「けんかはあきまへんでー」ホームスクーラー、学校とどう付き合ったらいいか

学校に行かないで生きる。
ホームスクーラーや、不登校になった場合、
学校とどう付き合ったらいいかを書きます。

基本的に、けんかはしないほうがいいです
対立しないほうがいいです、
どうしても敵対関係になってしまう人が多いのですが、
そうなると、後々ややこしいことになります。

これはどんな人間関係でも同じだと思いますが・・・
けんかを続けることは確実に、子どもの教育上よくないです。

だいたい学校へ行かないとなると、校長先生から呼び出しがかかります。
こういう場合も、「何で校長に呼び出されるんだ!!(だから学校が悪い。)」
となってしまうと、話し合いがうまく回っていかなくなります。

校長先生に家へ来てもらっても、困るじゃないですか・・・
校長室のソファにゆっくり座って、お茶でもいただいてきましょうって、
そんな感じで行けばいいです。

校長先生や学年主任が並ぶかもしれませんが、
虐待やネグレクトをするような親ではない、キレるような親ではない、モンペじゃない
ってことを、学校側にわかっていただけばいいです。
・・・っていうかわかっていただく(懐柔する)必要があるんです!!
くれぐれも礼儀正しく、
会って一言二言言葉を交わせば、学校側もプロだからすぐわかります。
たった一言「子育て、子どもの教育は親の責任だと思っている」とだけ伝えればいい。
「ホームスクーラーの集まり(フリースクール)に参加している」
と言うと、安心する先生もいるかもしれません。

普通の教師ならそれで納得してくれます。
校長に話を通しておけば、担任が変わっても、申し送りになるので、話が早いです。

私なんか、校長室で校長先生の愚痴聞きましたよ。
曰く「こんなひどいいじめ、陰湿ないじめをする生徒がいる」・・・などと
さすがに、お母さん方の愚痴はあからさまには、口にはされませんでしたが、
遠まわしに、困った親・・・今風に言えばモンスターペアレントですか。
(当時はモンペという言葉はありませんでしたが、変な親はいました)

先生方もいじめっ子やけんか親に手を焼いているんです。
うちの子どもは、いじめっ子になりようがないし、そして私は、モンペになりようがないので、
しゃべりやすいんでしょうね。
「ああそうですか、そうですか」といろんな話を聞いてあげれば、こっちのもんですよ。

いじめっ子、けんか親は、はっきり言って鼻つまみ。
それにくらべたら、不登校なんて、問題のうちに入らないんじゃないですか。
DSC01677s[1]
”校長室へお話ししに行きましょう。”

あと、細かいことは・・・たとえば子どもにプリントなどを持ってこさせる先生もいますが、
「子供さんたちに、遠回りしてもらって事故でもあったら困るから、大事な書類はもらいに行きます」
と言えばいいです。
そして「プリントはいりません」といえばいいです。
そうすると先生のほうから「こちらからもって行きます」といいますが
先生も忙しいから、そんなに頻繁には来れません。

PTA会費だの、給食費だの、教材費だの払う必要もありません。
先生を懐柔しておけば、
「いつでも来ていただいていいですよ、給食も休んだ子の分がありますから食べていただけますよ」
・・・って感じでむこうから言ってくれます。
ドリルなんかもサンプルで余分もってますから、急場はしのげるって感じでした。


困った例では、学校と対立していたある家族が、
最終的に卒業証書のお預けを食らったことがありました。
卒業時に、校長が卒業証書を渡せないって言い出したんです。
学校の嫌がらせですね。

卒業証書はもらっておいた方がいいです。
学校もそのほうがいいからです。

こうやってこじれた場合は、けんかしていても埒が明かなし、子どもにも良くないので、
結局、弁護士頼みましたね。
お金はかかりますが、一発で解決でやったほうがいい。


私たちはお母さん方、特にモンペとつながっていないのはすがすがしいです。

お母さん方ってすごいですよ。
陰では先生の悪口言いたい放題、PTAの会合など先生の前ではゴマをするんですから。
けんか腰も問題外。こういうの、子どもはちゃんと見てますから・・・
親はうまく世渡りしているつもりでも、
相手がどんなにひどいM教師であってもです!!

モンペの犠牲者は、結局こども、
こういう親の子どもって、やっぱりいじめっ子だったり、ひねくれものだったり。
親が人を嫌うと、嫌われるのは子どもだったりします。

今のアラフォーですか、管理教育とバブルに翻弄されて、お気の毒だったとは思いますが、
子どもの立場になって、考えてみてください。
0620110216213910[1]

あとは・・・う~ん
教育大学の学生さん達の話も、考えさせられましたね。
大学で肝心なことは教えてもらえないようです。
たとえば
「学級でいじめが起こったときは、具体的にどうしたらいいか」と質問したところ、
「絶対にひとりで解決しようとしてはいけない、必ず校長に言うこと」
こんな答えしか返ってこなかったといって、不安がっていました。


【恐喝いじめ隠し”の校長が自殺】
http://himadesu.seesaa.net/article/27695656.html
校長に命をもって償わせろとでも??


デモシカ先生(M教師よりはましだが!!)なら、
それでスルーかもしれないけれど、
本当にやる気のある先生の卵たち、気の毒です、本当にどうするんでしょう。


15年も前の話です。
いまはどうやって大学は学生を指導しているんでしょうね。
学校現場はどうなっているんでしょう。

画像は本文と関係ありません。

情報、ご質問あったら、コメントへどうぞ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する