FC2ブログ

【川﨑カリタス児童襲撃事件】不登校とホームスクーラーはちがいます。ホームスクーラーのほうが上。

95gb5Fv.jpg
http://trend-journal.online/torimakiller
この事件の犯人はひきこもりだったようです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


最近不登校ユーチューバーが話題となりました。
ゆたぽん君はどちらかと言うと、ホームスクーラーでしょうね。
または積極的不登校という言葉でもいいかもしれません。

詳しくはこちら↓
2019年05月11日
不登校Youtuberゆたぽん君に思うこと
http://chanyamage.livedoor.blog/archives/17344128.html


不登校は、いじめなどにより学校に行けなくなり、
登校できるようになることが目標になります。
学校至上主義といっても良いかもしれません。

一方、ホームスクーラーは学校システムに否定的で、
学校へ戻ることが目的になりません。
学校に行くか家庭で過ごすかは、
本人または家族で決めることになります。

私は当ブログで、ホームスクーラーと不登校は、
ほとんど同じように扱ってきました、
実際、大きな違いはないからです。

しかし誤解を恐れないで書くならば、
不登校とホームスクーラーは上下関係で、
大きく隔たりがあります。

不登校ははっきり言ってダメダメです。
長年不登校でひきこもっていて、
おとなになってから、
社会でうまくやっていくことができるかというと、
私は、そんなことはまったく保証できないと思います。

今回の川崎カリタス児童襲撃事件も、
犯人は引きこもりだったようです。
家庭不和に
ひきこもり(学校至上主義→就職至上主義)
が加わると致命的だと思います。

川崎連続殺傷事件「引きこもり男」が“カリタス小”を狙ったワケ
5/29(水) 16:32配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190529-00010004-friday-soci


子どもは多くの場合不登校に至るまでに、
いじめなどで心身がボロボロに傷ついており、
むりやり学校へ戻そうとすることは、傷の癒しにならず、
むしろ傷に塩を塗りこむことになり、
下手をすると大傷となって。
一生後遺症が残る可能性があると思います。

ホームスクーラーは、傷つく前に学校へ行くことを、
やめており、家族に認められていますから
心身が傷つきません。

交通事故でも病気でも、軽症で
それ以上傷を広げない方が良いに決まっているではないですか

心の傷は体の傷以上にデリケートです。
死ななければいいというものではありません。
体の怪我でさえ、
死ぬまで後遺症で苦しむ人はいるのですから。

ですから
(この表現が適切だとは思いませんが、
ほかに言葉が見つからないので・・・)
”ヒエラルキー”では、
ホームスクーラーは不登校の上になります。
そして学歴は高いが弱い者いじめをしているような輩は
不登校以下である事は言うまでもありません。

パワハラ上司や体罰教師は最も嫌われる存在です。
親の体罰禁止が参院を通過したようですから、
これからますます、体罰教師にも厳しくなります。

不登校から、ホームスクーラーに
ステップアップすることはいたって簡単です。

実際ネットの書き込みでも、
学校へ行きたがらなくなった子供のお母さんが、
ホームスクーラーという存在を知って、
気が楽になったと、
ホームスクーラーをすることにしたと、
そんな書き込みを読んだことがあります。



すみません、
なんだかニュースがセオリー通りというか、
ショッキングというか、

下書きが追い付かなくて
うまく記事をまとめることができませんでした。

ほかにもスタンガンで虐待とか
文科官僚を含む官僚の薬物汚染とか・・

読みにくいかもしれませんが申し訳ありません。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する