<東日本大震災>福島では1万6000人集結 …原発反対集会・・・天災と人災(犯罪)は別物です。

TKY201203110554[1]
11日、フランス南東部のクリュアス・メス原発を背に「人間の鎖」をつくる市民=レミ・ファブレス氏撮影
朝日新聞より


昨日は東日本大震災から1年の日でした。
ショッピングセンター(イオン!!)にいた人によれば、館内放送がかかって、
お客もみんな黙祷をしたんだそうです。
私も、黙祷をしたかときかれました・・・・はぁ??
「なんでしなアカンの??」

こちらも防災無線で、みんなで黙祷をしたいと思います、という放送がかかっていましたが・・・
「なんでしなアカンの??」

申し訳ないけれど、亡くなられた人のことなんかかまってられませんよ、
明日はわが身なんですから・・・
フクイチ4号機になにかあったら、日本は終わりだそうです。
広瀬隆さんは、子供さんたちがすぐにでも外国へ逃げられるように、
準備されているらしいです。

うちでも少し話しましたが、家族でこんなことを話し合わなければならないなんて、
これほど不幸なことはありません、
(地震の被害者ではありませんが)少なくとも私は原発事故、被害者当事者だと思っています。
天災と人災(犯罪)を一緒にしてはいけません。
一緒にするから、天皇陛下のおことば削除
編集なんてされてしまうんですよ。


今できることは、もうこれ以上あの忌まわしい燃料棒を持ち込ませないことしかありません。

=====================================引用はじめ

<東日本大震災>福島では1万6000人集結
…原発反対集会

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120311-00000059-mai-soci
毎日新聞 3月11日(日)21時36分配信

20120311-00000059-mai-000-3-view[1]
東日本大震災発生から1年、デモで反原発などを訴える人たち=福島県郡山市で2012年3月11日午後3時56分、尾籠章裕撮影

 国内外で反・脱原発集会が開かれた11日。「『原発いらない』の声は痛恨の思いを込めた福島県民の叫び。この声を全国の心ある人に届けるのは、県民の使命であり義務だ」。東京電力福島第1原発事故で、深刻な被害に苦しむ福島県で開かれた集会では、呼び掛け人代表の清水修二・福島大副学長がこう訴えた。未曽有の大災害が与えたショックは今も生々しく、各地で「原発反対」の声が上がった。(参加者数はいずれも主催者発表)

【東京電力は】社長が福島第1原発で謝罪 副社長「原因は想定外の津波」

 福島県郡山市の開成山野球場で開かれた「原発いらない! 3・11福島県民大集会」には、全国から約1万6000人が集結した。10代を代表し、県立あさか開成高2年、鈴木美穂さん(17)は「原発がなければ、被害に遭った人を助けに行けました。人の命も守れないのに、電力とか経済とかいっている場合ではないはずです」と訴えた。

 鈴木さんは小3からサッカーを始め、福島第1原発から約10キロにある県立富岡高に推薦入学。原発事故後、避難を繰り返し、転校後も女子サッカー部に入ったが、昨年末に退部を申し出た。「富岡は部員が減っているのに、転校してサッカーをすることは仲間を裏切る行為」と思えたからだ。やり切れない思いを、鈴木さんはこの日の集会で吐き出した。「(昨年の)3月11日の朝、晴れていて、いつものような一日が始まろうとしていました。その日常に戻ることはできません」

 東京、大阪、札幌、福岡でも大規模な集会やデモ行進があった。

 東京都千代田区の日比谷公園周辺では、原発に反対する「3・11東京大行進」に約1万人が集まった。親子連れらが「子供を守ろう」などと書いたプラカードを掲げ、東京電力本店や経済産業省の前を行進。墨田区の石井啓子さん(61)は「原発推進の流れを作ってしまったのは私たち団塊の世代。若い人たちのために再稼働はおかしいと言い続けたい」。大阪市では約7000人が参加。集会では福島県飯舘(いいたて)村から県内の仮設住宅に避難中の酪農家が講演し「事故を風化させてはならない」と訴えた。札幌市や福岡市でもデモが行われた。

 全国最多の14基の原発が立地する福井県の敦賀市では、集会に約1200人が参加し、元原発労働者ら約15人が「原発のない未来に向かって進めていこう」などと訴えた。被爆地・広島市では、市民ら約2000人が「ノーモア・ヒロシマ、ノーモア・フクシマ、ノーモア・ヒバクシャ」と声を上げて歩いた。

 脱原発を求める声は海外でも響いた。

 昨年12月に原発建設候補地に選定された韓国東部の江原道(カンウォンド)三陟(サムチョク)市では、市民ら約1000人が建設反対集会を開いた。主催した「誘致白紙化闘争委員会」の李光雨(イ・グァンウ)さんは「フクシマ事故があってもまだ原発は安全だと言う政府には、憤りの気持ちでいっぱいだ」と話した。台北市では若い世代を中心に約3000人が「人類は原発を制御できない」と声を上げた。フランスでも、約230キロ間で脱原発を訴える「人間の鎖」運動が行われ、仏国内から100団体、数千人が参加した。

==================================引用終わり

時事通信は、

==================================引用はじめ

原発事故で「鎮魂の余裕なし」
=1万人が抗議集会-福島

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120311-00000115-jij-soci
150988l[1]

 福島県郡山市では「原発いらない!3・11福島県民大集会」が行われ、県内外から1万人以上が参加した。呼び掛け人の一人、福島大の清水修二副学長は「きょうは鎮魂の日だが、福島は災害が進行中で魂を鎮めるゆとりがない」とあいさつ。国や東電に対し、事故収束や補償に全力を挙げるよう求めた。
 ノーベル賞作家の大江健三郎さんも壇上に立ち、政府や産業界について「政治的、経済的責任よりも、人間が生きていく上で倫理的責任を重んじないといけない」と批判。事故の可能性がある以上、国内の原発は全廃すべきだと強調した。
 参加した郡山市の小島新平さん(67)は「1年たっても問題が続き、福島から人が減り続けている。国や東電はこの責任をはっきりさせてほしい」。喜多方市の農家の女性(65)は「同じ気持ちの人が大勢いるのが確認でき、うれしかった」と述べ、反原発運動の盛り上がりに期待した。(2012/03/11-17:47)
==================================引用終わり

福島だけじゃないって、日本中が人災、犯罪、進行中なんですよ。

==================================引用はじめ
大江健三郎さんら、反原発集会 
「人間らしい生活奪う」

http://www.kahoku.co.jp/news/2012/03/2012031101001917.htm
PN2012031101001921.-.-.CI0003[1]

 福島県郡山市の開成山野球場で11日、「原発いらない!3・11福島県民大集会」が開かれた。県内外から約1万6千人が集まり、参加したノーベル文学賞作家の大江健三郎さんが「あと1度2度、原発事故が起きれば、将来の人間に対して人間らしい生活を奪うことになる」と訴えた。
 集会は震災1年に合わせて福島大の清水修二副学長や、同県三春町在住の作家玄侑宗久さんら11人が呼び掛けた。玄侑さんは欠席したが、歌手の加藤登紀子さんらが駆け付けた。
 開会に先立ち、加藤さんは「命結-ぬちゆい」などを熱唱。反原発を呼び掛けた。
==================================引用終わり

東京新聞も、

===================================引用はじめ
原発はいらない 世界つながる 人間の鎖国会囲む
2012年3月12日 朝刊

PK2012031202100008_size0[1]
手をつなぎ、人間の鎖で国会を取り囲む脱原発デモの参加者ら=11日午後5時52分、東京・永田町の国会正門前で(神代雅夫撮影)


 「原発、いらない」「子どもを守ろう」「福島、返せ」

 東日本大震災発生から一年の十一日、脱原発を訴える市民ら約一万人(主催者発表)が東京都千代田区の国会議事堂を「人間の鎖」で取り囲み、シュプレヒコールをあげた。

 東京都練馬区から、息子(5つ)を連れて参加した夫婦は「国が原発事故の正しい情報を提供できていない無策ぶりに怒りを感じる。世界に対しても、子どもたちに対しても、恥ずべきことだ」と語気を強めた。

 人間の鎖は、首都圏で脱原発を掲げる市民団体が主催した。「原発大国」として知られるフランスから都内の大学に留学中の男性(24)は「放射能の影響で、食の安全が脅かされる現状を見過ごせない」と参加を決意した。同じような理由で駆け付けた外国人の参加者も少なくなかった。

 この日は、国内外の各地で脱原発を掲げるデモや集会が開かれた。福島県郡山市ではノーベル文学賞作家の大江健三郎さんらが出席した「原発いらない!3・11福島県民大集会」があり、約一万六千人が集まった。

 広島、長崎両市ではそれぞれ市民と被爆者による千人規模の集会があり、東海第二原発を抱える茨城県や、横浜市などでも、市民が「脱原発」を訴え街中を行進した。

 フランスでは「人間の鎖」に同国内の反原発行動では過去最大規模となる約六万人が参加した。ドイツでは計約二万人が各地の原子力関連施設に集結。イギリスでは市民ら約八百人が二十四時間デモを行い、台湾では計約一万人がデモや集会に参加した。
===============================引用終わり

現実から眼をそむけ、ダブルスタンダードでごまかしている連中はいずれ心が崩壊します。
心が引き裂かれていくんです。
もしも子孫が生き残ったとしても禍根を残していきます。
いや・・・もう完全に壊れちゃってるか・・・

自分の心にまっすぐな人は、心を病みません
たとえからだは死んでも、心まで死にはしません。

だからやっぱり叫びます。
何度でも書きます。
原発は反対だと。
これは地震とは別にして、ちゃんとやらなければダメです。
(天皇陛下に、脱原発集会に来てもらいたいですよね。)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する