FC2ブログ

コロナは黄門さまの印籠と同じ・・・コロナ脳の防ぎ方。


129180272.jpg
素晴らしい印籠ですが・・・

お買い物はこちらでどうぞ。
http://www.itokumihimoten.com/?pid=129180272

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

最近、なんだかコロナ脳と思われる人が目に付くようになりました。
地元のこじんまりしたスーパーで、マスクをせず、
ハンカチを口元に当てて、
下を向いて、隅のほうをこそこそ歩く人を、
2,3人見かけました。
マスクでアレルギーが出たりする人が多いのでしょうね。

私は、吐きそうなのかな、ワケアリかなと、
ついつい顔を見てしまいました。

マスクを着けると、肌荒れする、
頭痛がひどくなって寝込むほどだ、
咳や鼻水がひどくなって困っている。
ネット上にはこういう声がたくさん見受けられます。

73x7534n4x1t9tdcqze5fpawe8qss3.jpg
マスクによる肌荒れ、アルコールによる手の荒れも。
https://www.tokai-tv.com/newsone/corner/20200423-coronahadaare.html

マスクが合わないなら合わないで、
ノーマスクで普通に歩けばいいじゃないかと思うのですが、
同調圧力に負けて、そうできないのが問題でしょうね。

私はノーマスクで口紅つけて、ほお紅つけて、
ヒール靴履いて
背中が丸くならないように胸を張って歩くようにしているのですが、
堂々と歩いた方が怪しまれないと思いますよ。
地元のスーパーはノーマスク率も高いですし。


雨の中、カッパを着て、マスクして、自転車に乗っている人もいます。
濡れたマスクは酸欠になりますよ、窒息しますよ。

自転車の前後に幼児を乗せて、
カッパにマスクのお母さんを見かけました。
これは危険なので、最低限マスクはやめてください。

ここへきて若いのに、何が危険なのか判断できない人は、
もう戻れないでしょうね。

実際、10年前の新型インフルエンザのころにマスク依存になって、
10年たっても戻れない人が結構いるんですから。
こういう人は病気ばかりしていますよ。


私は民生委員の、職権乱用(笑)して
なにげに近所の人たちを教育していますね。

まず外出しようとしている自治会長に声をかけました。
「おでかけですか」
「ゴルフ」
「いいねー、楽しんできてください!」
と満面の笑顔で、見送ります。

ゲートボールをやって、お昼は定食屋で
おしゃべり会をやるという、おばあちゃんたちには、
「元気がいちばんやよねー」と笑顔で言います。

ノーマスクで気まずそうにしているお年寄りには、
「マスクも良し悪しだよ、熱中症になったり、酸欠になったりするでね」

スーパーで近所の人に会ったときは、
笑顔で「こんにちわ」と言います。
ノーマスクでも文句は言わせません。

これ、地域のジジババを教育しているんです。
褒め殺しですな。(´∀`*)

通学の交通整理もノーマスクでやります。

これは他人のためにやっているのではありません、
自分の住む地域で自粛警察やマスク警察が跋扈すると、
自分が住みにくくなるから、自分のためにやっているのです。


馬淵大使だったか誰だったか忘れましたが
コロナは水戸黄門の印籠みたいなものだと言っていて、
感心するやらおかしいやらで、
じんわりとした笑いが止まりませんでした。

要するに
黄門様というエライお爺さんが持っていたピルケースが、
他の人々が持っているピルケースと
描いてある文様デザインが違ったのです。
それだけの話なんです。

でも、ピルケースの文様をすごく恐れ、
ひれ伏し、
どんな無理難題でも通ってしまうのです。

そりゃあ若い者は黄門さまの言うことを聞きませんよ
ジジイの印籠より
若い人たちが持っているスマホ、PCのほうがどれだけ強力かということです。
若い人たちは、スマホやPCを、もっと有効に使いこなしましょうね。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

フォーミディブル

Author:フォーミディブル
ふたりの息子を、ホームスクーラーで育ててきました。
母子手帳も捨てました。
2020年からは、大きな変革がやってきます。
社会のウソはあばかれ、
ホームスクーラー有利の時代になりました。
ワクワクの時代に乗り遅れないように
情報を分析し自分の頭で考えていきましょう。

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

Powered By FC2ブログ