・・・

私の体験を書きますと、まず、私の場合、
美容整形をやっている病院を知るのは、ネットではなく、タウン情報誌でした。
ネットでもっと詳しく調べてから行きます。

美容専門のクリニックへ行ったことがありますが、そこは完全予約制で、
電話でどのような施術を受けたいのか話して、予約をとります。

専門クリニックは、駅前のマンションビルの中にあり、小さいので、
ほかの患者さんと顔を合わせることもありませんでした。

私の場合、左ほほに1センチぐらいの薄いしみがあるんですが、
レーザー治療3000円でした。
美白化粧品を買うよりよっぽど安いですね。

表面の皮がうすーくめくれてしみが薄くなったかなという感じ。
事前の説明では、レーザーが弱いタイプらしく2~3回やらないと消えないと
いうことだったので仕方がないのですが、
完全には消えませんがそこまではこだわっていないので、一回でやめました。


それから1年ぐらいたって、今度は内科の医院で
しみのレーザー治療をやっているところがあったので行ってみました。
こちらもタウン情報誌に、かわいいイラストでレーザー
(フォトフレイシャル=ワンクールで10~20万円かかる)で
すごくきれいになる、みたいなことが大きく書いてありました。
料金は、HPに細かく書いてありました。

こちらは郊外の大型ショッピングセンターの近く、
しゃれたいまどきの町医者といった感じで、
内科なので待合室には普通におじいさんとか、おばさんとかがいましたが、
30代と思われる女性が、大きな薬袋を抱えて帰っていくのは、
やっぱり美容のほうの患者さんかなと思いました。

それで例のしみを薄くしたいのでレーザー、
5mm四方一発、1050円のをやってほしいと頼みました。
ところがどっこい!!
あなたのしみにはかんぱんが隠れているかもしれないので、
レーザーをやると濃くなるかもしれないと言われました。
はぁーーっ??

情報誌にはあんなにレーザー
(フォトフレイシャル、くどいようですがワンクールで10~20万円かかる
はすばらしいと書いておきながら。
レーザーは「濃くなるかどうかは、やってみなければわからない」ですって!!
で、「お薬を飲め」ってさ!!
かんぱんの薬というとトラネキサム酸(トランシーノ、トランサミン)じゃないですか!!
その瞬間、あの大きな薬袋を抱えた女性の姿がよみがえって、
自分の身に何が起こったのかを了解しました。
そんなモンのめるか!!

・・・トラネキサム酸=トランシーノ・・・・
クチコミには多くの人が副作用があったと書いてあります。恐ろしいほどです。
http://www.cosme.net/product/product_id/2916267/top
生理が止まった、頭痛、腹痛、下痢、吐き気、冷え、蕁麻疹、倦怠感、
身体の痛み、こり、動悸、めまい、白髪、しみが濃くなる・・・・
これでもかと、ありとあらゆる症状が出てきます。
しみが薄くなっても身体がおばあさんになちゃったんじゃ・・・
おばあさんに出す薬はいっぱいあるじゃん、ここ!!コワー!!

もちろん治療拒否
相談料返せーっ!!

HPに料金を載せても載せなくても同じことです。
雑誌にも、タウン情報誌にも、どこにでもこんな広告はあります。

なぜHPだけが規制になるのでしょうか??わかんねーや。

それとも潜入捜査でもやりますか?
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する