子宮頸がんワクチンの危険性、朝日新聞っていったい??

今朝の朝日新聞、ニュースがわからん!(←それぐらいわかれよ!)でアウルさんが、
新しい子宮頸がん予防のワクチン「ガーダシル」の発売が認められることになりそうだと、
解説していました。


今までの子宮頸がんワクチン、いやそのほかのワクチンでも、副作用は付き物です。
「サーバリックス」でも失神する人が出たそうです。
外国では死亡例もあるそうで、これはあかんやろ、と思うのです。

ウイルス感染が原因だというのなら
コンドームによる予防効果をきちんと立証する必要があると思います。


朝日新聞はどういうわけか、ピルを強力に勧めていて、
以前にもこのワクチンとワンセットで勧めるかのような記事もありました。

ピルは発がん物質です。
それなのに望まれない妊娠より安全性が高いと言っています。

女性を馬鹿にしています。

男性の心を引き止めるために性交渉を許してしまう。
そういう女性が多いとしたら、それは教育や、社会の構造が間違っています。
先進国とはいえません。

性交渉を、何も考えずに求める男性が多いとしたら、
それはただのアホです。
先進国の人間とは思えません。

もっと言えば
はたしてレイプされたときの事を考えてピルを飲む人がいるでしょうか。
子捨てを防ぐ先進国らしいやり方が女性にピルを飲ませることでしょうか。

ピルが避妊に一番効果的だというのもうそです。
消化不良でも起こしたら、何の意味もなくなってしまいます。


やみくもにピルを勧めておいてその挙句に、
コンドームでは防げないと、取って付けたように書いているんですよね。
信じられるでしょうか・・・・コンドームを正しく使えば感染率が抑えられるというデータもあります。
だから私は信じません。
ワクチンもピルもです


それからむやみに産婦人科の診察や、がん検診なんか受けないこと、

副作用を覚悟してまで接種しなければならないワクチンが必要だ、
恐ろしいと、散々あおっていますが、

別に性行為をしなくても、接触感染もするんです。
婦人科の器具や診察台、医者の手に、
ヒトパピローマウイルスとやらがいないなんて、
誰も保障してません。

あんなところへ皆さん平気でお尻を置けますか?
あんなところへパンツを脱いで座るなんて、私はいやです。
デリケートなところが傷つけられない、
という保証もありません。

内臓などにつく傷や、医療用放射線も、がんの原因であることはいうまでもないのです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する