FC2ブログ

白血病新薬キムリアのお値段は3349万円・・・私たちはもうだまされない。

無題
2019年2月21日 木曜 午後7:49
臨床試験では白血病患者の80%弱で副作用が出ていて、
一部では一過性の心不全や呼吸困難などが起きたという。
https://www.fnn.jp/posts/00427880HDK

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

白血病新薬は3349万円
5/14(火) 21:36配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190514-00000164-kyodonews-soci
=================共同通信記事とコメントからの引用はじめ

 厚生労働省は14日、一部の白血病患者らに効果がある新型治療薬「キムリア」の価格を、3349万円とする方針を決めた。15日の中央社会保険医療協議会に提案し、了承されれば22日に公的医療保険の適用となる。


kam***** |
細胞表面抗原のB19が陽性のB細胞性リンパ腫又は急性白血病という患者さんが限られている血液がん治療薬なので、水泳の池江璃花子に使用されるかは不明です。
キムリアのような新しい分子標的治療薬のコストパフォーマンスは現時点では決して良くないでしょう。
魔法の薬はいくら待っても出てこない、しかし薬価が高い新しい薬がどんどん出てくる。
これは医学の発展の結果ですが、もう止めたらいいのか国家財政を破綻させても突き進むべきか国民全体で考える時期かも知れません。


pap***** |
必要なものなのだから3349万円で認証するのは構わないが
薬代3349万円、患者負担は10万円、残り3339万円は国民の血税
(生活保護やひとり親医療証の場合10万どころか数千円が上限になったりもする)
年間250人程度と言っても83億超が毎年税金で賄われるわけだ
現段階では250人であっても実際にはもっと増えると思う
すがる思いで効くかもしれないから使ってみたい患者が出、厳格な保険適用規定があってもどうにかして使おうとするだろう。
(今までも散々あった、美容目的の虚偽診療での某保湿剤とか睡眠薬など上げればキリがない)
その上、海外からの医療旅行者がこの薬目的で来るだろう。
ざっと毎年100億超は税金負担になる気がする。

この薬ができたからというわけではないが、せめて日本国籍の日本在住者に限定する保険制度の見直しや、高額医療上限制を大きく引き上げるべきだと思う。


ak***** |
新薬は保険適用外というのがあるし、それだけのお金を払って助かる保障があるのかって思いますね。17年前に妻が乳癌になり、4回入院して、3回手術に、8年前に再発、転移して、今回は手術した場合は成功しても歩くことができなくなると言われて、本人の希望でさまざまな新薬を試したけど、結局、今年の1月末に亡くなった。費用も半端じゃないくらいかかって貯金も使い果たし、2年前の60歳の時には年金の繰上げもした。平日は仕事で週末はアルバイト、とてつもなくお金がかかった。助かれば報われるけど亡くなるとね。考えてしまうね。

========================引用終わり

こういった新薬のニュースが出ると、
以前は、
医学の発達は素晴らしいと絶賛する人が多かった印象ですが、
さすがに最近は、手放しで喜ぶ人は減りましたね。

もう皆さん、うさん臭い話だと気が付いているのです。
魔法の薬はいくら待っても出てこないのです。
にもかかわらず私たちが長年払ってきた
健康保険料や税金がじゃんじゃん使われるのは、
たまったものではありません。



知ってる?「たった1剤で国が滅ぶ」新薬“オプジーボ”とは
更新日: 2018年05月03日
https://matome.naver.jp/odai/2146004179703593201
昨年ノーベル賞を受賞した本庶佑先生が作った
超高額抗がん剤オプジーボは
先生の受賞から半年ほどで、
脳障害の副作用と、
それによって死人が出たことが報道されました。
オプジーボ、11人に副作用=1人死亡、脳機能障害-厚労省
2019年05月09日16時25分
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019050900884&g=soc


iPS細胞もいまのところ実用化されていないようですが、
実用化されれば、またどえらい医療費が計上され
健康保険料が爆上がりするか、日本が財政破綻するといけませんから。、
山中伸弥先生にはマラソンか
研究室のねずみの穴ふさぎでもやって、遊んでいてもらって、
なるべく刺激しないように、寝た子を起こさないように
してもらいたいものですね。


ところで
先日も、自治会長さん(70歳ぐらいのおじいさん)に、
このブログの内容を少し話したのですが、
ジジババは病院へ行くべきではない。
がん検診も成人病検診もやるべきではないという意見に対して、
理解を示してくれました。
その話はわかると言ってくれました。

意識高い系の人は、ジジババであっても、もうわかっています。
これからも教育問題と医療の問題は、
ネットのなかだけでなく、
リアルで付き合いのある人たちに、
伝えていけたらいいなと思っています。



スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する