FC2ブログ

「お母さんたちをこれ以上追い詰めないでほしい、温かい目で見守り、子育てを楽しむことができる環境をできるかぎり広げてほしい」これをやらないと、虐待はなくならない。虐待が減らなければ、日本はつぶれる。

虐待のニュースが多いです。
3歳の幼児に3か月の大やけどを負わせて
パチンコに行っていた親が逮捕されたそうですが、
虐待じゃないですね。
拷問殺人(未遂)のような親がたくさんいるんですね。



育児中のお母さんたちが抱く、知られざる「不安」とは
3/5(火) 6:05配信

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190305-00055644-jbpressz-soci
=======================引用はじめ

img_e8f73a0a5c7de891ba9cd46a485180be121307.jpg
子育てに寛容で温かだった日本をもう一度。

 (篠原 信:農業研究者)

 赤ちゃんを抱える多くのお母さんが、感じたことのある「不安」を、皆さんはご存知だろうか。

 「赤ちゃんがあんまり泣いていると、虐待だと思われて通報されるかも」



 1つ。虐待の通報が激増していること。

 児童相談所に寄せられる、虐待に関する通報は、平成29年度には13万件を突破し、さらに増加する勢いを見せている*1
。子どもの出生数は、いまや100万人を切っているのだから、その数の多さがよく分かる。 *1:https://www.mhlw.go.jp/content/11901000/000348313.pdf
 これだけ通報数が増えているのをみて、お母さんたちは「通報する心理的ハードルが下がっている」と感じているようだ。「虐待と感じたらすぐ通報!  それが市民のつとめ!」と、隣に住む人が考えているかも、と疑心暗鬼にならざるを得ない。実際、虐待のニュースが流れて、ネットでその反応を見ると、虐待する親を攻撃する傍ら、「虐待の疑いを感じたら、ためらわずに通報すべきだ」という意見をコメンテーターが口にしていたりする。これでは、お母さんたちが不安になるのも無理はない。

 2つめの原因。「子どもの声=騒音」という図式。

 最近、保育園を新設しようとすると、住民から反対運動を受けるというニュースがよく流れてくる。子どもの声は、いまや騒音なのだ。身近に子どもがいなくなり、たまに子どもの声が響くと、ほほえましく感じるというより、やかましく感じるようだ。電車に子供連れで乗ると、寝ている乗客が「チッ」と舌を鳴らしたり。新幹線に乗るときなどは、寝ている乗客の邪魔にならないよう、デッキに移動するお母さんたちをよく目にする。

 「育児で大変だなあ」といたわる空気より、「赤ん坊連れで新幹線に乗るなよ」というトゲトゲしい空気。子どもの声、特に赤ん坊の泣き声に対して、世間がいかに厳しいかをお母さんたちは感じている。「赤ん坊が泣くこと=ダメ母親」という厳しい見方が社会に蔓延していることを、肌身に感じている。子どもの、赤ん坊の泣き声に、いまの日本社会は非常に不寛容なのだ。

 3つ目。「ひものれん社会」。

 特に都会のマンション暮らしでは、「隣は何をする人ぞ」状態。いったいどこに勤めていて、何人住んでいるのかも分からない、ということが多い。

 隣の家の人との結びつきを、ちょっと考えてみよう。たぶん、全然違う会社に勤めている人だ。自分はたまたま今のマンションに住んでいるだけで、隣とは一切利害関係がない。利害関係といえば、数キロメートル離れた自分の勤める会社の方が強い。隣の人は別の会社に勤めているのだろう。だとすれば、隣の人との利害関係はまったくなく、国に納める税金のところで、かろうじてつながっている程度。国という、抽象的な存在を媒介にしてしか、隣人とのつながりはないわけだ。

 私には、日本社会は「ひものれん」に見える。隣のヒモとは接するくらいに近いのに、つながりは、ずっと上の方でしかつながっていない。ぶつかり合うほど近いのに、横のつながりがない。そのくらい、隣人は遠い存在だ。



 日本は本来、子育てに非常に寛容な社会だ。貝塚の発見でも有名なモースは、著書で次のように述べている。

「いろいろな事柄の中で外国人の筆者達が1人残らず一致することがある。それは日本が子供達の天国だということである。この国の子ども達は親切に取り扱われるばかりでなく、他のいずれの国の子ども達よりも多くの自由を持ち、その自由を乱用することはより少なく、気持ちの良い経験の、より多くの変化を持っている。」(E・S・モース『日本その日その日』)

 江戸末期や明治期の日本人を見て、外国人は、日本人がいかに子どもを可愛がり、大切に思っているかに驚きの目をみはっている。
 実は、西洋人は子どもに対して非常にシビアな接し方をしてきた歴史を持つ。子どもは「小さな大人」としか見ず、子どもっぽい振る舞いを可愛いと思うのではなく、「キリスト教徒にあるまじき振る舞い」として、ムチで教育してきた。



 子どもが生まれれば、ご近所の理解が大切、ということを、親御さんたちにあらかじめ伝えておくのもよいだろう。「ひよこボタン」のような、温かなメッセージが隣人からかけやすいよう、アイスブレーク(氷を溶かす)するのだ。

 児童相談所の現在の機能は、虐待の「事後」対応のみだ。それも欠かせない機能ではあるのだが、私は何らかの形で、「事前」の強化をもっとしていただきたいと思う。そしてその「事前」の対応とは、親子に厳しい視線を送る(虐待しないか監視する)のではなく、子どもの泣き声に寛容になり、地域全体で子どもを温かく見守る空気を作る、アイスブレークの役割だ。

 これは一案に過ぎない。ただ、本稿でどうしても申し上げたいことは、お母さんたちをこれ以上追い詰めないでほしい、温かい目で見守り、子育てを楽しむことができる環境をできるかぎり広げてほしい、ということだ。

=====================引用終わり

おおむね私も同感です。

前回の記事でメーテレUP!の動画を紹介しましたが、
がけっぷちに追い込まれた(虐待した)お母さんを、
言葉の暴力でたたきまくる、(ある意味精神的虐待)
コメントの多さは異常だと思います。

動画↓児童虐待 ~母が語る虐待の現実~
https://youtu.be/DxpwthUkysI


日本は西洋の教育をまねてから、おかしくなったのだろうと思います。
しかしヨーロッパでは、今までの教育が間違っていたと、
方向転換したようです。
私の意見としては昔の日本から学んだというより、
ヒトラーの過ちから学んだのだろうと思います。

今の日本の学校は過去の西洋式を踏襲しているし、
何より地域から、子どもを取り上げてしまいました。

(たしかに大企業に通う社畜を作るには
学校教育は都合が良かったかもしれませんが、
商店街などは、成り立たなくなってしまいました。
今は、大企業の存続さえ危ぶまれているのですが。)

すでに学校が”ひものれん”なんです。
”隣の教室に入ると校則違反で罰せられる”・・・みたいな。
学校は24時間365日玄関に鍵をかけておくべき・・・みたいな。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する