洗脳されているのは、中島知子だけじゃない

洗脳されているのは、オセロ中島や、橋下徹だけではないと思います。

私たちが、親からの悪影響を受けていることを自覚できないでいたり、
学校の詰め込み教育で、上に立つものの言うことに無条件に従ってしまったり、
病院で行われている最先端の医療とやらに何の疑いもなくどっぷりはまり込んでしまうのは、
ある意味洗脳されているんでしょうね。
テレビドラマで、医者が「患者を救う」という言葉を使いますが、
これはやっぱり変でしょう。
洗脳する言葉といっていいと思います。

患者を救う1番大きな力は、患者自身の「自然治癒力」です。
でも、医者の教育では「自然治癒力」という言葉を教えないらしいです。
この洗脳は、医者の大きな利益になりますが、
私たちにとっては命にもかかわってきます。

だから私たちは、洗脳されないように日々、気を使っていなければなりませんし
毎日行われている洗脳をといていく知性を持つ必要にもせまられています。

そこでメンタルヘルスが大切になるんですよね。

自分で自分の洗脳を解くのはすごく大変です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私の親もろくな親ではありませんでしたが、本に助けられたと思っています。

私にとっては、子どものころは、
花森安治の暮しの手帖が、何とか私の心が壊れることをくいとめてくれたように思います。
医療については、近藤誠、安保徹、浜六郎といった人たちが、教えてくれていますね。
しかしメンタルの方では、日本でアリスミラーやクラウディアブラック、スーザンフォワード
といった人たちに相当する人がみつからないんです。
AC(アダルトチルドレン)だとかそういう外国で考え出されたものを、
日本流に解釈して本にしている人はいますが。

加藤諦三も、何でこの人の文章こうも読みにくいの?
・・・って感じですね。

あなたの子どもを加害者にしないためにの中尾英司もなかなかいい事を書いているんですが、
なんか違う。
具体的に重大犯罪を起こした人物の名前を挙げて書くのなら、
冤罪(冤罪は今や間違いではなく、都合の悪いことを隠すために意図的に作り出されています)
処方薬物も含めた社会的背景をもっと考慮に入れるべきでしょう。

真相―神戸市小学生惨殺遺棄事件真相―神戸市小学生惨殺遺棄事件
(1998/10)
不明

商品詳細を見る

これは出版されたときにそっこー買って読みました。
読んだときは思ったとおりというか、衝撃でした、
やはり世の中はこういう方向に向かっているんだと。
「じぶんの子どもを冤罪事件の被害者にしないために」はどうしたらよいか、
真剣に考えましたよ。この頃すでに、付添い人とか法律まで勉強してましたね。
今に至っては、冤罪は意図的に作られるということは周知の事実ですよね。

痴漢冤罪工作部隊は4人組
http://shadow-city.blogzine.jp/net/2012/02/post_a72a.html
光市母子殺害事件裁判からも見えた日本の裁判の問題点
http://sukebei.blog111.fc2.com/blog-entry-149.html
光市母子殺害事件の死刑判決について東海アマが吠える!
http://togetter.com/li/261447

あなたの子どもを加害者にしないために―思いやりと共感力を育てる17の法則あなたの子どもを加害者にしないために―思いやりと共感力を育てる17の法則
(2008/10/01)
中尾 英司

商品詳細を見る

私はこの本を買ってまで読みたいとは思いませんが、
お時間ありましたら、上の真相とレビューを読み比べてみてください。

何でせっかくいい事を書いている中尾が何年も遅れてこういうことを書いているのか、
洗脳されているのかな??
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
なんか、横道にそれちゃいましたね。すみませーん。
スポンサーサイト

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

  • 2017/03/10 (Fri) 06:52
  • #
承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

  • 2017/06/22 (Thu) 05:19
  • #

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する