私たちをコントロールするもの・・・医療と教育を手放せば、世の中変わります。

imgb622a92bzikazj[1]

4月1日朝日新聞の書評を引用します。

不妊を語る
19人のライフストーリー  白井 千晶<著>
============================引用はじめ
望んでも子ができないつらさ

・・・・(略)・・・・
政府は少子化傾向を憂え、夫婦にハッパをかける。掛け声で物事が解決するなら、この世の仕組みは単純だ。本書を開いて見るがよい。恥ずかしさや劣等感にさいなまれながら、確たる展望もなく、時間や金をかけて治療する人たちがこんなにもいる。
 さいわいにも成功して授かれば、多胎だったりする。排卵誘発剤の使用や、体外受精は多胎妊娠の確率が高い。たとえば三つ子の場合、どんなに子を望む夫婦でも、あれこれ考えてしまう。母体や子の健康の問題、育児の負担、手の確保、経済上の心配、など「きつい」不安がいっぺんに襲ってくる。医師は「減数手術」そ選択もありうる、とそれとなく教えてくれる。堕胎に当たるのではないか。母体保護法の人工妊娠中絶なのか、その辺があいまいである。「減数」したら、のちのち愛児を見るたび、決断の正否を問われそうな気がする。誰にも相談できない問題なのだ。
 戦時の「生めよ、殖やせよ」運動に限らぬ、懐胎出産はいつの時代も国策である、不妊を非難するまなざしは、国策で作られるものかも知れぬ。

評・出久根 達郎 作家
============================引用終わり

この書評の最後のところ、
【懐胎出産はいつの時代も国策である、不妊を非難するまなざしは国策で作られるものかも知れぬ。】

常々それは思っていたことです。

私は一応自然に妊娠し、自然出産しました。
ですから不妊の人になにか言うのは、はばかられるものがあるんですが、

私ならやりませんね、不妊治療は。
「治療」そのもののあまりの不自然さというだけでなく、
社会状況、環境問題といったものを考えるなら、もう絶対ムリ。

確かに子どものいない、女性にかかるプレッシャーはすさまじいものがあると思います。
プレッシャーをかけるのは姑さんかもしれないし、近所の人たちかもしれないし、
不妊治療の名医といわれる人たちかもしれないし、政府かもしれません。

しかしプレッシャーをかける人(人をコントロールするのが大好きな人)ほど、無責任です。
本当に責任感が強く、真剣に育児をやった(やっている)人なら、
人にプレッシャーなどかけられるものではありません。
育児のスタートは出産から始まるのであり、その苦労は自分が死ぬまで続くんです。

【政府は少子化傾向を憂え】ていながら、
一方で子どもが放射能を浴びようが、がんになろうが平気だし、
次から次へと、予防接種を打てと言います、薬漬けにしろと言います。
つまり、生まれたその日を境に、政府が今度は子どもを殺せと迫ってくるのです。
体だけでなく、教育やしつけによって、心も殺せと迫ってくるのです。

プレッシャーをかける人(人をコントロールするのが大好きな人)の、
口車には乗らないことです。
彼らは赤ちゃんをペットのように、ネコっかわいがりしたいだけかもしれません。
そういう人は子どもに自我が芽生えてくると、厄介者扱いしたり、
平気で勘当したりします。

プレッシャーをかける人(人をコントロールするのが大好きな人)に限って、
子どものあら捜しをして、アタマが悪いだの、病気をするだの、難癖をつけたり
挙句に、子どもの出来が悪いのは母親の遺伝だの、
しつけや教育ができていないだの、言い出しかねません。
(それが目的かもしれませんよ)

コントロールするのが大好きな人は、人のことなんか考えていません。
人をリモートコントロールのおもちゃのように扱うことが、
自分の痛みを忘れるための、麻薬のような役目をしているのです。

それでもという覚悟があるのならやってください。

flowchart[1]


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
新聞の同じページの広告欄に、

ほとんどの薬は飲んでも意味がなかった!
薬がぶ飲み人生よさらば!
薬なしで生きる
それでも処方薬に頼りますか (tanQブックス)岡田正彦 著


・・・なんかいい感じ。

再三紹介している、中村仁一さん、結構人気があるのも、
いい感じですね。

ブログやっていても手ごたえを感じます。
真摯に活動をやっていらっしゃる方から情報をいただきます。
本当にありがとうございます。

この社会を変えるには、
体をコントロールするもの・・つまり医療・・から解放されること。
心をコントロールするもの・・つまり教育・・から解放されること。


これですね、絶対!!
スポンサーサイト

コメント

無駄な物を削ぎ落とすと楽しく生活出来そうです 手放す事は、自分を成長させる第一歩ですね。

あ アリスミラーが図書館にありましたので近々借りてみます。ドキドキです。

  • 2012/04/03 (Tue) 14:56
  • あさり #-
  • URL
No title

そうですね。
今を自分らしく楽しく過ごすことは大切かもしれません。

将来のために今を犠牲にしない。
今のために将来を犠牲にしない。
私も勉強中ですが、こんな感じがしています。

  • 2012/04/04 (Wed) 07:51
  • フォーミディブル #Ptq.3me.
  • URL

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する