FC2ブログ

【閲覧注意】がん治療、受ける前はあらゆるテクニックを駆使して営業を仕掛けてくるが、治療の副作用が出れば手のひらを返して放り投げられるのを覚悟するべし。

【ABC特集】太もも周り120センチ 足首1メートルのむくみ がん治療の大きな代償 全国10万人「リンパ浮腫」患者の日常
11/1(金) 12:33配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191101-00010000-asahibc-life

20191101-00010000-asahibc-001-view.jpg
「太ももが120センチ。ひざ、足首が1メートルちょっとです。もう完全な寝たきりです、5年間」(太田さん)

================記事へのコメントから引用はじめ
mkmk | 1日前
母が子宮ガン手術のあと罹患しました。
事前の説明にはまったくなく、医師に訴えても「婦人科の管轄ではない」でまったく対処してくれず。大学病院では治療どころか対応してくれる科すらなかった。

漢方に頼ったり、民間のマッサージに通ったり、10年経ってようやく専門医を見つけた時にはもう症状が固定されていて足の裏の感覚は戻らないまま。発症後すぐに治療に入っていればもう少し楽だったはずなのに。
術後2割が罹患するのであれば、専門医を紹介できる体制くらい整えておいてほしい。

***** | 1日前
つい先日、脚が太い女性を見た。途轍も無く太かったので、病的に太っている女性かと顔をあげるとそこには痩せている女性。良く見れば、左脚のみ太かった。
仕事柄、リンパ浮腫の患者を目にすることは少なくないが、ここまで酷いのは珍しい。片足のみ見たことないくらい膨れていた。左脚だけ引きずるように歩いていて、とても重たく不便そうだった。
洋服もズボンが履けず、ロングスカートを履いていたが、違和感から目立ってしまっていた。
自分にもあり得なく無いことだと思う。肉体的にも精神的にも辛いだろうと察する。


昔の名前で出ています | 1日前
自分語りで申し訳ないですが、私は精神疾患で薬を飲んでますが副作用で太りやすくなり、その時の主治医に相談したら
「精神疾患が軽くなってるんだからいいだろ!」
的コメント…。 
がん患者の方も医者的発想なら
「死ななきゃ良かっただろ!」
なんでしょうね。
身体が治っても今度は精神がやられてしまう。
心と身体が表裏一体とわかってる医者が果たしてどれだけいるのやら…。
====================引用終わり


要するにがん手術の後遺症で2割ぐらいの人がリンパ浮腫になるんです。
手術前に後遺症の説明がないことが多く、
また治療法も、薬が効かず、
マッサージや包帯でぐるぐる巻きにする等しかありません。

私は過去記事で数回、リンパ浮腫について書きましたが、
はっきり言って、こうなってまで生きていたくありません。

がん手術とは、神様からもらった大切な臓器を、
ごっそり切り捨てるのだから、
何が起きても不思議ではありません

がん治療の大きな代償は手術だけではありません。
抗がん剤やホルモン療法も、
それによって死ぬほどの副作用があるのです。

私は知らないうちに
がんが進行していてぽっくり死ねればそれでいいです。
還暦過ぎたら、それで誰にも文句は言われないと思います。
っていうか・・・むしろ感謝されるでしょう。

がん治療はものすごくお金がかかります。
何千万円という抗がん剤が、税金によって
よぼよぼの高齢者にまで使われているのです。

それでも近藤誠さんによれば、
がん治療は受けても受けなくても余命は変わらないと言います。
近藤理論を信じるか信じないかは、個人の判断なんですが、
こういうのを見たらやっぱり近藤理論は正しいとしか思えません。


もちろん私は、
がん検診成人病検診、すべての検診を受けていません。

病院というところは、
行きはよいよい帰りは恐い

と考えて差し支えないということでしょうね。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する