FC2ブログ

令和にあたって、皇居の行事でやめた方が良いと思うことと、私のこれからの生き方。

ph1-h211128-kinrohoushi.jpg
http://www.kunaicho.go.jp/20years/20kiroku/esyaku.html

こんなヤフー記事がありました。

天皇陛下に一般人がお目にかかる方法 体験者が語る「皇居勤労奉仕」の魅力
5/4(土) 11:00配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190504-00561188-shincho-soci

はっきりいって皇居勤労奉仕団なんてやめた方が良いと思います。
終戦直後に始まった習慣を続ける意味があるのでしょうか、
庭師を雇えばいいのではないですか?
それこそひきこもりを雇いなさいよ。

民生児童委員をやっていると、お金持ちのおばあさんたちの、
ボランティア趣味に付き合わされるのは困ったものです。

まず奉仕団は、ヒマとお金が有る人じゃないと参加できません。
私は参加したおばあさんたちからみやげ話として
自慢話を聞かされるのですが、
ノリは、はっきりいってジャニーズや
タカラヅカの追っかけと変わりません。

日数は4日以上かかり
費用は十数万円以上かかるようです。


べつに田舎のお金持ちのおばあさんたちが、
実際にはそれほど作業ができなくても
菊のご紋の入ったみやげ物にどれだけ散財しようが
知ったことではないのですが
いちいち両陛下がお出ましになる必要はないと思いますよ。

両陛下が
旅行会社やホテルやみやげ物屋の商売の、
片棒担ぐ必要はないと思います。

コインチョコレート-300x259
https://retty.me/area/PRE13/ARE2/SUB202/100001116072/10545224/
(下品で田舎くさい東京みやげ(爆笑)をだれも喜びません、
「大事な年金を使わないでくれ」と
私は常々言っているんですけどね)




皇后さま(雅子様)はご公務えり好みと批判されていますが
ヒマなおばあさんたちのご機嫌取りなんか
していただいてはいけないと思います

新しい皇后さまにはトランプ大統領とどう付き合うかとか、、
アジアやヨーロッパの王室との付き合いとか、
そっちの方がますます重要になってくるはずです。
そっちをやってもらわないと・・・

「雅子新皇后」ご体調に波、「ご公務選り好み」批判復活に懸念の声
4/25(木) 8:00配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190425-00560585-shincho-soci

「周囲からは“ご公務を選り好みされているのではないか”といった批判が出てきたのも事実です。これまでも、例えば各国大使とご接見なさる時、米国やオランダといった縁のある国々に比べ、その他の大使とはお会いになる回数が少なかった。また東宮御所の清掃をする勤労奉仕団へのご会釈にも、特定の団体の時にしかお出にならない。そういった指摘は、繰り返しなされてきました」(先の宮内庁関係者)

やっぱりね、無理なんですよ。



こっちはもっとひどいかもしれません。

2016.03.08連載鷲尾香一「“鷲”の目で斬る」
ナンセンスすぎる春秋の叙勲・勲章、呆れた内幕…受賞者の7割は公務員、功績無関係
https://biz-journal.jp/2016/03/post_14130_2.html


is-1128ha.jpg
http://jokun.shop-pro.jp/?pid=88676534
叙勲に関しても、もうね、耳がシャットダウンするほど、
自慢話の世界なのですが、
動くお金は奉仕団の比ではありません。
記念写真から額から、お祝い返しから
色留めそでを新調したとかいう話になってきて天井知らずです。

お金よりなにより、公務員が自動的に受賞者になるのですから、
意味がありません。

今や、半数以上の公務員が非正規という自治体も珍しくないようです。
本当に大切な学校や保育園は、なり手不足で超ブラックと言われています。
パワハラで自殺した若い非正規公務員もいるようです。
一流企業でもリストラの嵐にワーキングプア。
こんな風にしたのはいったいだれでしょう???

美智子さまの時代には、
都合が悪ければお耳に入ることがなかったような情報でも、
今は雅子さまだけでなく誰の耳ににでも嫌でも入る時代になりました

くどいようですが、こんな時代錯誤なことを、
新しい皇后さまにやっていただくべきではないと思いますよ。

こんなことをやっていたら、皇室が維持できなくなってしまうと思います。




本音と建前があまりにも乖離したことを続けていると
皇后さまでなくても、精神的におかしくなってしまいます。

私はこの新しい令和という時代に、
本音で生きようと思いました。
もう子供を学校へやる時代ではないと、言おうと思います
私は子どもたちを学校へやらなかったと正直に言おうと思います。
学校の片棒を担ぐのは嫌だと言おうと思います。

それと皇后さまが今後どうなろうと私は知ったこっちゃありません。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する