これから書くのは、日野原重明の批判です。

1024-768[1]
聖路加タワーなんだって、すごいよね。
【聖路加国際病院の聖路加ライフサイエンスセンター構想を基に1990年に着工、1994年に開業した】


promo20100819[1]
キリスト教の愛の心が 人の悩みを救うために働けば
苦しみは消えて その人は生まれ変わったようになる
 この偉大な愛の力を だれもがすぐわかるように
計画されてできた 生きた有機体がこの病院である

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

これから書くのは、日野原重明の批判です.
前から書きたいと思っていたのですが、遅くなってしまいました。
本人が死んでしまってからでは、オモシロクないので今、書こうと思います。

日野原重明はこの人↓です。
今ご存じない方でも、有名な人なので、死ぬとマスゴミが騒ぐのでわかると思います.

ウィキペディア http://ja.wikipedia.org/wiki/日野原重明 より引用

【財団法人聖路加国際病院理事長、同名誉院長、上智大学日本グリーフケア研究所名誉所長、公益財団法人笹川記念保健協力財団会長、財団法人ライフ・プランニング・センター理事長、公益財団法人聖ルカ・ライフサイエンス研究所理事長。】

【日本で最初に人間ドックを開設、早くから予防医学の重要性を説き、終末期医療の普及にも尽くすなど、長年にわたって日本の医学の発展に貢献してきた功績により、従来は「成人病」と呼ばれていた一群の病気の名称を「生活習慣病」に改めたのも彼である】

_IGP8195[1]

朝日新聞はこの人が大好きみたいです。
連載がありますし、4月29日の朝刊にも、記事が出ていました。

この人の書くものは、引用するほどの価値はありません。
田舎のばーちゃんのたわごとと、そう変わりはありません。
なにしろ「人の話を聞くのが嫌い。しかし自分の話を聞かない人はもっと嫌い」
だそうですから、ぼけ始めたばーちゃんと同レベルというのもうなずけます。

日野原重明は、人間ドックを開設し生活習慣病という言葉を作った人なんです、
「人間ドック」も「生活習慣病」ということばもいけません。

これは罠です。
犯罪的行為です。

近藤誠著、成人病の真実246~247ページより引用します
===============================引用はじめ
 日本で定期検診がここまで広まった原因は、結局、医者と一般人のあいだに、医療に対する過度の期待や、思考と行動面における非科学性があったことに尽きるでしょう(もう一つあげれば、医者たちの営利主義)。日本の人間ドックを発足させ推進してきた医者たちをみると、坂口康蔵、三輪卓爾、小山善之、村田純一郎、日野原重明、鈴木豊明氏ら、そうそうたる顔ぶれです(「日本医事新法」3652号43頁・1994年)。彼らの評判を聞くかぎり、いずれも立派な人格者です。が、そういう人格者にして、人間ドックのように人の生命・健康にかかわるシステムをデータ的根拠なくしてはじめてしまったこと、あるいはそういう非科学的思考の持ち主を医療現場の指導者として仰いできたことが、(先のくじ引き試験結果によるように)人びとの寿命を縮めたか、そうでなくても不幸にした可能性が高いのです。

 なぜ定期検診をうけると、人は不幸になるのか。なんでもないのに「病気」や「異常」のレッテルを貼られてしまうことが原因です。つまり、定期検診で検査する項目の多くには「基準値」があり、健常人でも5%が「基準値外」になるように値が定められています。それで多数項目を検査したら、こういうことになります。

 たとえば10項目を検査した場合には、「少し複雑な計算をすると)少なくとも一項目が「基準値外」と診断される人が40%も生じることがわかります(複数項目が基準値外になる人もいる)。そして30項目も検査したら、少なくとも一項目が「基準値外」と診断される費とは78%。これが、人間ドックで8割以上もが「病気」や「異常」のレッテルを貼られてしまう原因です(別の理由は、高血圧、糖尿病、高コレステロール血症に関する基準値を低く定めすぎているからですが、それについては第1部参照)
================================引用終わり

同、249~252ページからです。
================================引用終始め
生活習慣病という用語にも多々問題があります。この言葉からは、がんを含む多くの病気がライフスタイルによって生じるというメッセージが受け取れます。しかし、遺伝性の高コレステロール血症や、ライフスタイルとまったく関係なく発症する若年者の糖尿病があるという一事を見ても、この用語は破綻しています。
 他方、大人の生活習慣病も、必ずしもライフスタイルを原因としません。ある年齢層の人たちが、がん、心疾患、脳血管疾患で一年間にどれほど亡くなるか、人口10万人あたりの年間死亡数(つまり死亡率)を、<グラフ2>に示します。心疾患による死亡率曲線と、脳血管疾患の曲線を別々に示そうとしても、ほぼピッタリ重なってしまうので、このグラフでは一本の曲線で示しました。各疾患とも、加齢とともに死亡率が急上昇しており、老化現象としての側面が強いことがわかります。

RIMG1023.jpg
 
 そのうえ、がんでは、食事や環境中の発がん物質の影響も大きい。わたしたちががんにかかるのは、発がん物質があふれた時代に生きていることと、むかしにくらべ長生きして発がん率が高い年齢に達するようになったことに原因があるのであって、(タバコを除き)必ずしもライフスタイルに原因があるのではありません。また、がん以外の疾患の場合にも、食事や環境中の有害物質が関係している可能性を検討しなければならないでしょう。しかし生活習慣病という用語は、そういう可能性を気づきにくくさせ、自分自身のライフスタイルだけに目を向けさせる効果があります。
 生活習慣病という言葉は、ライフスタイルを変えれば予防できる、というイメージも与えます。しかしタバコを除いて、ライフスタイル変更に予防効果があるという証拠は乏しいですし、上述した試験結果に見るように、ライフスタイルを変更するとかえって寿命を縮める危険性すらあります。<グラフ2>を見れば、ライフスタイル変更によって、それら疾患による死亡を遅らせることの困難さが想像できます。

 なぜ生活習慣病という言葉が登場したか、がん、心疾患、脳血管疾患などは、むかしは「成人病」と呼ばれていました。ところが1996年に突如として厚生大臣の諮問機関である公衆衛生審議会で、「成人病」を「生活習慣病」に変えることが決められました。このように「成人病」も「生活習慣病」も学問的な用語でなく、行政用語であるわけです。
 ともかく名称を変更した結果、いくつか効果がありました。第1には、食物や環境中の発がん物質を減らすことは行政の仕事であるのに、人々はそのことに気づきにくくなった。第2には、各疾患は老化現象の一部分症であるのに、そのことにも気づきにくくなった。第3に人々は「成人病」の時代よりずっと、ライフスタイル変更に駆り立てられるようになりました。これらの効果は、官僚、医者、そして製造業界や健康補助食品の業界を利したことは間違いない。それこそが厚生省が主導した行政用語の真の目的ではなかったか。

「本物の病気」と「検査病

このように「生活習慣病」という用語には負の効果ないし「罠」があるのですから、私たちはせめて「成人病」という用語に戻すべきです。「成人病」は老化現象の一部分症であるという、各種疾患の本質を正しく表現しています。そして、老化と闘っても仕方がないという、一種の諦感を醸成させる契機にもなりうる用語ではあったのです。
===============================引用終わり

成人病の真実成人病の真実
(2002/08/30)
近藤 誠

商品詳細を見る


==============================引用はじめ
昼行灯
http://hlad.cocolog-nifty.com/blog/2008/10/post-ab17.html
2008年10月18日 (土)
聖路加国際病院・日野原重明理事長・・・ 
週刊文春10月16日号に 聖路加国際病院ブランド産科の「闇」という記事が載っていた。サブタイトル・産婦人科医長が決意の告白。その第1ページに載っている関係者?の顔写真なぜか、日野原氏の・が一番大きく、次が当の?医長、そして問題の発端の部長が一番小さく。意図してではないだろうけれど、この号では日野原氏については当該部長が「理事長がお連れになった方だから・・」とだけ。なにか奥歯にものの挟まったような言い方・と思っていたら、10月23日号で俄然?日野原重明理事長に飛び出した「老害批判」として3ページにわたって・・「「理事長を後進に譲るべきだ」・・・・と。 私が日野原重明博士の名前を知ったのはたしか読売新聞が氏の「新老人(ニューエルダーシチズン)運動」だったか?を協賛して「ニューエルダーシチズン大賞」を設定、紙面を使って大々的に推進・を見たからだけれど、 見たときなにか所謂「違和感」を覚えた。 その後、氏の「新老人運動」はいろいろな方面でとり上げられ発展しているようだけれど、一方「要介護老人」については「良くない話」が続いているって、一体どうなのだろう。「新老人運動」って、元気な、しかも多分中、上流階層に属する人の話ではないのか。勿論そういう階層の人だって「支援」は必要だろうけれど、今の介護保険制度の不備で困っている、苦しんでいる人達がたくさんいるというのに、そういう人たちのことを(も?)考えなければならないはずの医療機関のトップとしてはどうなのだろう。10月23日号によれば、氏は「人の話を聞くのが嫌い。しかし自分の話を聞かない人はもっと嫌い」だそうだけれど、これは老人・殊に80歳にも90歳にもなった人は誰でも・だろう。普通はそうなった人はすでに「要介護」だろう。その人を「利用している」人、それを認めている「周囲」の問題ではないのか。
=================================引用終わり


以下のブログは長いので部分的に引用しますが、
お時間ありましたら全体を読んでください、面白いと思います。
=================================引用はじめ
サンセットエヴァーのチャンネル
http://ch12255.kitaguni.tv/e1067568.html
2009年05月21日
老害はカビと同じか
老害の反対は労役(老益)というそうだ。
とりあえず老害の定義とは。
第1に、自分の考えが絶対正しいと思いこんでいること。
第2に、責任は自分に一切ない。他人が悪いので、他人が責任を持つべきとする点。
第3に、思考が固定しているので、理解不能なことは一切無視する。そのため新しい発想を学ぶ姿勢が全くないこと。

(中略)

●医者の老害
週刊文春 2008年10月23日号
● 日野原重明理事長に飛び出した「老害批判」
  聖路加病院「最大のタブー」
前号で掲載した「聖路加国際病院 ブランド産科の『闇』」。産科医長の勇気ある告白に対しては、当の病院内部からも続々と支援の声が寄せられた。「彼こそ聖路加の最大のタブー」――現役医師たちから噴出する“老害批判”に日野原重明理事長は何と答えるのか。
「今日、発売される週刊誌で聖路加についての記事が出ますが、患者さんから何か聞かれても、皆さんは何も知らない、わからない、で通してください」
 小誌先週号が発売された8日朝、各科の部長を集めた会議で、聖路加国際病院の福井次矢院長はこう述べたという。院長が「知らぬ存ぜぬ」で対処しようとした記事「聖路加国際病院 ブランド産科の『闇』」で小誌が指摘したのは次のような事実だ。
 山王病院や愛育病院と並んで“産科御三家”と呼ばれる聖路加の産婦人科(正式名称は女性総合診療部)で、ベテランの栗下昌弘医長(56)が「体調不良」を理由に診療から突然外された。だが、本当の理由は「体調不良」ではなく、佐藤孝道部長(63)によるパワハラだった。7年前に虎の門病院から部下を引き連れて移ってきた佐藤部長は、自らのやり方を栗下医長に押し付けた。パワハラは悪化し、医員が栗下医長の執刀する手術の助手をボイコットするまでに至った。栗下氏は度重なるパワハラを報告していたが、院長は「日野原理事長がお連れになった人だから」と取り合わなかった。結局、栗下医長は産婦人科から外され、現在は「特別外来」を行っている

(以下略)
================================引用終わり
「聖路加」は「聖ルカ」と読むらしいですよ。
それにしてもキ○○ト教ってなんだかな・・・


わーい!!書いたぞ書いたぞ、昔から書きたかったものが書けました。
よかったね


当ブログのスポンサー様のサイトです。
こちらからサイトにお入りいただき、
お買い物をしていただくと管理人は喜びます。\(^o^)/
スポンサーサイト

コメント

No title

全く同感で私も驚きました。
日野原氏についてはなんとなく前から嘘くさいものを感じていたので、何となくの正体がわかってすっきりしました。

話は変わりますが私明日からは夢の実現のため色々と忙しくなりますのでこられませんが、これからもおたがいがんばっていきましょう。

  • 2012/04/30 (Mon) 13:02
  • あつし #gKumvUXs
  • URL
No title

パチパチ~大拍手!!

リー先生も同じく
「もはや聖路加病院には証明医療は存在しないのだろう」
http://1tamachan.blog31.fc2.com/blog-entry-40.html

  • 2012/04/30 (Mon) 20:46
  • タマいち #yLmRr7g.
  • URL
No title

あつしさん、
来てくださってありがとうございました。
励みになりました。

これからも、お互い自分の生きたいように生きていきましょう。v-221


タマいちさん、
リー先生、聖路加にお勤めだったんですね。
後ほど記事お借りします。

  • 2012/05/01 (Tue) 07:40
  • フォーミディブル #Ptq.3me.
  • URL
日野原重明隠蔽理事長

聖路加国際病院は、胃癌の手術をして三人の医師の書いた胃潰瘍診断書がある。
日野原重明は、責任逃れをする。
朝日新聞で言っていることと違う。
損害賠償を支払え。

No title

馬場一誠 さん、

残念ながらありえる話でしょうね。

朝日新聞も、延々と日野原の馬鹿みたいな連載をやっていますが、
これが朝日の本性でしょうね。

  • 2013/07/26 (Fri) 09:43
  • フォーミディブル #Ptq.3me.
  • URL

おもしろいですね

  • 2013/08/03 (Sat) 11:05
  • たかなわ #-
  • URL
No title

たかなわさん、ありがとうございます。
またきてくださいね。

  • 2013/08/03 (Sat) 17:36
  • フォーミディブル #Ptq.3me.
  • URL
No title

私は彼の良いところも悪いところも見聞きしてきたので好き嫌いはどちらとも言えませんが、他人の利益など一切考えない私やあなたが、間違いなく他者の役に立ち、数多くの人の心も体も救ってきたであろう彼の批判をするなど、少し恥を覚えます。まるで、クラスの人気者を妬んで悪口を言い合うさみしい子達の様な。誰を救うでもなく、教室の隅で彼の悪口を肴に群れる私やあなたは、いったいどれほどの価値があるというのでしょうか。

  • 2014/02/07 (Fri) 16:21
  • 黒猫 #oyV.6EWY
  • URL
No title

黒猫

>間違いなく他者の役に立ち、数多くの人の心も体も救ってきたであろう彼の批判をするなど、少し恥を覚えます
あなたと私を一緒にしないでください。
私はそんなふうには思っていません。

>教室の隅で彼の悪口を肴に群れる私やあなたは、いったいどれほどの価値があるというのでしょうか。
あなたの問題はあなた自身が考えなさい。
私に質問する事ではありません。

  • 2014/02/07 (Fri) 17:22
  • フォーミディブル #Ptq.3me.
  • URL
聖路加

東京都内の病院としては職員の給料が安いです
公務員に準じる、と謳ってはいても、それより安値です

でも聖路加で働くことはここで病と闘う人たちのためになるだけでなく、人間的にも学術的にも優秀なスタッフに出会って勉強になり、お金には代え難い経験ができる素晴らしい教育病院だから…と

「聖路加が価値あるブランド」と考えるように、気持ちをコントロールされてしまいます

その最たるところが看護大学

もう大学の呼称から看護を外してしまいましたが、千葉大学看護学部と共に、看護教育の頂点と並び称されて来ました

もちろん立派な方がたくさんいらっしゃいますが、バカ高い学費を4年間納めて資格を取っても、そのまま病院に残って看護師として働いていたら、回収率の悪いことといったら…

献金させて奉仕活動させている宗教と、大差がないように感じます

教育でがんじからめにされて、「自分たちの受けた教育が看護教育の中では一番!」な頭にされてしまいます

同じことは日赤の看護教育でも言えることですが…
こちらは学費も比較的安く、ある程度リスクを覚悟した上で入って行くので、まだマシな気がします

  • 2014/02/08 (Sat) 08:01
  • きく #-
  • URL
No title

きくさん、

なるほど、
看護師さんや、若い医者といった
病院の職員の待遇は、問題が多いと聞きます。

儲けているのは、ごく一部の偉い先生ということになるのでしょう。

  • 2014/02/08 (Sat) 12:40
  • フォーミディブル #Ptq.3me.
  • URL

おやおや、ずいぶんと乱暴なお返事ですね。しっかりと取り組んでの発信に見えたのでそれなりに楽しめるかと再度覗いたのですが、期待に反し、一度のやりとりで底が知れてしまいまして少し残念です。私も現役の医師であり、立場上多方面においての視野を養いたいものですので、お邪魔させていただきました。蓋を開けてみればこんなものかと。意見を言わせてもらうなら、これでは何をいっても誰にも受け入れられませんね。子供ではあるまいに。それでは、失礼。

  • 2014/02/12 (Wed) 15:09
  • 黒猫 #oyV.6EWY
  • URL
No title

黒猫さん、

>私も現役の医師であり
自ら正体を現しましたね

>立場上多方面においての視野を養いたいものですので、お邪魔させていただきました。
あなたはプロでありながら、
たかだか一個人の個人的日記である素人のブログから
「多方面においての視野を養う」のですか?
素人からみて、現役の医者の見識の低さに、がっかりしました。

これでは医者は馬鹿だといわれても、
嫌われても致し方ありません。
今後ご意見は遠慮願います。

  • 2014/02/12 (Wed) 16:46
  • フォーミディブル #Ptq.3me.
  • URL
No title

読ましていただきました。
はっきり言っていっぽう的な意見だとおもました。
例にあげて言いますと40パーセントの人が病気、異常のレッテルを貼られると書いてありますがそれは悪いことなのでしょうか。
そういう結果が出たからこそ生活を見直そうということなのではないんですか。
そういうことが嫌ならば受けなければいい話なのではありませんか。

  • 2014/07/05 (Sat) 22:29
  • 批判請負人 #-
  • URL
No title

批判請負人さん、

>はっきり言っていっぽう的な意見だとおもました。

あたりまえじゃないですか、
(患者の立場に立って)一方的な意見を述べるために
わざわざ、ブログをはじめたんじゃないですか。

当ブログは、病院のHPでも、役所のHPでも
マスコミでもありませんから、中立である必要なんかありません。
患者の立場から、書けば十分です。

中年以降になれば、ほとんどの人が
病人のレッテルを貼られるのがわかっているのですから、
聖路加病院まで行く前に生活を変えるべきであることは、
(病院に行かない事は)同感です。



毎日批判を請け負っていただいて、お疲れ様です。




  • 2014/07/06 (Sun) 07:52
  • フォーミディブル #Ptq.3me.
  • URL
No title

暇潰しが出来てよかったね。

  • 2014/12/18 (Thu) 09:39
  • #-
  • URL
No title

こちらこそ、

あなたも暇ですね。
よくこんな古い記事に、コメントをくれました。

  • 2014/12/18 (Thu) 15:37
  • フォーミディブル #Ptq.3me.
  • URL
地下鉄サリン

偉人になるほど批判が、でるのは仕方ないと思います。

ただ地下鉄サリンの直後、彼の一声で外来診療を閉じ、当時無駄と言われたながら建てた大聖堂ホールを収容エリアに無制限に傷病者を受け入れた業績と先見の明は素晴らしいと思いますよ

  • 2015/03/06 (Fri) 16:48
  • 忘れるな #-
  • URL
No title

忘れるなさん

大規模病院が傷病者を受け入れるのは、
あたりまえだと思います。
それがなかったら、存在意味ないですよ。

生活習慣病という言い方はおかしいです

あなたは知らないでしょうが、
ステロイド1つとっても、
糖尿病、認知症、骨粗しょう症、がんの原因になるんですよ!!
この記事はまだ甘いぐらいです。


当記事に異議がある方は、
引用元の、本の著者、週刊誌の方へ苦情を言ってください。

  • 2015/03/06 (Fri) 16:56
  • フォーミディブル #Ptq.3me.
  • URL
No title

>わーい!!書いたぞ書いたぞ、
>昔から書きたかったものが書けました。

他人の記事を切り貼りコピペしただけじゃないかw

>よかったね *

おめでとー

  • 2015/03/31 (Tue) 12:58
  • すっとこどっこい #-
  • URL
No title

すっとこどっこいさん、

あなたは生活習慣病という言葉に、違和感は持たないのですか。
あなたは今健康だといえますか。

あなたは生活習慣病だといわれたら「すべてが自分の責任です」と言い切れますか?

  • 2015/03/31 (Tue) 13:12
  • フォーミディブル #Ptq.3me.
  • URL

寂しい見解、
悲しい批判。

貧しい心。

あなたに哀れみを感じます。
これは、私の個人的感想。
あなたに何ができましょう。


  • 2015/07/06 (Mon) 13:38
  • #-
  • URL
No title

上の方、

ご心配ありがとうございます。
私には健康でそれなりの見栄えの身体があります。
かけがえのない財産です。

がんになっても標準治療はやらないと決めました。
貧しかろうがリッチであろうが

私は今、どんな横槍にも負けない。
とても強く落ち着いた気持でいます。

  • 2015/07/06 (Mon) 14:13
  • フォーミディブル #Ptq.3me.
  • URL
No title

孤独な人なんですねー

  • 2015/11/17 (Tue) 18:44
  • 暇人 #pHUyt25U
  • URL

人を批判してわーいって…
あなたの文章には説得力を感じず、悲しい人だなと言う感想しか浮かびません

  • 2016/01/20 (Wed) 22:04
  • #-
  • URL
No title

おやしきり

  • 2016/02/18 (Thu) 15:02
  • #-
  • URL
No title

年老いた人がいつまでも権力の座にしがみついているのは、それがその人の自尊心をささえているからだと思うのですが、その人のコネ利用で入ってきた人には何も言えない、ということがわからないのですね。
ご本人は給料はもらってない、ボランティアだとおっしゃってましたが、コネで人を入れるのはどうなのでしょう?
よかれと思っていらっしゃるだけに、難しいことですね。
ところで、結局のところ、老人はどうあるべきだとお考えですか?

  • 2016/04/09 (Sat) 13:28
  • 老人予備軍 #-
  • URL
No title

老人予備軍


>その人のコネ利用で入ってきた人には何も言えない、ということがわからないのですね。

>ご本人は給料はもらってない、ボランティアだとおっしゃってましたが、・・・

そうなんですか。

でも今まで給料をどっさりもらっていたし
退職金も年金も使いきれないほどもらっていらっしゃるのでしょうね。
私たちには想像できないほど、レベルが違うんでしょう。

>結局のところ、老人はどうあるべきだとお考えですか?

私も、老人予備軍、アラウンド還暦ですが、
仕事をするにしても、
スーパーのアルバイトでも使ってもらえればいいところでしょう。

私は結婚してからは、
子育てをやってきたし、自営の手伝いもしてきましたが、
給料をもらったことがありません。
そして結局離婚。

もう”誰かのために”・・・
貧乏はしても・・・タダ働きだけはしたくないです。

貧乏はしても・・・しかし誠実に生きてきました。

貧乏はしても・・・いままでにお金の苦労はありませんでした。

  • 2016/04/09 (Sat) 14:36
  • フォーミディブル #Ptq.3me.
  • URL
No title

最近、731部隊に属していたとか、よど号ハイジャック犯(冤罪)ねつ造や地下鉄サリン事件の際の対応の手際の良さから、事前に事件の情報を得ていた。とか
黒い記事を多く見ます。

  • 2016/06/29 (Wed) 17:22
  • #-
  • URL
No title

上の方、

そうですか、情報ありがとうございます。

まだまだ目が離せませんね。

  • 2016/06/29 (Wed) 18:32
  • フォーミディブル #Ptq.3me.
  • URL
しょーもな…

真面目に見て時間を損しました。

  • 2016/09/11 (Sun) 10:19
  • 香奈 #-
  • URL
No title

祖父の代から日野原先生と親交があります。
彼は神ではありません。
いや、神のことだって信じる人間・信じない人間がいるでしょう?
つまりはそういうこと。
すべての人間に信じられ好かれるものなど、ないのでは。

少なくとも、私は長年病と戦う中で先生の存在が救いになっています。
ただ、私の場合、ここで発言するのが良いか悪いか・・・先生を『おじいちゃま』と
呼ぶくらいの親交なので、身内の悪口を言われて反論しているようにしか
みてもらえないかもしれませんね。

  • 2016/10/12 (Wed) 21:35
  • ピー #-
  • URL
No title

ピーさん、

身内がどうとか、まったく関係ありません。

テレビに出たり、大新聞に連載を書いているのですから、
公人だからどうかという記事を書いています

公人でなければ、こんな記事書いてません。。

  • 2016/10/13 (Thu) 15:45
  • フォーミディブル #Ptq.3me.
  • URL
No title

コメントいただけると思いませんでした!
こちらのページ、最初から何回か読み直しさせていただきました。

どなたかがコメントされていましたが、私の知る限り、日野原先生は現在
聖路加病院に関することは
全てボランティアですよ。
執筆の収入は全国をまわっている活動
(すみません、詳しくはご説明できないのですが)に使ってると言ってました。
それからサリン事件についてですが、地下鉄サリン事件の際にサリンでは?と
(ほぼ)特定し、聖路加に情報を送ったのは警視庁ですよ。 
救急患者の受け入れには自衛隊からの分析情報や人員応援もありましたし、
松本サリン事件で患者受け入れをした信州大学付属病院からの情報協力もありました。(私の父、信大医学部の研究室の関係者でした)

えーと、すみません。
読めば読むほど難しい問題で、今はここまでが精いっぱいです。

キリスト教についてもコメントしたかったのですが・・・


  • 2016/10/15 (Sat) 21:57
  • ピー #-
  • URL
No title

ピーさん

>こちらのページ、最初から何回か読み直しさせていただきました。
は?、いまさら?

このページだけでなく、他の記事も医療関係の数件だけでもいいので、
読んでいただけたら、少しでも当ブログの意図がわかっていただけるのにと残念に思います。

  • 2016/10/18 (Tue) 11:45
  • フォーミディブル #Ptq.3me.
  • URL
承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

  • 2017/01/10 (Tue) 08:48
  • #
承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

  • 2017/03/15 (Wed) 01:34
  • #
承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

  • 2017/06/25 (Sun) 08:39
  • #

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する