FC2ブログ

日本では弱者たたきが目に余る、日本語ではこれをいじめという。


DknPFhhVsAABEm0.jpg
今回の常磐道の事件は、自動車ヒエラルキーでしょうね。
学校ヒエラルキーによって骨の髄まで
いじめが洗脳された結果でしょう。

煽り問題に関しては、煽られる方も悪いという
意見もたくさん出ているようですが、
これは小学校のいじめっ子の屁理屈です。

煽りを犯すほうに非があるのは、明白です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


赤ちゃん「泣いてもいいよ」ステッカー広がる 親のマナーに苦言も
8/13(火) 9:00配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190813-00000504-san-life
====================引用はじめ
prm1908110011-p1.jpg

公共の場所での乳児の「泣き声」に寛容になろうと、「泣いてもいいよ」と書かれたステッカーを配布する取り組みが広がりを見せている。少子化の中、保護者の心理的負担を軽減して子育てしやすい環境づくりにつなげようという狙い。賛同する自治体も続々と名乗りを上げているが、「泣くのはいいが、親は放置せずに子供をちゃんとあやして」と苦言を呈する意見も。子供を育む社会のあり方に一石を投じている。(斎藤有美)
====================引用終わり

=================コメント欄より引用はじめ
lbs***** |
こういう発想と実行まで取り組まれた方々の温かさに優しい気持ちになりました。乳児の泣き声に肩身が狭い思いをされてきた子育て世代が、気持ちが楽になって自身の行動も広がってもらえたら。子育てを応援しようといいつつ、政治だの経済的問題をクローズアップしているが、周囲が乳幼児の泣き声を露骨に嫌悪したり、ベビーカーを邪魔扱いするとか日常レベルで子育てに寛容ではない問題も子育て世代を日々圧迫しているようにみえる。そういうピリピリ感が、引いては子供の生育過程の心身のゆがみに一因しているかも知れない。昔は、よその赤ちゃんや幼児が無くと誰とは言わず、あやしたり、子供に声かけしてコミュニケーションする風景が何処でも見られた。今これを遣ると、なんか悪者にされたりするみたい。悲しいし、息苦しい。

ter***** |
赤ちゃんが泣き止まずどうにもならないとき、なんとかあやしても対処してもどうにもならなかったら、最終的には焦ったり顔面蒼白になったりしなければならないんだね。それってアピールしなきゃいけないってことだよね。
なにしても泣き止まなかったとき、もうどうにもならないから逆に冷静になったとしても、あたふたした態度をしなきゃならないのめんどくさいね。
もちろん、泣き止まないとき、すいませんって周りにいうのも大切だけど、あまりに萎縮しすぎるとお母さんの自信も自尊心も低下するだけなのでは。
ただでさえ、手のかかる赤ちゃんを抱いて電車に乗って頑張っているお母さんにこれ以上ストレスを感じさせる意味ってあるのかなあ…

匿名 |
日本の少子化って、本質はお金の問題じゃない。育てにくい社会が問題なんだよ。
努力しない親がどうのこうの言う人達。確かにそういう親もいる。でもそれはほんの一部。注意しないのも、言うとエスカレートするからあえて無視するということもある。批判する人達は、子供に手がかからなかった親たちか、子育てしてない人達。何にしても経験もしてないのに批判だけするのは良くない。
子供育てるのって本当に大変ですよ。
暖かく見守ってくれる日本になることを切に願う。

fam***** |
社会の風潮を変えようという思いもあるのかな。
良い取り組みだと思う。
ただ親が責任をきちんと果たすのが前提だと思うけどね。
今仕事でアメリカに出向していて幼児が2人いるけど、アメリカだと子供と外出するだけで現地の方が笑顔で話しかけてくるし、子供が泣いててもむしろあやしに来る方もいるし、子供に寛容な環境だと実感してる。
海外は海外だから別だと言われてしまえばそれまでだけど、日本も良い方向に社会が変わってくれたらよいなと思う。
==================引用終わり

引用コメントのfam***** | さんはアメリカにお住いのようですが、
私はオーストラリアで同じような経験をしました。
当時小学生と中学生の二人の息子と、オーストラリアへ
長い旅行へ行ったのですが、現地の人は
○○をやってあげましょうか?みたいに言ってくるんですね。
ちょっとしたおせっかいというか、
叱るんじゃなくって、手伝うというスタンスみたいです。
なれない外国で、こうして声をかけてもらうことが、
本当に心強いもので、今でも忘れません

途中でであった日本人のツアー客からは、
「学校へは行かないのか」とか野暮な説教をされました。

せっかく楽しい外国旅行に来てまでこういう意地悪を言うのかと、
なんだか日本人はつまらないというか、
四角四面にしか対応できないというか、
つめたいなと感じました。

私が子供のころは、
地域で子どもを見ていました。
子どもたちは近所の家に勝手に出入り自由でした。

今は手を貸そうともしないで、
ネットで悪口ばかり言っています。
これではお母さんたちはますます
かたくなになってしまうでしょう。
なんで日本ではほかの先進国のように
あたたかい対応ができないのか、
残念に思います。

私は今は、トラブっている親子を見かけたら、
子どもには「どうしたの」と声をかけ、
お母さんには「子どもが小さいうちは大変ね」と
ねぎらうようにしています。
叱るのは意味がないばかりか、
お母さんの心を逆なですることになりかねません。

よく泣く子どもをコンサートや映画に連れて行くのは、
考えた方がいいと思いますが、
一般的な交通機関やスーパーなどはしょうがないと思います。



先日、自治会の避難訓練で、
体育館で防災士の話を聞声く機会がありましたが
子どもの参加者も多く
体育館での子どもの甲高い声や、
足音がものすごく響くのを
大人たちが実感できる良い機会になりました。
災害が起きたら
こういう音は我慢するしかないと言うことなんです。

子どもが泣く声は苦にならないが
親の態度に腹が立つといった、
屁理屈をこねているような人たちは
親を責めていても意味がないと知るべきでしょう。



それと
赤ちゃんが泣くのは、
不快な事象があるからだけではありません。
泣くことは歩けない赤ちゃんにとって
欠かせない全身運動なんです。
生理現象ですから、
トイレでうんこしているときに、
途中で止められないのと一緒です。
女性の生理出血を止めろと言われても
止められないのと一緒です。

赤ちゃんは泣くことで肺が強くなる?!
https://komachi.yomiuri.co.jp/t/2009/0601/243183.htm
=================引用はじめ
あのねぇ・・・
こまっちゃ
2009年6月3日 15:32
義母さんが正しい。いくら嫌いでも、年寄り馬鹿にしちゃダメだよ。

泣くって、どういうことか分かってる?肺呼吸のメカニズム知ってる?
知らないなら、勉強しようよ。

実際には肺だけじゃなくて、赤ん坊は泣くことで「身体を鍛えてる」の。
泣いてる時の赤ん坊を、目を皿のようにして観察してごらん?
背中を反らしたり、顔をゆっくり左右に振ったり、手足バタバタしたりしてないか?
そもそも、顔が真っ赤になるのは何でなのかな?

始めは泣くだけだったのが、寝返りを覚え、首が据わり、上半身を起こすようになり、
四つん這いになって身体を揺すり、ハイハイを始め、遂に立ち上がり、伝い歩きを経て直立歩行を身につける・・・。

これらの動作は、後のものほど全身の筋肉のバランスの良い連動が必要になる。
それを、赤ん坊は1年かけて準備するんだよ。

その「はじめの一歩」が、主に深層筋を使う「泣き」なの。
つまり、全て誕生直後の「オギャア」からつながってるんだよ。

生まれてすぐ歩く動物の子供は泣かないでしょ?必要ないから。
でも、人間には必要な修行なんだよ。

義母さんの言葉は、それを簡潔に言い表したもの。深いネ。

==================引用終わり

https://hanasacademia.com/post-353

https://www.cyzowoman.com/2012/06/post_6119_1.html

https://komachi.yomiuri.co.jp/t/2015/0521/714163.htm?o=0&p=3
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する