FC2ブログ

これはひどい、子どもに対する暴行がわかっていない教育者たち…弱者への攻撃性は進行している?

AS20190521004091_commL.jpg

尼崎でまた…授業中に体罰 「再発防止」誓った2日後に
5/28(火) 5:00配信

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190528-00000005-asahi-soci
=======================引用はじめ
市立尼崎高校男子バレーボール部の体罰問題で謝罪する稲村和美市長(右から2人目)、松本真教育長(右端)ら=2019年5月21日、兵庫県尼崎市
 兵庫県尼崎市の市立中学校で23日、40代の女性教諭が体育の時間中に3年の男子生徒の顔をたたく体罰があったことが、市教育委員会への取材でわかった。けがは確認されていないという。市立尼崎高校男子バレーボール部で部員が一時意識を失うなどした体罰問題を受け、市と市教委が会見で再発防止を誓ってから2日後のことだった。

 市教委によると、市立中での体罰は3年生の学年体育の時間中に発生。教諭は、見学していた男子生徒の様子に腹を立て、顔を平手で1回たたいた。他の生徒らも目撃していたといい、市教委が当時の状況を調べている。

 尼崎市の稲村和美市長は市教委幹部と同席した21日の会見で、「(体罰根絶に)全市を挙げて取り組む」と表明。市教委は市立の学校・幼稚園全てを対象に体罰実態調査を始めると説明していた。市教委幹部は取材に「学校現場に伝わっていなかったのかと正直ショックを受けている。現場の意識を変えていかなければいけない」と話した。
朝日新聞社
==========================引用終わり
残念なことに、決して珍しい体罰事件ではありませんが、

この記事へのコメント欄を見て、
驚いてしまいました。
==========================引用はじめ
碓井真史 |
新潟青陵大学大学院教授(社会心理学)/スクールカウンセラー

困った子供たちが大勢いるとするならば、教師はある種、「猛獣使い」だ(生徒を動物扱いしているわけではない)。猛獣使いや調教師はムチを持つこともあるが、ムチで動物を動かすわけではない。戦っても負ける。ムチはボスであることの象徴であり、動物を恐怖や痛みで操るのではなく、信頼関係と報酬によって芸を仕込む。

体罰は学校現場では禁止であり、体罰には副作用が多い。人間関係を悪化させ、子供の自主性を奪い、体罰はエスカレートして行きやすい。ほとんどの教師たちは、愛と信頼関係と楽しい学校づくりの中で子供を指導し、より良い教育をしようと日々奮闘している。力だけで押さえつけることなどできない。

体罰の問題を学校現場に伝えなければならない。だがそれは、ファクシミリを1枚送ったり、校長会で教育長が説教するだけでは不十分だ。学校全体を支援しつつ、体罰のない教育現場を作って行きたい。私も支援する一人になりたい。
=======================引用終わり

いくら何でもやってはいけないたとえ話とか、
やってはいけない皮肉というのはあります。

これを大学の先生であり、
スクールカウンセラーがやっているのですから驚きです。
絶対やってはいけない立場というのはあります。

生徒は人間の子どもである、とことわっておきながら、
ムチでもって芸を仕込む猛獣使いに例えられた、
先生方の意見を聞いてみたいものですね。

コメント全体の意味もよく分かりません。
まるで中学生の作文みたいに意味不明です。

「私を支援者に「任命してください、
そしてお金儲けをさせてください」っていう意味でしょうか?
と皮肉を書きたくなるコメントですね。



追記、本日川崎で死傷事件がありまでした。
16人の小学生が51歳の男に襲われました。

くどいようですが、子どもを猛獣扱いするなんて、
冗談でもしてはいけません。
こういうことをしているから、
攻撃性が弱いもの=子どもに向くのです。

この、おとなによる子どもへの攻撃性は、
後戻りできないほどに、進行してしまっているようですね。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する