FC2ブログ

コロナウイルスでも何でもみんな同じ、結局最後は自分自身の免疫力。

コロナウイルスにかかったら飲んではいけない薬:フランスの厚生大臣が発表
今井佐緒里 | 欧州研究者・物書き・編集者
3/15(日) 9:30
20200315-00167830-roupeiro-000-37-view.jpg

https://news.yahoo.co.jp/byline/saorii/20200315-00167830/
=====================引用はじめ
フランスの厚生大臣オリヴィエ・ヴェラン氏が、コロナウイルスに関して、イブプロフェンを服用しないほうがよいと推奨した。
イブプロフェンとは、非ステロイド性の抗炎症薬(NSAID)に属する。これは、炎症や痛みなどを抑え、熱を下げるために使われるものだ。しかしこの薬は、既にかかっている感染症を悪化させ、合併症を伴わせる可能性があるのだという。(筆者注:イブプロフェンは市販の薬に使われている)

(中略)

複数の医者が、発熱のためにイブプロフェンを服用した後、併存疾患がないにもかかわらず、重篤な状態に陥ったコロナウイルスの若い患者の例を挙げているという。
このためフランスでは、非ステロイド性の抗炎症薬は、「フランス医薬品・保健製品安全庁(ANSM/L'Agence nationale de securite du medicament et des produits de sante)」による警告の後、1月15日以降は薬局で自由に買うことができなくなっている。
同じことは、パラセタモール(アセトアミノフェン)を含む医薬品にも当てはまる。
パラセタモール(アセトアミノフェン)はあまりにも多く服用すると、重大な肝臓障害を引き起こす可能性があるもので、時には致命症になりかねない。
(後略)
======================引用終わり
タマちゃんの暇つぶしから
https://1tamachan.blog.fc2.com/blog-entry-19994.html#more


これはもっと声を大にしていってほしいところですね。
私も風邪の時にイブを飲んで、七転八倒(笑)した経験があります。
それ以来漢方以外は怖くて飲めなくなりました。

解熱剤だけではないです。
もう当初から、免疫抑制剤(ステロイド等)ダメ、
抗がん剤ダメといわれているんですから。

今のところ株価などを見ると、経済は崩壊しかかっていますので、
イタリアのように、人々が病院に押しかけなくても、
日本でも病院経営が成り立たなくなって、
病院がつぶれるかもしれないので、
最後の頼みとなるのは、自分の免疫力です。

社会的な病院は、やっぱり隔離施設ですね。
医者は一人一人の体の中にいるのです。

どんな病気であろうが、
自分で自分の免疫力を高めるのがいちばんの得策です。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

フォーミディブル

Author:フォーミディブル
ふたりの息子を、ホームスクーラーで育ててきました。
母子手帳も捨てました。
2020年からは、大きな変革がやってきます。
社会のウソはあばかれ、
ホームスクーラー有利の時代になりました。
ワクワクの時代に乗り遅れないように
情報を分析し自分の頭で考えていきましょう。

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

Powered By FC2ブログ