スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ほめて自信を

こんなニュースがありました。

===============================引用はじめ
<君が代斉唱>歌っているか
口の動きチェック…大阪の府立高

毎日新聞 3月13日(火)11時30分配信
headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120313-00000025-mai-soci

 大阪府立和泉高校(岸和田市)で2日に実施された卒業式の君が代斉唱の際、学校側が教職員の起立だけでなく、実際に歌っているかどうかを口の動きでチェックしていたことが分かった。式典終了後の事実確認で、1人が起立しただけで歌わなかったと認めたため、府教委が処分を検討している。同校の中原徹校長は橋下徹・大阪市長の友人で弁護士。同市長が府知事時代の10年4月に民間人校長として採用された。

 府教委などによると、式には教職員約60人が出席。府教委が事前に全校長に出した「起立斉唱を目視で確認」との指示を受け、教頭らが起立状況に加えて、口の動きをチェックした。全員が起立していたが、このうち3人について口が動いていないと判断し、1人が歌わなかったことを認めたという。

 府教委は1月、府立学校の全教職員に起立斉唱を求める職務命令を出し、2月にあった卒業式で起立しなかったとして今月9日、17人を戒告(懲戒処分)とした。

 中原校長は13日更新した自身のブログで、府教委から「明らかに歌っていない教職員をチェックしてくれればよいとの指示を得た」とし「府教育委員会からの職務命令・指示を順守した」と主張。歌わなかったことを認めた教職員は「次回からはちゃんと歌う」と謝罪したとしている。

 橋下大阪市長は13日、記者団に「起立斉唱の職務命令が出ているのだから、口元を見るのは当たり前で素晴らしいマネジメント」と述べた。【田中博子、茶谷亮】

=================================引用終わり

これはもう予想通りで、こういう風に、この『教育改革』はすすんでいくことでしょう。
橋下徹は、親や家庭に恵まれなかっただけでなく、
学校、教師にも恵まれなかったのでしょう。
まるで子どものいじめです。小学校のときにいませんでしたか、こういういじめっ子。
教師が子どもの前で、いじめ方を教えているんです。
犬のしつけ方でも学んでもらった方がましかもしれません。
気の毒な人ですね、心が育っていないことがよくわかります。


歌わなかったことを認めた教師もせっかくそこまでやったんだから、
「次回からはちゃんと歌う」と謝罪なんかしてほしくなかったです。
う~ん、職を人質にとられていると思うとそこまでできなかったのかもしれないし、
市長が代わるまでの辛抱だという気持ちもあるでしょうが。
やっぱりがっかりです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

今朝の朝日新聞の記事にこんなのがありました。
==============================引用はじめ
いいこと一つ折り紙のご褒美
兵庫の小学校長「ほめて自信を」
RIMG0862.jpg

いいことをしたら、折り紙を廊下に飾ろう―。兵庫県加古川市の野口北小学校の阿部忠彦校長(60)がそんな取り組みを続けている。いい事をしたと伝えにきた児童をほめ、折り紙を渡す。廊下は折り紙でいっぱいになり、児童たちに自信が芽生え始めた。
「トイレのスリッパを、きれいに並べました」「算数がんばった」校長室に児童がやってきた。安部校長は「がんばったね」と一人一人に折り紙を手渡した。児童たちはツルや花などを折り、壁に貼り付けた。
安部校長は自信をもてない子が増えていると感じていた。児童に自信を持ってもらいたいと。いいことをしたら山に花が咲くという絵本をヒントに5年前、折り紙の活動を思いついた。安部校長は「ほめられやさしくされたと感じた子どもは、人を認めやさしくできる」と話す。
5年間で配った折り紙は5万枚、この春、安部校長は定年を迎える。23日の終了式で「やればできるという気持ちを忘れないで生きてください。よくがんばりました」と語りかけるつもりだ(小林裕幸)

==============================引用終わり

「自信をもてない子が増えていると感じていた。」とありますが、
これは子どもだけではないでしょう。

ひきこもりの人も自信をもてないのではないでしょうか
ひきこもりの人は、増えていて、2010年の推計では360万人だそうですから、
もうマイノリティーではなくなりました。
これからも増え続けるでしょう。

(また、うつは人口の18%ともいわれていて、教師に多いとも言われています。
家族全員が、暴君ではなく心身ともに健康で外にも出られるというのは、
奇跡的なことかもしれません)

本当の教師というのはこういう人を言うのではないでしょうか。
安部校長は目に見えないもの、数字に表れないものを見ているんですよ。
『感じ』なんでしょう。
目に見えないもの数字に表れないものを見る目は誰もが持っているわけではありません。
見えない人には永遠に見えないのかもしれません。


スポンサーサイト

コメント

No title

全くこれは正しいと思います。すこしでもできることが一つ増えた、それはとてもいいことだという自信を持たせ成長させるのがあるべき姿です。
世の中完璧にできてぎりぎり合格点と見なし、そうでなければくそみそにけなしたり罰したりするような、心の狭いかわいそうな人間が多すぎます。
昔「覇王別姫さらばわが愛」という京劇俳優の映画を見ましたが正直戦慄しました。この映画前半の主人公たちが入れられた京劇俳優養成所では、正しくできても忘れないようにと手をひっぱたき、まして出来なかった日には厳しいむち打ち刑が待ち受けているサーカスの動物以下の待遇を受けた京劇俳優の卵たちの養成風景が描かれていました。橋下氏の教育改革とやらの行きつく先はこの京劇俳優養成所でありましょう。
橋下氏は教育現場からよい方の人間味を捨て去らせ悪い方の人間味ばかり残すかファイティングマシンすなわち忠実に国のために闘う機械を造ろうとしているのでしょう。
後先日IT土方とよばれる下請IT労働者の悲惨な現実も耳にしました。とにかく注文主も軽営者も24時間働いてもおっつくはずのない仕事量を強要しもっと安くもっとたくさんを強要するしかしないで体も心も壊さんとばかりに強欲に励みまくっているとそれで下請けに行けばいくほど健康で文化的な生活とは遠ざかりわずかな余暇すら与えられぬ現実です。橋下改革の行きつく先は日本全体あらゆる職場においてかくのごときワーキングマシンファイティングマシンたることを庶民に強要する過労死か然らずんば餓死をの暗黒帝国にほかなりません。
こうなったらモウ出るしかないと考え今しきりにカナダ留学ひいては永住のために準備を進めているところです。

  • 2012/03/18 (Sun) 11:03
  • あつし #gKumvUXs
  • URL
No title

そうですね、
やっぱり今の会社がどうなっているのかということとも関係してくるわけです。
職場の現状も、ひどいようですから。

私は、橋下という人の育ちが気になります。
彼の父親は暴力団だったわけで、
(それがいいものであろうが悪いものであろうが)なにか筋書きに沿ってこうしたいというものが見えないことです。
彼は「国のために」、なんて考えているでしょうか。
京劇の養成では、「完璧な京劇」という少なくとも目指すものがあったと思うのです。
百歩譲って彼の父親が、京劇の先生だったとしたら納得できないこともないのです。
あるいはモンサントの社員だとか・・・
彼の父親は失踪、自殺していますから、推測ですが彼自身も案外もろいかもしれません。

  • 2012/03/18 (Sun) 11:25
  • フォーミディブル #Ptq.3me.
  • URL

わっー
折り紙渡すなんて素敵ですね。これって家庭でも子育てに使えますね。
何だか嬉しくなりました。
橋下さんは、幼い頃相当惨めな思いをして生活していたんでしょうね。
哀れです。彼の教育改革によって第二の橋下がたくさん生産されそうです。
悲しい事です。

  • 2012/03/19 (Mon) 00:44
  • あさり #-
  • URL
No title

あさりさん
この写真を見て、素敵だなと思いましたので、
下手な写真ですが撮ってみました。

小学生ってまだこんなことが大事なんですよね。
大人になってしまったら、数字ばっかり、
成績成績、お金お金ですから。

  • 2012/03/19 (Mon) 08:18
  • フォーミディブル #Ptq.3me.
  • URL

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。