FC2ブログ

【サイコパスはウイルスより恐い伝染病】アリの一穴は十分ありうる話

Eb1ZMKmU0AAufSj.jpg
もうね、こういう数値は、デタラメ。
計画的に都合よく作られるんです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ここ数日感染者数が増加しています。
特に、新宿等の夜の街と言っていますが、
これも計画どおりに進められているにすぎません。

コロナ感染なら「見舞金」10万円…新宿区、在住者対象
2020/06/12 07:51

https://www.yomiuri.co.jp/national/20200611-OYT1T50312/
=====================引用はじめ
 東京都新宿区は、区内在住の新型コロナウイルス感染者を対象に、1人当たり10万円の見舞金を支給する方針を固めた。感染すれば本人だけでなく家族も就労などが制限されるため、生活を支援したい考えだ。

 区内の感染者は10日時点の累計で463人に上り、世田谷区の491人に次いで都内で2番目に多い。新宿区によると、区内では3月下旬から繁華街の飲食店などで感染が拡大。その後、いったん減少に転じたが、現在は再び繁華街で若年層の感染が増加している。
 区は保健所の調査で、感染者本人と濃厚接触者の家族が、仕事を休まざるを得なくなって生活が困窮している状況を把握。収入が減って苦しくなった家計を助けることにした。
 区の担当者は「消毒液やマスクの購入に充てるなど、少しでも生活費の足しにしてほしい。なるべく早く手元に届けたい」と話している。区は、関連経費を盛り込んだ今年度一般会計補正予算案を開会中の区議会定例会に近く提出する。
======================引用終わり

夜の歌舞伎町の様子を動画で見ました、
警察か区役所かわかりませんが、職員が
拡声器で、客引きは違法だとかどーとかわめき続けていました。
こんなことを一般人がやったら、
確実に営業妨害でパクられるんじゃないかと、
そういうレベルの嫌がらせをやっていましたね。

そうやって営業妨害をやっておいて、
感染者は休業に追い込まれたから、
10万円あげるって、
検査を受けないではいられないように誘導していくんですね。
その結果が今回の感染者の増加でしょう。

こういう狂人の臭い芝居に付き合わされていると、
こっちの頭までおかしくなります。

私は30年陰謀論(今は事実)の研究をしています(笑)
学校はそれへの洗脳機関であると見破りました。
10年間ブログで情報の発信を続けてきました。

陰謀論(今は事実)のプロ(笑)であっても、
精神的におかしくなります。

サイコパスは伝染病なんです。
精神を病む人がますます増えるでしょう。
精神薬(つまり合法覚せい剤)をのむ人も増えると思います。


記事中、区の担当者が、
10万円で消毒液やマスクを購入してくれと言っているのも、
なさけなくなります。

私たちが、病気の人に見舞いをもっていって、
普通そんなことを言いますか?
本物の発達障害とは、こういう役人のことを言うんです。

栄養のあるものでも食べて、
養生してくださいぐらいのことがなぜ言えないのが、
本当になさけないです。



でもですね、悪事は長続きはしません。
人々は首長の一挙手一投足に注目し、
ちょっとした言葉尻も、決して見逃しはしません。
アリの一穴で牙城が崩壊するという可能性もあります。
ポジショントークしている山中伸弥等の学者、
テレビタレント、インフルエンサーも同罪ですね。

マドモアゼル愛さんは、
早ければ8月ごろに、小池さんの身に何かあると言ってます。
それまで、少しでも被害者が減るように、
情報発信を続けていきたいと思います。


次回詳しく書きます。
必見の記事です。↓↓

崎谷 博征
『ロックダウンは最も死亡率を高める政策』
https://ameblo.jp/nomadodiet/entry-12608525279.html

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

フォーミディブル

Author:フォーミディブル
ふたりの息子を、ホームスクーラーで育ててきました。
母子手帳も捨てました。
2020年からは、大きな変革がやってきます。
社会のウソはあばかれ、
ホームスクーラー有利の時代になりました。
ワクワクの時代に乗り遅れないように
情報を分析し自分の頭で考えていきましょう。

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

Powered By FC2ブログ