スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

”夢の”化学物質の正体は・・・4

先日の、TBSの報道特集”カネミ油症”に出ていたグラフはどうやらこれの一部のようですね。

環境省の
子どもの健康と環境に関する全国調査
エコチル調査
です。
http://www.env.go.jp/chemi/ceh/
子どもの健康に何が起こっているか、のページをコピーしました。

わが国における児童等の喘息被患率の推移
reference_img01_pop[1]

わが国における先天異常発生頻度の推移
reference_img02_pop[1]

ダウン症、水頭症、二分脊椎症、尿道下裂

これはフクシマの原発事故が起こる前に、私も朝日新聞で目にし、
背筋が凍る思いをしました。
さすがにこの現実に、環境省も重い腰を上げなくてはならなくなったようです。
皆様いかがでしょう、どう思われますか?

これ以後、フクシマ原発事故が起こっていますから、
これらのグラフは今後、うなぎのぼりに増えることと予想されます。

さすがに私も、息子たちに、孫の顔を見せろなどとは、
口が裂けてもいえないなと思っていたやさき、
彼らの方から言いましたね。
「おかんは、結婚してもらいたいか?、孫の顔を見たいか?」と・・・
もちろん縦には首を振らないとわかっていての質問なんですが。
息子たちはチャラ男ではありません、
まじめで心身ともに健康で、将来をよく考えている子たちです。
そういう人たちにこういうことを言わせていて良いのでしょうか。

私は、障がいを持つ人たちを差別するつするつもりはありません。
しかしこれが現実です。

それと妊娠中絶、流産、死産の率も明らかにするべきでしょう。
それがないとこのグラフは意味がありません。

重い障がいが、妊娠中に判明すれば、
私なら誰にも内緒に中絶するでしょう。
そして流産したというでしょう。



もちろんすべてが、ダイオキシンによるものとはいえないと思います。

話はそれますが、
先日、どこかの待合室で女性自身だったか週刊誌を読んでいて、
某、オリンピック、スノボ選手の記事を目にしました。

噂の女"神林広恵の女性週刊誌ぶった斬り!【第106回】
妊娠、出産を商売に? 
今井メロと野田聖子の"親の身勝手"育児語り

http://www.cyzowoman.com/2011/12/post_4858.html

オイ、神林さんとやら、”妊娠出産を商売に”ではないでしょう。
正常な妊娠出産なら、誰も見向きもしないでしょう。
彼女たち、子どもの障がいを売り物にしているんじゃないですか!!
ぶった切りなんていってますが、甘いんじゃないですか?

子どもの障がいを売り物にしているという疑惑の有名人は多いですね。うんざりですが、
それだけ障がい児が多いというのも事実として改めて考えさせられます。

この記事によれば、某スノボ選手は、子宮頸がんを患っていたようですね。
私が読んだ雑誌では、喘息の治療をしていると書いてあったと記憶しています。

抗がん剤、ぜんそくの薬ステロイド、抗生剤、(それにがん治療などに使われる放射線)は、
奇形児の原因といわれるのも、こういうものを読んでいるとどうやら間違いがないようですね。

化学物質は、一度ハマると負の連鎖、抜け出せなくなるようです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。