FC2ブログ

ゆたぼんの動画は、ちゃんと現実と向き合っている。積極的不登校をやっている子供は、ホントに強い。




さすがゆたぼん君ですね。
ヤフコメ民よりまとも。
まなちゃんも、自然な表情でかわいい。

ちゃんと現実と向き合っています。
本当の意味で現実と向き合っている子たちは強いと、
動画を見ていてよくわかりますね。

○まわりの人と同じことをやっていなくても、
何の不利益もないことを身をもって知っています。

○たとえひとりであっても、
やりたいことをやることができることを経験しています。

○他人からの評価を恐れません。
○失敗を恐れません。

○学校の常識と一般の常識が違うことをよく知っています。

これはほんとうに強いです。
こういう人がまわりにいない人にはわからないかもしれません。


まじめにこの学校へ行っていた子たちが
自由に泣いていい部屋で泣いているそうな。
カレーが食べられない子がいるそうな。
家庭科室に入れない子がいるそうな。

まじめに学校へ行っていた子は弱いですね。
まじめに学校へ通っていた人=先生が
弱いことが、それを物語っています。
弱いからいじめるのです。


だれかこの問題に声を上げた子どもはいるでしょうか。
学校に見切りをつけた人が言うことじゃないです。
学校へ通っている人が異議申し立てしなければいけないことです。




ゆたぼん君が動画の中で指摘していたニュースです。
台風で「全員合格」、二次試験を免除 小学校教員資格認定試験で異例の対応
10/12(土) 15:37配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191012-00000003-jct-soci
====================-引用はじめ
教職員支援機構の公式サイトより
 教職員支援機構は2019年10月11日、台風19号の影響で小学校教員資格認定試験の二次試験が実施できないため、受験予定者全員を合格にすると公式サイトで発表した。

 異例の決定にSNS上では「延期じゃないの?」と驚きの声が相次いでいる。

■合格率は11~14%

 小学校教員資格認定試験は、教職課程を履修していなくても、教諭資格を得られる制度。二次試験は12、13日の2日間予定されていたが、「気象状況、鉄道等の交通機関の運行予定等を踏まえ、一部の会場で受験者及び運営職員の安全が確保できないことから、全会場で2日間とも中止と決定しました」と発表された。そのため、受験予定者は特例として全員合格にするとした。

 今回の決定にツイッターでは「延期じゃないの?」「普通延期でしょう…」と疑問視する声が相次ぎ、教員の質の低下を招くとの指摘も出た。

 今年度の出願者は917人。マークシートによる一次試験を経て、二次試験では、筆記、実技、口述試験が予定されていた。三次試験(指導の実践に関する事項に係る試験)は11月中旬に行われ、合格すれば小学校教諭の二種免許状が授与される。

 過去5年間の合格率は11~14%で推移。試験実施事務は2018年度から文部科学省に代わり教職員支援機構が行っている。
=====================引用終わり

どうも。二次試験は、人柄を見極めるような
マークシートより大切な試験に思えるのですが?

尾木直樹さんがテレ朝の番組で言っていましたが、
尾木さんのゼミで、教員になった人はゼロだったそうです。
とても優秀な学生も、教員にならなかったそうです。
学校へ実習に行って、やめようと思うらしいです。

玉川さんの突っ込みに、
尾木さんはテレビでは言えないことがあるそうです。
だいたい想像はできますが・・・

試験が全員合格になったとしても、
それでも教師の数が足りないとか言っていましたね。

もう学校は終わりました。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する