天声人語から

昨日の天声人語からです
=============================引用はじめ
2012年3月21日(水)付

文芸春秋を創刊した作家の菊池寛は、手相占いは信じたが人相占いは嫌ったようだ。貧乏だった若いころ、占師に手相を見てもらうと将来の栄達を告げられた。それがことごとく当たったらしい。一緒にいた作家の久米正雄も後に的中ぶりに驚いたそうだ▼だが人相の方は、週刊朝日の誌上で観相師に「けちん坊の相」とやられて馬鹿らしくなった。もとより当たるも八卦(はっけ)当たらぬも八卦の世界である。ところが昨今、つきあい方を間違えて痛い目に遭う人が増えている▼今に始まったことではなかろうが増加は著しい。国民生活センターによれば、占いや運命鑑定などのトラブルは10年前の2倍を超える。芸能界でも一騒動あり、「占い依存」なる言葉も世に出回っている▼背景には、晴れぬ時代の空気があるという。そういえば、懐かしいスプーン曲げの超能力ブームも、「ノストラダムスの大予言」も、世情騒然となった石油危機のころだった。今年はマヤ文明の暦による「人類滅亡」が話題にのぼる▼菊池寛に話を戻せば、手相見の所では芥川龍之介も一緒だった。だが「諸君も想像するとおり、芥川だけは見て貰(もら)わなかった」と回想していて面白い。「運命は偶然よりも必然である」と書いた人は占いから遠かったようだ▼人生は不可解につき、大なり小なり人は行き詰まるし、生き迷う。占いとの距離はそれぞれだろうが、やはり喜怒哀楽の飾りぐらいが程良(ほどよ)くはないか。尻尾に体が振り回されては、当たるも外れるもない。

===============================引用終わり

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

とうとう友人が摂食障害になってしまいました。

食べれない。
がりがりにやせて動けない。
・・・にもかかわらず、下剤や浣腸を使う。
帰れま10をみると、無性に腹が立つ。

本人は胃腸科への入院を希望しているのですが、
大学病院の精神科の先生を紹介された、
ひどい話だ、と愚痴ってきました。

誰が診たって胃がんだとは思わない、
拒食症だと思うはずだと、はっきり言ってあげました。

私の希望としては、
摂食障害の自助グループにつながってほしい、と言いました。

自助グループはネットで簡単に調べられるので、
調べてあげるから、情報を聴く気があるかとたずねると、
返ってきた答えは「NO」でした。

ブログで知り合いになった、心療内科の先生にご意見を聞いてみる?
ときいてみましたが、「NO」でした。

以前にもこういう経験はあります。
本当に深刻な依存状態の人は「NO」です。

食べ物のこと、自分のおなかのこと意外に考えることができないので、
そのほかのことは考える余地がないのです。

苦痛を訴えることに関しては、それがものすごいものであることは
わかるのですが。
残念ですが、仕方がありません。
シロウトが深入りする問題ではありません。


どう考えても、がんの人より、
精神を病んでしまった人のほうが、
比べようもないくらい、苦しみが大きいようです。
人間関係も破綻をきたします。


がんにかかってもいいということではありません。
しかしすべてを白か黒かで分けることはすでに、精神の病気なんです。
自分にとって何が大切か、優先順位で生きましょう。



20091103220012_01_400[1]
(私は面白いと思うけど・・・
腐りかかった、たけしをみるより、
若い芸人さんをみていた方が、よっぽど健康にいいです)

食べれてナンボのものですよ。ありがたいと思います。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

この人の症状と関係あるかどうかはわかりませんが、
テレビの洗脳はひどいです。
(ネット、ブログ、のカルト化も同じですよ)

首都直下型地震の情報は節操がありません。
建築業界となにか関連があるのでしょうか。



04314[1]

「本当は怖い」家庭の医学、「恐ろしい病が隠れているのです」
「放っておくと大変なことになりますよ」というフレーズ。

ドラマで、「患者を救う」という言葉を連発する医者役。
白衣映像の大安売り、
白衣はもともと、自分が汚れることを防ぐものなんですよ。

こういうホラーを夕食を食べながら、見られる人というのは、
もうすでにどこかおかしいのでしょう。



近藤誠さんも、厚生省は不安や恐怖をあおっていると10年も前から書いています。
(162ページ~)
マスコミはその手先ですから、それを承知の上で見たほうがいいと思います。

・・・といってもよほど心が強靭でないと・・・難しいでしょうね。


成人病の真実成人病の真実
(2002/08/30)
近藤 誠

商品詳細を見る

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する