薬は副作用ばかりで怖い、医者の対応はなっていないとけなす・・・医療依存につけるクスリはない

薬の添付文書、説明書を
読みましょう運動
を展開しています。

前回はその辺のドラッグに、山積みにされている薬でも、
死にいたるような副作用があるよ、と書きました。

実際私も、イブを飲んで大変なめに合いました。
薬はめったに飲まない、ましてや生理痛やただの頭痛位で薬は飲みませんが、
ある日風邪を引いて頭痛がひどかったので、家にあったイブを寝る前に2錠飲みました。

ところが神経が高ぶって眠れないどころか、じっと横になっていることさえ出来ません。
真冬でものすごく寒いのに、布団の中に入っていることもできないのです。
無理やり横になってうとうとすると、無理やりたたき起こされるように、目が覚めるのです。

img_20120404_01[1]

私の場合は一晩苦しんだだけで済みましたから、
死ななくて良かったと思うべきでしょう。

どうして気軽に飲んでしまうのかというと、説明書を熟読していないというのもありますが
用法用量を間違っていなければ、副作用が起こらないという、
勝手な思い込みがあったと思います。
そんなことはどこにも書いてないんです。

用法用量を守っていても、出るものは出るんです。 これは反省点です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

私の知人も腰痛で、デパス、ロキソニン、テルネリンその他いろいろ飲んでいました。
体の調子が悪くなり、それらの薬を飲むのをやめたところ、
ご飯が食べられなくなり、各種便秘薬の常用をし、がりがりにやせて歩けなくなり、
ひとりでは通院さえできないのだそうです。

その後どうなったのかというと、老人病院に一ヶ月ほど入院したんですが、
血管がぼろぼろで、点滴もままならず(点滴に精神薬を混ぜられたといって怒っていました)
脳のCT検査をしたところ脳が萎縮していて
若年性アルツハイマーかもといわれたといって、泣いていました。
もちろん点滴や検査で、ご飯が食べられるようにはなりません。

私は病院に何十万も払うお金と、入院する暇があるのなら、
電話よりインターネットが使いこなせる、端末を入手して、
自分が飲んだ薬にどういう副作用(後遺症や離脱症状、含む)があるのか、
知ってほしいと再三言ってきたのですが、頭から拒否されました。

こういうものが読めない人というのはいるものですね。
医者であるかそうでないかは関係ありません。
言語能力に問題があるわけでもありません。
それ相応の学校を出ているんです。
○○先生が言っているとか、誰々さんがそう言ったとか、みんなが言っているとか、
そういうことは理解できるんです。
これ、完全に学校脳ですよね!?

しかし、
客観的事実を積み上げて、自分の事は自分の責任において自分で判断しなければならない。
人の欠点はあーだのこーだのと言えても、100%自分の事、となると、
目をふさいでしまうんですね、現実に直面できないんです。
自分の判断力に自信がないのでしょうね。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

江崎ひろこさんも、学校でステロイドについて教えていくことはできないのかということを
書いていらっしゃいましたが、ムリでしょうね。
学校は人間の判断能力をそぐところだからです。
先生に(いや、だれかに)この薬を飲みなさいと言われたら、
説明書(客観的事実)なんか読んでいないで、素直に飲む、
そういう人間をつくるところだからです。

それどころか、最近は高校生に臓器移植のPR活動までさせているらしいですよ。

ミュージシャン伊藤孝一が話す音楽  臓器移植 音楽で広めたい
http://blog.livedoor.jp/e3302/archives/7980025.html
学校信仰は、今がやめ時です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
aa96901a80a2aee0fcd982f75b826212.C250[1]
(こんなん、ネットでがんがん売ってるし、コエー。)


ご飯が、食べられなくなった知人は、中年女性です。
この先ただでさえ骨粗しょう症や血管の老化に気を使っていかなければならないというのに
すでに体ぼろぼろでどうなるのでしょう。
そのへんは若いお嬢さんの摂食障害とはちがうようです。

インターネットをやる気がないなら、嗜癖専門の病院へ行ってほしいと言いました。
嗜癖専門の病院は少ないので、対立関係になると後がないので、
うまくやってほしいとくれぐれもお願いして、クリニックの電話番号を調べて教えました。

・・・ところが休診日に電話して院長に直接つながってしまい、
N大学病院へ行ってほしいと断られたそうです。
N大学病院は対応がひどいので行きたくないのだそうです。

それ以後、更年期専門のクリニックへ行ってみたらと、言われたのだがどうだろうかと、
電話がありましたが、もう相談には答えられないと、断りました。
あとはもう、愚痴を聞くだけしかできません。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

あ、ところで肝心の腰痛はどうなったのか聞きましたら
「あんなものは苦しみのうちに入らない」とケロッとしたものです。
「だったらなぜ、そんなに薬を飲んだのか」といいたいです。
あんなに「痛い痛い、あれもできないこれもできない。困った困った」
とさんざん愚痴っていたのに。

医療依存につけるクスリはありませんね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する