FC2ブログ

問題は人ではなく「発達障害」のレッテル。すごく儲かるし、人を選別するのに便利なツール。


DgBN74LUcAAqoYA.jpg
間取りチェー――ック!!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

私はこの発達障害肯定の本の、アマゾンのレビューを読んで
衝撃を受け、考えてしまいました。

先日も豊田自工の社長による終身雇用制終了宣言、
日産の1万人超のリストラ・・・

本当にひどい話なんですが、ありうる話だからです。
発達障害に気づかない大人たち (祥伝社新書 190)
星野仁彦
https://www.amazon.co.jp/product-reviews/4396111908/ref=cm_cr_getr_d_paging_btm_next_2?ie=UTF8&filterByStar=one_star&showViewpoints=0&pageNumber=2
=====================引用はじめ
統計的根拠の無いDSM3 もはや主観のみのDSM5 大学院生社会実験アカウント
5つ星のうち1.0
発達障害の研究はなぜ三流大学で行われるのか?
2017年9月28日
形式: 文庫
従業員にアスペルガーの社員が特に技術系の社員に多く、技術系の知識で食べられなくなった際に、アスペルガーとして差別、リストラをすることにより、事業転換が身軽に図れるといった点で、非常に示唆に富んだ一冊で会った。
ブラック社労士の首切りブログにもあるとおり、従業員に徹底的に仕事を与えずに、日本の終身雇用を崩壊させるために、アスペルガーを差別スキームとして活用することを考えた点で、非常に有益な一冊であったと感じる。
わが社でも、技術革新やIT化についていけない社員は非常に多い。こういった社員をすべてアスペルガーとして扱い、全世界従業員が20万名の組織において、毎年2万人ずつリストラを行えば、非常に素早く手軽に事業転換が行えるという解が論理的に導出される。
また、一国家としてのアスペルガーの診断の偏在をみると、監査法人や体育会系で人脈が広く、また結束力の高い慶応大学が東大の学生を出世レースと派閥政治にて閑職に追い込み、よって統計処理をした場合に東大にアスペルガーが多いと言われているそうだ。
全くこのような書籍は日本国民を堕落に追い込み、結局は社内での格差拡大を助長し、またはアスペルガーを解雇スキームとして認容し、また、普通の人間でもアスペルガーに追い込むことで組織の利益を図るという、多くの人のやる気を削ぐような書籍である
彼はアスペルガーの診断をすることによって、何をしたいのであろうか。
全く意味不明な一冊である。
アスペルガーの診断について主張する事はただ一つ、この診断を使う医師と周囲の理解によって、この診断は差別を助長し、他人の人生を崩壊に導くこともある。
医師が患者を社会的に抹殺することもあるのだ。
それが解らない医師はアスペルガーである。
DSM5ではアスペルガーの統計処理基準はなく、DSM3もその診断の科学的合理性は統計処理によって否定されている。
さもこういった診断が科学的裏付けがあるように言う医師は時代遅れで恥ずかしい限りである。
しかし、このような「差別の助長」が、日本医師会の時代遅れの現実なのである。
補助金商売は、やっぱり駄目。早めに精神科医の医療制度改革が必要である。
=======================引用終わり


発達障害のレッテルを人々をコントロールする
便利なツールとして、使っている人がいるということです。
儲かって笑いが止まらない人が大勢いるということです。

発達障害の子を持つ親たちが、
特別支援学校へ入学させたいと言うのが、
理解できません。

障害者のレッテルを貼ったほうが、
楽に生きられると発想することが理解できません。

大事なわが子をアリ地獄に突き落としていないか、
いま一度考え直した方がいいと思います。



先日発達障害だという若い男性の動画を見ていたんですが、

この男性は
東京でひとり暮らしをして、
ゲームセンターに勤めており
動画配信をしているのです。
動画では、何が言いたいのかちゃんと伝わってきて、
コメント欄に共感や応援のコメントもあります。

おかしいと思いませんか?
これって発達障害でしょうか?

ある日
この男性がゲームセンターの仕事をやめたというのです。
お客さんのクレームに対応できなくて上司に叱られ、
「発達障害、発達障害というのなら、どうしてコンサータを飲まないんだ、
コンサータを飲まないんだったらやめてくれ。」
と言われたそうです。
この男性は、
「最近コンサータを飲んでいなかったのは確かだが、
コンサータは副作用があるし、通院するのも大変だし・・・」みたいな。

これは本当に気の毒だと思いますよ。

この男性はこうも言っていました。
「自分よりもっと仕事ができないやつがいる、
彼は、それを自覚していないのにやめろと言われない」

自覚していないやつのほうが得をするのが現実かと・・・

ある意味これが事実だろうと思います。

この男性は律儀に医者に通い、
自分に発達障害のレッテルを貼ってしまい、
コンサータという、覚せい剤と同じような薬を飲んでしまいました。


ネット上には、発達障害と診断されて、
「ほっとした」「楽になった」と言う人を多く見かけますが、
まわりにしてみたら、たまったものじゃないかもしれませんね。

私の民生児童委員の相方は、ものすごいですよ。
民生児童委員が最もやってはいけないことを堂々とやります。
障害者や高齢者に差別的な発言をします。
私たちは訪問活動ということをしますが、
この人は、間取りチェック(笑)みたいなことをします

私はこの人が何を言おうと何をやろうと、
注意するようなことはしません、
この人は治らないし、自分が疲れるだけだからです。

放置プレイです。
苦情が出たら、
会長さんにでも市役所にでも、
任命した功労大臣にでも
ちゃんとクレームをしてください、と言うだけです。

この人は自覚がないので、それでいいのです。
「私は発達障害だから~」とか
言い出したら余計めんどくさいので、
このまま自覚しないでいてもらいたいです。

ネット上では、わが子を発達障害と自覚できない親を、
たたく傾向がありますが、
親が子供に発達障害のレッテルを貼って、
何か利益があるんでしょうかね?
何か良いことがあるなら教えてもらいたいものです。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する