スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子どもはどうやって文字を覚えていくか

main_image[1]


子どもはどうやって知識を習得していくかを書いていきたいと思います。

ホームスクーラーの親なのですが、
(特に幼稚園、保育所で文字などを強制的に覚えさせるのは拒否してきました)
始めから学校は当てにしていませんでした。
学校でやるような、大人が作ったカリキュラムで教え込む、「教育」をしなかった場合、
子どもがどうやって知識というものをを習得していくのか、
私自身も目の当たりにして、大いに勉強になりました。


まず、「基本」は絵本の読み聞かせです。
幼いころから寝るときには必ず一緒にいて、本を読み聞かせていました。
子どもに本を選ばせればいいです、どんな本でもかまいません。
しかしこの時も文字は教えていません。

ある集まりで、私が子どもに絵本を読んでやっていたら、
あるお父さんが、「こうやって指で文字を指差しながら読んでやりなさい」
と、横から口を挟んできたのにはどん引きしました。
そういう野暮なことはしませんでした。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

文字を覚える時期が来ると、一気に覚えますね。
車に乗っていて、看板や標識の文字を、
「あれなんて書いたるの~」「これなんて書いたるの~」とうるさく聞いてきます。
面倒がらずひとつひとつ、答えてあげます。
決して余分なことは教えません、訊かれたことだけを答えます。

あるいは電車に乗る場合、駅や車内に路線図がはってありますが、
こういうのも、読めというので、読んでやれば一発で覚えます。
あげくに、お帰りの際は
「駅長さんのお部屋へ路線図(を書いたパンフレットを)もらいに行こ。」
駅員さんは親切に対応してくださいました。
これは良い勉強になります。実地研修ですもん。
どこへ行っても迷子になんかなりません。
外出しても、絶対困ることはありません。

こういうことは面倒がったり、断ったりしない方がいいと思います。
「うるさい!」とか「ダメ!」とか怒っちゃったらアウトです。
一発で覚えますので、短い期間で済みます。
こちらも真剣に応えてあげれば、同じことを二度とは訊きません。
ぜひ、楽しんで付き合ってあげてください。

living_img_001[1]


今でこそPCで簡単にダウンロードできますが、
当時、出向いて手に入れた、路線図やロードマップ、地図は宝物です。
本当に大事にしていましたよ。
road_map[1]
こういうものが大好きで・・・
親も内緒で使わせてもらったりして・・・

あと、書くほうは、印刷屋さんでいらない紙をもらってきて、
字でも、絵でも書きたいときに書きたいことを書いていいことにしました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

こういう覚え方の欠点はあります。
文字を図形として覚えるようで、書くときに鏡文字になったり、
書き順がめちゃくちゃになったり、
とめ、はね、はらい、があいまいになることです。

ひらがなも難しい漢字も同時に覚えるようですから、
書き方、筆順を矯正することは無理でした。

しかし、実生活では何も支障はありませんし
次男クンなんかは、漢和辞典まるごと覚えたりしてましたから、
読めない漢字はないということで(笑)・・・仕方がないですね。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

どうも、勉強というものは、こつこつ積み上げるものではないようです。
「今、興味を持った」となると、
どんなに難しいことでもあっさり覚えてしまい、忘れないのです。

たとえば朝日新聞が、こういうことをやっていますが・・・
「あらゆる学習の基礎」
3級新設 語彙・読解力検定概要

立派な新聞記事を読むと、
試験を受けて良い点が取れると、面白いよ、楽しいよ・・・
だから勉強して試験を受けなさい・・・といっているわけです。

でも楽しいのは成績上位の人だけでしょう。
成績上位の人だって、親や先生に
「一番になるようにもっと頑張りなさい」とか、説教されたらどうでしょう??

ある程度の期間は頑張るでしょう。
しかし、馬の鼻先にニンジンをぶら下げて走らせる、
競争させるようなレースがいつまで続くでしょうか。
はっきり言って続かないんですよ。

大人は子どもに言います。いい大学に入りなさい、いい会社に入りなさい、
そこがゴールだと・・・
しかしそれは真っ赤なうそです、
もっと過酷なニンジンレースのスタート地点で、そこに無理やり立たされるんです。
そしてそういうレースにうかうかと乗って、走らされてしまうような人のほうが、
管理する側としては都合がいいんです。

こういう動機付けで、生活していたら、心身ともに疲弊しつぶれてしまうか、
そうでなければ、今度は馬(弱いもの)いじめに走る、いやみな上司になるのは
目に見えているのではないでしょうか。

60[1]

・・・つづく・・・
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

子どもはどうやって知識を習得していくかを書いていきたいと思います。ホームスクーラーの親なのですが、(特に幼稚園、保育所で文字などを強制的に覚えさせるのは拒否してきました...

  • 2012/05/15 (Tue) 07:58
  • まとめwoネタ速neo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。