スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本村洋氏の再婚で崩れたヒーロー像

前回の記事の、光市母子殺害事件について
このブログ的には、向精神薬が絡んでいるらしいというのは、
問題ではないでしょうか。

こういう薬を飲むとどうなるかというと・・・
私の場合コンスタンたったの1シートで、
副作用が出始めました。
いつものスーパーへ買い物にも行きたくないほど、やる気がそがれます。
意を決してスーパーを歩いていても、足首をつかまれて、地の底に引き込まれる様な感覚。
周りの人との段差が出来る感覚、人間関係の感覚までおかしくなるようでした。
それ以後、風邪を引いてイブを飲んだんですが、合わなくなりました。
精神神経に作用するようで、
イブを飲むと眠くなるどころか、神経が異常に高ぶって、
夜中の1時2時にたたき起こされるように眼が覚めるようになりました。

腰痛で処方されたデパスを飲んだ友人も苦しんでいます。
デパスや鎮痛剤を飲むのをやめたところ
体調の悪さもあるんですが、
おかしなことを言い始めました。
どうしても自分はがんだという思いから離れられないようです。
病院でで検査してがんが見つからなかったから、がんではないんだと言っても、
聞く耳を持ちません。
検査機械が古かったから,がんが見つからなかったとか何とか言い始めます。
デパスのリバウンドで苦しんでいる人たちの、体験談がネット上で流れているので、
読んであげるんですが聞く耳を持ちません。
本当に心配です・・・

こういうものなんです。
自分の体調の悪さにしてしまって、薬の影響をまったく考えないから、
困ったことになるんです。


こういう状態の人が、裁判などまともに出来るものでしょうか?


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

前回お世話になった、
カナダで日本語を教えるdesperateな女教師のブログ。から
興味を引く記事があったので、またまたお世話になります

================================引用はじめ
本村洋氏の再婚で崩れたヒーロー像
http://minnie111.blog40.fc2.com/blog-entry-3242.html
今日は、「本村洋再婚」というサーチワードでこのブログにアクセスする人が多い。やはり誰もが本村氏が再婚していたという事実にとまどいを感じているのだと思う。私は、1ヶ月前くらいに、このブログの読者の方からのコメントで本村氏が再婚したというニュースを知ったのだが、そのときは半信半疑だった。しかし、実際は、いまから3年前の2009年に再婚していたというではないか。

最愛の妻と生まれたばかりの子供を同時に亡くすという耐え難い体験をした本村氏なので、その分、だれよりも幸せになって欲しいという気持ちはあったが、まさか、こんなに早く再婚しているとは、拍子抜けしてしまった。これまでの彼の言動からすると、生涯を独身ですごし、妻と娘の思い出と暮らす男というイメージがあったからだ。つまり、それは、マスコミによって作られた彼のイメージであって、真の本村さんとは、ずれていたということだろう。

マスコミは、元少年の容疑者の立場を悪く見せるため、元少年をどうしようもない悪者に、そして、本村さんをまるでドラマのヒーローのように扱ってきた。しかし、実際は、ヒーローでもなんでもなく、普通の男だったというわけだ。そして、そんなマスコミが作った本村さんのイメージが、世間や裁判官の同情を呼び、この少年を死刑へと導いてしまったのだ。

ご本人も下の動画でおっしゃられている通り、一人で生きていくのがとてもつらくなって精神的にまいっていたというのはわかるし、彼が再婚して幸せになるのも賛成だ。しかし、それなら、その幸せを自分だけのものにするのではなく、元少年にも分けてあげて欲しい。本村さんに人の心があるのなら、元少年を全否定せず、更生の可能性を信じて、生きて罪を補えるよう、裁判所に今から懇願して欲しい。そうすれば、元少年も死刑は避けられると思う。



これまではおしゃれな眼鏡がチャームポイントだった本村さんはレーシック手術を受けて、眼鏡無用となったようだ。しかし、はっきり言って、彼の目はあまり魅力的とは言えず、個人的には眼鏡をかけた本村さんの方が知的に見えて素敵だと思う。その他、本村さんにはいろいろと驚くような噂がたくさんある。

例えば、今の妻との間にすでに5歳と3歳の子供がいるとか、事件後、高級車を購入したとか、頻繁にソープに通っていたとか・・・・。「カナダからのラブレター」じゃなくて、「天国からのラブレター」という本を出版したり、それが映画化されたそうだから、それらの収入で贅沢しているのであって、まさか、保険金で贅沢しているわけではないだろうし、これらの噂が果たして本当なのかはわからないが、もし、本当だとしたら、本村さんのイメージは完全に失墜してしまう。そして、何よりも彼の本を読んで、又この映画を見て泣いた人たちを幻滅させることになるのではないか。






光市母子殺害事件の遺族・本村さん 再婚相手は7才年上同僚
Newsポストセブン 2012.02.23 16:00

2月20日、光市母子殺害事件の大月孝行被告(30才)の死刑が確定した。惨劇から13年──遺族の本村洋さん(35才)は会見で、こう思いを語った。
「死刑判決が下されたことに大変満足していますが、喜びの感情は一切ありません」
 そんな本村さんは、2年ほど前に再婚して、光市から少し離れたところに新居を構えて新たな生活をスタートさせているという。

「奥さんは7才年上の同じ会社の同僚だそうです。趣味のテニスを通じて仲良くなったそうですよ」(本村さんの知人)
 犯罪被害者学専攻で、本村さんと交流のある常磐大学大学院の諸澤英道教授が祝福の言葉を寄せる。

「本当に長い裁判でした。本村さんは妻と娘を思いながら、つらく苦しい日々と闘ってきました。ぶつけようのない怒り、そして寂しさのなかで、彼の気持ちを理解し、ずっと支えてきたパートナーの存在は実に大きなものだったことでしょう。再婚され、共に生きていく人を見つけられたことを祝福したいと思います」
 殺害された弥生さんと夕夏ちゃんの命日には、再婚した妻とともにふたりの墓前を訪れ、手を合わせるという本村さん。会見の終了間際にこう語った。

「被害者がいつまでも事件のことを引きずって下を向いて生きるんではなく、事件のことを考えながらも前を向いて笑って、自分の人生をしっかりと歩んでいくことが大事だと思います」
 死刑確定翌日、本村さんは本誌の取材に電話で一言だけ答えてくれた。

「昨日の共同会見でお話しさせていただいた通りです。妻の支え? それはもう普通にしてくれているだけですよ」
※女性セブン2012年3月8日号
==================================引用終わり

このブログの管理人、美爾依(みにー)さんは、とてもいい事を書いていらっしゃいます。
その幸せを自分だけのものにするのではなく、元少年にも分けてあげて欲しい。本村さんに人の心があるのなら、元少年を全否定せず、更生の可能性を信じて、生きて罪を補えるよう、裁判所に今から懇願して欲しい。そうすれば、元少年も死刑は避けられると思う。
私も同感です。

ここにも洗脳があるのでしょうか。
マスコミが作り上げた本村氏像はキモチワルイだけです。

私には本村氏はむしろ冷たい印象です。

普通の人間とはこんなものなんでしょうか。
御伽噺の王子様を夢見ているようなオコチャマならともかく、
人生経験を積んだオバチャンたちまでもが、
どうしてその冷たい虚像に涙してしまうのかがわかりません。

現実を見ましょう、現実を見る感覚を鍛えましょう。
スポンサーサイト

コメント

No title

引用された元記事のコメント欄にも寄せたとおり、私もまったく同感です!
敢えて再録します。
「本村さんは、人間味あふれる、平凡なひとりの男であります。
本村さんの生き方をあれこれ批判するつもりは私にも毛頭ないです。
しかるに、本村さんをあまりに聖人化しすぎ偶像化しすぎ、あたかも完璧超人のように祀り上げて英雄視し、その結果警察の、判事たちの、そして報道を見る市民たちの目を曇らせ、少年の更生の機会を閉ざしてしまったとしたら・・・まぎれもなく取り返しのつかぬことではないかッ!と、私も思います。」

ここでさらに付け加えれば、本当に、この日本には、現実の世界にも、お伽話を見たがる人がいかに多いかが、この一件で明らかになったと思います。
夢も希望もない閉塞感漂うこの国に生きる人々が英雄を渇望した結果がこれなのでしょう。まさに英雄のいない時代は不幸だが英雄を必要とする時代はもっと不幸だという名言を思い出します。

  • 2012/02/27 (Mon) 22:11
  • あつし #gKumvUXs
  • URL
No title

そうですよね、
女の私が「男性なんてこんなもの。」と言ってしまえば
男性の方に失礼にあたるかもしれませんが。

>まさに英雄のいない時代は不幸だが英雄を必要とする時代はもっと不幸だという名言を思い出します。
ナルホドです。

  • 2012/02/28 (Tue) 08:19
  • フォーミディブル #Ptq.3me.
  • URL
No title

加害者に幸せを分ける?
意味不明です。

あなたの最愛の人と我が子が玩具のように扱われ、捨てられ、その惨事を目にしたとして、本当にそんなこと言えますか?


数年前の記事のようてすが、たまたま見て怒りが込み上げました。







  • 2016/02/29 (Mon) 23:02
  • 自分の身に置き換えて #-
  • URL
No title

自分の身に置き換えてさん、

私は何も、加害者の罪を許せと言っているのではありません。
一生許す必要なんてありません。
社会全体がこのような事件を忘れないように
一生罪をつぐなってもらうべきです。

この記事については死刑について書いています。
実際世界的には、廃止の方向に向かっており
死刑が行われていない国のほうが圧倒的に多いです。
(この記事以降、日本でも死刑判決が一転し無罪になった事例がありました)

日本も他の国に追随する可能性がありますから、
それについて冷静に考えていく必要があると思います

法律を語るうえで、
いつまでも古い頭で感情論でいては、世界的な流れから取り残されかねません。

  • 2016/03/01 (Tue) 07:26
  • フォーミディブル #Ptq.3me.
  • URL

本村さんが冷たい人間って言うあなたさまが、人間の感情を持っていますか?

最愛の人が無残な姿になった地獄図を目にする人の立場になる事ができないほど、あなたは感情の貧しい人ですか?

加害者に同情?本当に理解不能で腹立つ。私にはこの世で一番守りたい妹がいる。殺人事件のニュースを見る度に、もし彼女に何かがあったら、加害者を私の手で裁く事を心に決めているほど、絶対に加害者を許しません。

  • 2016/04/28 (Thu) 01:19
  • ねね #-
  • URL
No title

ねねさん、

この記事は、加害者を許せとは書いていません。

マスコミ報道の問題点と、
死刑について書いています。

あながはもしも大事な人がだれかに殺されたら、
その犯人が死刑になればそれでもう、きれいさっぱりと犯人を許せるのですか?
私だったら死刑になろうがどうなろうが絶対に許しませんよ。
だってそれ以上の罰を下すことはできないじゃないですか。

あなたは、犯人が死刑になるまではさんざん
マスコミに顔をさらして被害者面をした挙句、
死刑になりさえすれば、その事件はそこで許して終わるんですか、
再婚でも何でもやって面白おかしく生きることができるんですか?

  • 2016/04/28 (Thu) 07:05
  • フォーミディブル #Ptq.3me.
  • URL

私達は意見をできる立場ではないだろう。本村さんは愛する家族を2人同時に失ったのだ。これは私達には想像もできない苦しみだっただろう。それが、「本村さんもただの人間だった」とか、当たり前だろう。あなたが拍子抜けだと感じたのは私達が本村さんをニュースなどでしか知らないからだ。というか、自分が本村さんと同じ経験をしてしまったら、私は自分が持つとは思えない。それに、本村さんが再婚していようがしていないが関係ないだろう。彼が再婚して幸せならそれで良い筈だ。それと私がどうしても理解出来ないのは、「幸せを元少年にも分けて欲しい」という書き込みだ。本村さんの幸せをぶち壊したのはその元少年なのに、どうしてその少年が幸せになる必要があるのか。あまり言いたくないが、本村さんの奥さんは殺されてさらに死姦されている。赤ちゃんの体はアパートの天袋にいたのを本村さん本人が発見したのだ。更にその元少年は、盗んだ小銭でゲーセンに行ったらしい。そんな野郎が更生できるとは思わない。更生したら生き返るとかならして欲しいが、してもなにも残らない。死刑にしないならしないでそんな奴のために税金を払いたくない。本村さんのアンチがいることが不思議でならない。

  • 2016/05/09 (Mon) 01:08
  • #-
  • URL
No title

上の方、

>「幸せを元少年にも分けて欲しい」

たしかにこの言葉は、誤解を受けやすいかもしれませんが、
それは「死刑にするべきではない」・・・と、当時の私は受け取りました。
何も左うちわで生活をさせろと言っているのではない・・・と、当時の私は受け取りました。

なんども書いていますが、犯人を許す必要なんかないのです。

誤解を恐れずに書くならば、
このようなモンスターを生み出してしまった、社会にも責任があるはずです。、
このような事件を今後防いでいく方策を考えなければいけないのは社会ですからから、
彼を分析する必要があると思います。
(例えば向精神薬を飲んでいたのではないか?とか・・・)

池田小事件の宅間守がそうでしたが、早々に死刑にされてしまいましたが、
原因の隠匿になってしまうのではないかとも言われていましたね。

ですから、死刑制度そのものが問題であり(私は反対です)、
死刑にしろと言う世論が高まった原因の一つに、
マスコミの報道のやり方にも問題があったのではないかと、思っています。

  • 2016/05/09 (Mon) 09:11
  • フォーミディブル #Ptq.3me.
  • URL
No title

>あながはもしも大事な人がだれかに殺されたら、
その犯人が死刑になればそれでもう、きれいさっぱりと犯人を許せるのですか?
私だったら死刑になろうがどうなろうが絶対に許しませんよ。
だってそれ以上の罰を下すことはできないじゃないですか。

>あなたは、犯人が死刑になるまではさんざん
マスコミに顔をさらして被害者面をした挙句、
死刑になりさえすれば、その事件はそこで許して終わるんですか、
再婚でも何でもやって面白おかしく生きることができるんですか?


被害者の立場でなく加害者の立場でものを考えているよに感じてしまって、とても残念に感じます。
被害者は加害者が死刑にされようがされまいが許せないのは当たり前だと思います。
刑は被害者が加害者を許すために決定するものではないと思います。
加害者が犯した罪に対して刑が決定される。
刑が執行されたからといって何故被害者は加害者を許さないといけないのでしょうか?
再婚したからって面白おかしく生きている訳ではないと思います。
日々事件当日のことを思い出しては苦しんでいるはずです。
それなのに冷たい印象を受けるだなんて、あんまりにも酷い言い方だと思います。
本村さんは世間に顔をさらけ出したかった訳ではないのに、加害者のせいでそうなったのに、いちいち冷たい印象だとか言われて、さらに被害を受けてますね。
当人にしか分からない苦しみを関係ない人達が心のない批判を続ける。いつまでも続く被害ですね。
原因はすべて加害者が作ったのに。それでも加害者の人権を考えて更生のチャンスを与えないと人の心がないと言われる。
どっちが心のない人でしょうね。
加害者が更生のチャンスを得れるかどうかを被害者の家族である本村さんの責任とするのは間違っていると思います。

被害者が幸せになるための努力をして何が悪いのでしょうか?
被害者の人権より加害者の人権を尊重しなければいけない理由はなんでしょうか?
そもそも、日本には終身刑というものがないから死刑制度がなければいつかは外に出てくるんですよね。
死刑を反対するより終身刑を作ることの方が大事なように私は思います。

  • 2016/05/10 (Tue) 09:56
  • 幸せ? #sj93pB3o
  • URL
No title

幸せ?さん、


ネットでは正直に自分の意見を書いていいのです。
・・・いやそうするべきです。
そうじゃないと意味がありません。


昨日5月9日の最新記事で、もう一度記事にしましたが、
あなたには理解できないでしょうね。

もうこのような古い記事にからむのはやめてください。
当ブログが検索で上位に来るのか何なのか知りませんが、
それは私には関係ないことです。

もうこの記事は終わっています。

  • 2016/05/10 (Tue) 11:33
  • フォーミディブル #Ptq.3me.
  • URL

更正?こんな奴野放しにする訳にはいかない。

被害者の人権をないがしろにしといて加害者の人権を声高に叫ぶアンタらみたいな狂人を見てると凄まじい怒り覚える。

人権とか語る奴に限ってたちの悪い連中が多い。

  • 2016/08/23 (Tue) 16:24
  • イ―400改 #-
  • URL
No title

イ―400改さん、

本当に怖い犯罪とはそんな単純なものではありません。

興味があるなら、ちゃんといろいろな本を読んで勉強すること。

主な事件の詳細や背景は、書籍になって出版されていることが多いです。
多いものでは数冊出ているものもあります、
ですからこの手の本は図書館で借りて読むことをお勧めします。

法律も大切です、と言うかまずは法律から・・・
少年法も問題点が多いですから、少年法の勉強することをお勧めします
とにかく本を読んでください。


ところであなたは、水戸黄門の見過ぎでは?
アメリカのドラマなんかも、見過ぎるとマインドコントロールされていく危険性があります。

  • 2016/08/23 (Tue) 18:44
  • フォーミディブル #Ptq.3me.
  • URL

貴方は死刑にするべきではないと宣もうた。私も同感だ。死刑如きじゃ、死んだ家族や一人残された木村さんが浮かばれない。

  • 2016/08/24 (Wed) 19:01
  • 鬼子母神 #-
  • URL
No title

鬼子母神さん、

まぁ、そうでしょうね。
だから何なんだってことですが。

社会的には、
予防出来ることが予防できなければ意味はありませんね。

せめてこの程度のネット情報は勉強してください。
https://www.amnesty.or.jp/human-rights/topic/death_penalty/qa.html

  • 2016/08/25 (Thu) 07:44
  • フォーミディブル #Ptq.3me.
  • URL
No title

コメント欄を利用される方へ、

この記事にコメントしたい人は、(本を読んで勉強できないまでも)
せめてこの程度のネット情報は十分に勉強したうえで、お願いします。
https://www.amnesty.or.jp/human-rights/topic/death_penalty/qa.html

このような昔の過去記事にコメントをいただいても
終わった話ですので、
コメントを削除させていただく場合があります。

ご了承願います。

  • 2016/08/25 (Thu) 18:04
  • フォーミディブル #Ptq.3me.
  • URL

幸せを分けてあげて欲しいとありますが、それはおかしいと思います。
本村さんは幸せな家庭を壊されて、やっと前を向いてもう一度幸せを掴もうと、生きる糧を見出そうとしてるんじゃないですか?
その幸せを壊した張本人に分けてあげる必要があるんですかね?ありえません。
死刑で大いに結構。自分の身をもって償え!と、思います。

  • 2016/09/28 (Wed) 19:58
  • #-
  • URL
No title

上の方、

犯人を幸せにしてあげとなさいと言っているのではないと判断しています。
私は死刑が是か非かを論じているつもりです。
引用元の表現は完全に肯定しているわけではありません、
(動画なども削除されているので、いまさら論じることができない記事だと思いますが)
私の考えや表現方法が引用元と100%一致しているということはありえませんし、
100%一致している必要はないと思っています。



死刑(裁判や刑罰)というもの、犯罪というもの、
感情に流されるのでなく、きちんと考え直すべき時に来ていると思います。


殺人ほどではありませんが、
今回芸能界で起きた凶悪事件、高畑事件では、
当初母親の高畑淳子がかわいそう(被害者側)と言っていた人が多かったようです。
この出発点からしてすでにおかしいのですが、そこは百歩譲って、
事の詳細が明るみに出るにしたがって、手のひらを返したように、
批判に回った人(加害者側と認識?)が増えました。

言っては何ですが
この親は頭がおかしいと初めから見抜いていた人もいるのです。


しかし
裕太はまるで猿回しのサルのようで、気の毒な部分もあります。

本人は母親に大金を払ってもらって釈放(法的には無罪)になり、
被害者女性が加害者裕太をハメたという説まで流れています。

視点を変えれば
被害者(感情)と加害者(感情)がこのように入れ替わる事例はいくらでもあります。
・・・というかこれが普通なんです。

犯罪(この言葉が適切でなければ・・・”世の中の悪”)とはこういうことです。

  • 2016/09/29 (Thu) 08:49
  • フォーミディブル #Ptq.3me.
  • URL
承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

  • 2016/12/23 (Fri) 07:39
  • #
承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

  • 2017/02/09 (Thu) 19:39
  • #
承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

  • 2017/03/22 (Wed) 04:28
  • #
承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

  • 2017/03/31 (Fri) 09:10
  • #
承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

  • 2017/05/17 (Wed) 11:41
  • #
承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

  • 2017/05/24 (Wed) 20:54
  • #
承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

  • 2017/06/17 (Sat) 09:55
  • #

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。