スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先進医療、粒子線の秘密・・・その3

先進医療、重粒子線について書いてきましたが、
近藤誠さんの著書によれば「治療」とはいえないようです。
「人体実験」ですから当然健康保険は使えません。

どうしても人体実験の実験台になりたい人は、
300~400万円の自費がかかりますから、
任意のがん保険、医療保険に入っていないと、普通の人はまず無理です。
がん保険加入は必須ということになります。


・・・で、昨日12月16日の朝日新聞朝刊、7面より
=====================引用開始
教えて!TPP  かんぽ生命どうなる?

「ジャパンポスト問題はどうなっているのか」。
14日開かれた米議会下院の公聴会。環太平洋経済連携協定(TPP)交渉への
日本の参加をめぐって、下院議員から、いらだちにも似た質問が飛んだ。

 米通商代表部のマランティス次席代表は、
「保険、銀行で、平等な競争条件を整えるのは非常に重要だ」と強調。
あらゆる議会を通じて、日本側に改善を求めていく考えを示した。

中略

 米国はとくに、かんぽ生命のがん保険参入に反対している。日本のがん保険市場が、
彼らの「金城湯池」だからだ。
2010年度末の国内の保有契約数1929万件のうち、
米系のアメリカンファミリー生命保険は75%のシェアを持つ、
だが、かんぽ生命が全国の郵便局で売り始めれば、自らを脅かす存在にもなりかねない。

 日本郵政グループ労働組合から支持を受ける小沢鋭仁元環境相は
「保険業に国が関与するのはおかしいといって競争力をそぐか、
かんぽ生命を完全民営化させて買収するか、この二つが米国の狙い」とみる。

 米国のいうとおりにすれば、小泉時代に逆戻りして政権の大方針を捨てることになる。
一方で、改革法案を成立させれば、米国との衝突は避けられない。
このジレンマの中で、政権の軸足は定まっていない。
========================引用終わり

ワタクシ、フォーミディブル、知りませんでした。
がん保険、アメリカンファミリー(アフラック)
1社で、75%ものシェアを持つとは・・・


日本のがん保険市場が、
彼らの「金城湯池」
なんですよね。

医療が日本の経済発展の柱だなんて言ってますが、
結局はあちらさんに吸い上げられているんです。
お金の行き着く先はあっちのようです。
どっと力が抜けます。


癌掲示板..>アメリカンファミリーに騙された!
http://www.gankeijiban.com/bbs/read/homo/1166671985/50
アメリカンファミリーって詐欺ですか?
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/694507.html

いいえ、詐欺でも騙しでもございません。
ちょっとした書類上の不備や、セールスの言葉のあやによって、
何百万円掛けていようが、保険金が支払われないのでございます。

ワタクシにとりましては、
保険に入るということは、投資話に乗るようなものなのでございます。


読んでいただいてご苦労様でした。
疲れますね、こういうの。
私も疲れました。
こういうのを知らぬが仏というのでしょうか。

よーく考えよ~、お金はだいじだよ~、
アヒルさんもおっしゃっていますが、
健康もお金も大事なので賢く生きましょう。   imageCAWB5412.jpg
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。